全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

食料・農業の深層と針路

グローバル化の脅威・教訓から

書誌詳細情報

食料・農業の深層と針路

グローバル化の脅威・教訓から

著者 鈴木宣弘

定価 1,980円 (税込)

ISBNコード 9784883403486

発行日 2021/04

出版 創森社

判型/頁数 A5 184ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

日本は過度の貿易依存で食料自給率を大幅に下げて低迷させてきただけでなく、世界の食品安全基準の流れに逆行するかのようにリスク農産物を輸入し続けている。生きる糧となