全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

3.11後の社会をデザインする 内山節著作フェア

田舎の本屋さん

東京と群馬の山村を行き来しながら、新しい社会を創る哲学を模索してきた内山節氏。金融危機に象徴される巨大な社会経済システムの破綻が見えた中で、昨年起こった東日本大震災と原発事故という未曽有の大災害。その復興の過程で共同性の再構築という流れがいっそう強まってきました。過去の遺物とされた「むら」が未来への希望として語られる―3.11後の新しい思想、行動原理、共同のあり方を日本のむらの伝統的な生き方、精神に学ぶ。

●内山節オフィシャルサイト
http://www.uthp.net/

内山節と語る 未来社会のデザイン1
内山節 著 定価:1,320円
近代国家とその「民主主義・自由・平等」理念が限界を迎えたいま、どのような未来社会を構想するか。哲学者が平明な言葉で語る。
カートに入れる

内山節と語る 未来社会のデザイン2
内山節 著 定価:1,210円
資本主義とはどのような経済か?貨幣に振り回されない、自然や共同体とともにある経済のかたちとは?哲学者が平明に語る。
カートに入れる

内山節と語る 未来社会のデザイン3
内山節 著 定価:1,320円
共同体的世界を取り戻す手がかりは、民衆の伝統思想にあった。在野の哲学者が自然信仰や仏教思想の展開をわかりやすくひもとく。
カートに入れる

内山節 著 定価:2,750円
平明に哲学を語る著者が、自らの思想形成にかかわる古典50冊を「ローカル」な視点から読み解く。ジャンルは哲学・思想から政治・経済・社会、科学論・技術論・労働論、文学・紀行・評伝、宗教まで多岐にわたる。
カートに入れる

変革の時代と「我らが世界」の共創
内山節 著 定価:660円
現代社会は分裂の時代を迎えた。一方に旧来の価値にしがみつく人々、他方に関係性を再創造しようとする動きの広がり。民主主義が限界を露呈するなかで、どこに主権を求め、311後の世界をどう生きていくか問題提起。
カートに入れる

内山節 著 定価:46,200円
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:3,190円
人間存在を労働過程としてとらえ、労働過程を賃労働の世界から労働存在の世界に変えることから人間の解放を展望するデビュー作。
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:3,190円
山里の暮らしをとおして、川を水問題としてではなく「流れの思想」からとらえ、「広義の労働」と「狭義の労働」の二面を見る。
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:3,190円
1970年代の不況という局面において、経済発展が労働の質の低下をもたらしたことを、戦後の技術革新の流れを含めて分析する。
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:3,080円
15歳の「僕」が記す「哲学ノート」という形で、自分の現実的な存在に対する迷いが哲学の扉を開くことを描いた異色の哲学入門。
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:3,080円
水槽を抜け出し、真夜中の道をひたすら海に向かって進むヤドカリと現代人の生き方を対比する短編など、哲学的エッセイ集。
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:3,190円
現代における自然哲学の構築を目指した、内山哲学の核となる作品。ほかにそのベースとなった論文「自然哲学・ノート」を収録。
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:2,970円
1960年代後半、高度成長期の豊かな消費社会への不安から生きることの意味を問い始めた高校生の思索のあとを辿る哲学的自伝。
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:2,970円
戦後に生まれた世代の目で、戦後思想とはなんだったのかをとらえ、「民主的」な社会の背後に潜む管理と自由の喪失をあぶり出す。
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:3,080円
山里の暮らしとその変貌をとおして、直線的に過ぎ去る時間と、循環する時間の違いをとらえ、時間という「存在」に迫る。
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:3,080円
知床から屋久島まで全国の森を訪ね、自然条件や暮らしとの関係で姿を変える森をとらえ、「森と人間との営み」の回復を展望する。
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:2,970円
生活の中で成長していた子どもたちが、なぜ時間に追われる人生の経営者になったか。現代人の精神世界から子どもの成長を考える。
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:3,080円
欧州近現代の経済思想家はお金と人間の関係をどうとらえてきたか。著作集収録にあたりポランニーとゲゼルに関する2章を追加。
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:2,970円
群馬県の山村・上野村に念願の古い民家を譲り受けた著者が畑を耕し、四季折々むら人と交流する中で「里」を発見していく過程を描く物語。ほかに「いまフランスの山村では」「多層的精神のかたち」など3編を収録。
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:3,190円
労働システムとして「戦争」と今日の経済活動の共通点を浮き彫りにし、仕事という地平から民衆の平和(=無事)実現の道を問う。
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:2,970円
「封建遺制」とみられた共同体が、「むらの精神」に寄り添うことで、自然と人間の基層から未来を切り拓く可能性として鮮やかに浮かび上がる。ほかに「市民社会と共同体」を収録。
カートに入れる

新しい共同体をデザインする
内山節 著 定価:1,980円
3.11後の社会の形をどこに求めるべきか。「ローカリズム」をキーワードに、現代社会の負の部分を克服する思想を明快に語る。
カートに入れる

農文協ブックレット
被災者の尊厳を踏みにじる新自由主義的復興論批判
農文協 編 定価:990円
震災と被災者の苦境を奇貨とした「災害資本主義」路線を批判し、TPP推進とセットの創造的復興論を排す。
カートに入れる

農文協ブックレット
農文協 編 定価:880円
本書では、TPPへの参加がとりわけ暮らしを支える農林水産業や地方経済に大きな打撃を与え、日本社会の土台を根底からくつがえす無謀な選択であることを明らかにし、TPPに反対する全国民的な大義を明らかにします。
特設サイト
カートに入れる

人間選書
内山節 著 竹内静子 著 定価:1,760円
企業労働者のための労働論から、生活者としての人間の営みの総体としての労働へ。
カートに入れる

2021.05.31

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る