全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →
農文協屋上菜園日記

農文協屋上菜園日記農文協屋上菜園日記

小さく育って早く出穂(しゅっすい)

2021年8月19日

クワイの葉と葉の間に…稲穂!? 

バケツイネ用に苗を作って、結局バケツに納まりきらなかった株をこっそり移植。

放置した余り苗は、いもち病の発生源といわれるけど、「生きている」と思うと処分できない…(本当はダメ、ゼッタイ)

品種は『夕やけもち』 8月2日に出穂・開花するといわれています。

クワイの陰で小さく育ったイネは、飢餓状態からか早く子孫を残そうとしたのでしょう。撮影時(7月29日)には、すでに穂が垂れはじめていました。

====================================

バケツイネの『夕やけもち』は8月2日に出穂しました。

「芒(のぎ)」はほんのり赤紫色で、ややとがっています。農研機構のサイトには「早生で耐冷性が強く東北地方での栽培に適している赤米糯(もち)系統」とあります。赤米といえばうるち米のイメージでしたが、もち米もあるのですね。

イネの開花がよく観察できるのは午前10時頃。開花といっても雄しべの「葯(やく)」がモミからヒョロリと出るだけです。咲き始めて3時間ほどでモミは閉じていきます。

ほとんどが、モミの中で自家受粉してから開花するのでず〜っと咲く必要はないのだとか。

====================================

おまけ タネ採り用の「でかきゅ〜」

 

7月の花

2021年7月28日

農文協(赤坂)のレンガ造りの建物の屋上に咲く花をご紹介。

園芸部員が苗やタネをそれぞれ持ち込むものだから、常にごちゃごちゃ、わさわさ……。

 

ハマユウ(浜木綿)多年草

十数年前、社員旅行で八丈島を訪れたときに拾ったタネから育てているとのこと。

   

アズキ

岡山県の在来種。一番乗りの花です。

イチゴ

品種は不明。数年前、山形のホームセンターで「花笠イチゴ」として売られていたものだそう。

丸みのある真っ赤な花びらが「花笠まつり」の笠に見えませんか?

5月頃からぽつり、ぽつりと咲き続けています。

果実に葉っぱがびっしり

「雌ずい(しずい:めしべのこと)の葉化」といい、花芽発育期の高温が関与している可能性が高いのだとか。

花芽が育つときに暑すぎると、生殖生長(タネ・実をつけるぞ、子孫を残すぞ)から栄養生長(葉や茎を茂らせるぞ、大きくなるぞ)に傾くといいます。    (byイチゴ大事典)

(あ)

 

 

再生パイン

2021年7月8日

先日は七夕でした。(インゲンマメの一種、「七夕豆」の播きどきになりました)

ホテイチク(布袋竹)の飾りには、マスクからの解放、バケツイネの豊作、ドブロクの自家醸造の解禁を願う声が。

あれ?左下には……

 

 

農文協屋上菜園・園主の秘蔵っ子たち。パイナップルの「冠芽(かんが)」を水栽培。左から1・2番目の大ぶりな株がフィリピン産です。3・4番目は、芯ごと食べられるので有名な台湾産。応援購入でしょうか。

 

 

 葉の幅や形に違いあり?品種の違いか……

 

 根が出ると極端に元気になるよと園主。先端が枯れた葉は、買ったときから生えているもの。発根してから生えた葉は、先まで青々としていて大きい。夏は風通しのよさ、冬は温度管理が栽培のポイントだとか。

 

おまけ クズの葉柄(ようへい)で作った「おみこし」。

国会議事堂にも見える!?

 

 

 

 

 

スキマモロコシ

2021年6月21日

 

 

赤坂本社の裏の狭〜い空き地。おやおや?

 

ガーデナーSさんが植えたグラスジェムコーンの苗でした。トウモロコシのひっそり栽培、5、6年前からの恒例行事です。

農文協職員が各自、モチトウモロコシ(黒、白)、グラスジェムなどを、陣取り合戦のように植えていきます。毎年“交雑しすぎてわけわからない"コーンが実るとか。

 

おまけ スキマ・ニラ

屋上菜園からタネが落ちてきて…

むっちりと厚い葉、ぷっくりした根元。場所柄、誰からも収穫されずに幸せそう。(あ)    

屋上ビオトープの一角で

2021年6月9日

セリなどが生い茂り、クワイやジュンサイも元気になってきた屋上ビオトープ。

 

 

 

 

 

 

その一角で、クモがミツバチを捕獲していました。ビオトープはミツバチたちの水場にもなっていて、その辺りで亡くなったハチを捕獲したのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クモはハナグモの仲間でつがいのようにも見えますが、わかる方はお教えください。(あ)

卵破砕器

2021年5月24日

クサギカメムシが、イチジクの葉っぱの裏で孵っていました。

初夏の、のどかな自然のひとコマですが、なんともメタリックな感じです。

卵についている銀色の三角の物体が、なんていうかスターウォーズみたいな未来感というか宇宙感というかを醸し出していますね。「卵破砕器」というらしい。スターウォーズ!

 

クサギカメムシはだいたい28個(なぜ28…)の卵を産み、その卵は一斉に孵化するそうです。カマキリの卵とかも同じで、どうやって卵同士が孵化のタイミングを知るのかの研究もおこなわれているとのこと。おもしろいですね。(な)

 

 

うまれている

2021年3月18日

とある事情でお預かりしている西洋ミツバチの巣箱。

冬の間は静かでしたが、この頃の陽気で活動が活発になっているようです。

オスバチがどんどん孵っているいるそうで、巣箱を見せていただいたら、

「ほら、ここ!ここも!」

と、たしかに穴の中からモゾモゾ!出てきてる…!うまれている…!!

 

屋上の空気を吸って席に戻り、ああこの瞬間も頭上(屋上)で新しい命が…!と思いをはせ、仕事はぜんぜんはかどらないのに大変満足な午後を過ごしました。

 

現在絶賛発売中の「うかたま」春号では、「ミツバチを飼おう」という小特集が掲載されています。

ぜひ、ご覧ください~

 

マコモってなんだっけ

2020年10月14日

「うっかり収穫し忘れてました」

園芸書Gのはやしくんがにわかに鎌を持ち出し、屋上へ消えたと思ったら

マコモを収穫していました。

おお!マコモか!マコモって何だっけ?

マコモとは、イネ科の水生植物で、株元の部分に菌が寄生し、ふくらんだところを食べるもの。このまま収穫せずに置いておくと、菌がいっぱいすぎて?爆発!?するとか?

マコモにもいろいろ種類があり、ふくらむものはマコモダケと呼ばれ、その辺の水辺にはふくらまないただのマコモが生えているそうです。

その菌っていったいなんなのか、爆発ってどんなふうに?ただのマコモはいつまでたってもただのマコモなの?可食部がちょっぴりすぎやしないか、、初心者にとっては謎ばかり。不思議な植物ですね。

「それはですね」と、収穫を邪魔されているのに質問に丁寧に答えてくれた、『新特産 マコモタケ』担当編集者。

 

「食感はたけのこ、味はえりんぎといわれます」と聞き、そんなことある…?と疑いつつ食べてみたら、たしかに。うっすらと甘みを感じましたが、ちゃんと育てられたマコモはもっと甘いのだそうです。しかも生で食べてしまいましたが、加熱したほうがやはりおいしいとのこと。

バケツイネのように育てられるので、ベランダや屋上菜園にぴったりですね。

 

 

7月10日豆

2020年9月24日

ただいま発売中の『うかたま』秋号は、豆の特集です。

 

おいしい豆料理がならぶなかで、全国の農家に、おいしいから、珍しいから、絶やしたくないから…そんな気持ちで大事に育てている「とっておきの豆」はありませんか?と聞いて集まった豆を紹介するコーナー。

そのなかで、現代農業編集部の新人あんべちゃんが島根の農家からいただいて赤坂にやってきた「7月10日豆」。

7月10日にタネ(マメ)をまくことからそう名付けられたそうな。白いインゲンマメで、砂糖で煮てあんこにするととってもおいしいのだとか。

その7月10日豆を、園芸部の名誉顧問が7月10日にまいてみたところ、元気に発芽して…

 

9月10日頃に開花。

タネまきからちょうど2ヵ月くらいです。

 

顧問によると、ちっちゃなさやが見えるので、ちゃんと結実するかもしれません、とのこと。

あんこ食べられるかな。楽しみです。

 

おしりに注目

2020年1月30日

2020年の幕開けからそろそろ1カ月たとうとしております。

あけましておめでとうございます。

昨年、台風の後に園芸部名誉顧問が拾ったヒマラヤスギの松ぼっくりです。

どすんと大きくて、これが頭の上に落ちてきたら…と考えただけで頭がヘコみそうです。

ヒマラヤスギの松ぼっくりは、シダーローズの名前でも知られています。

バラのように見えることからそう呼ばれますが、松ぼっくり全体ではなくて、先っぽの一部分なのですね。

今回は強い台風で松ぼっくりごと落っこちてきたようですが、ふつうは「ローズ」の部分だけ落ちて、あとは鱗片がパラパラ落ちるようです。ドゴーンと落ちることはあんまりないってことですね。ふーそれはよかった。

ところで先っぽのほうは美しいのですが、おしりのほうはこんなことになってます。

おしりなのでしかたないかもですけど美しくはありません。

ところが…!

 

なんということでしょう。鱗片を取りつくし、おしりを下にしておいてみたら、アレができたんです!

そう・・・

 

こまです!(ブレてます!)

想像以上によくまわります。形もかっこいいです。

どすんと落ちたヒマラヤスギの松ぼっくりを見つけたら、ぜひ頭だけじゃなく、おしりにも注目してみてください。(な)

ご挨拶ご挨拶

農文協・屋上園芸部がお届けするブログ。
東京・赤坂にある農文協本部ビルの屋上菜園のようすや、編集部などが各地でゲットした旬の話題をお届けします。
ここ屋上菜園では、日々のデスクワークの合間を縫って(?)、園芸部員たちが、イネや野菜、花、果樹、などいろいろな植物をそだてています。
菜園に住んでくれるミツバチさんも巣箱を用意して、絶賛募集中です!

目次目次

バックナンバーバックナンバー

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る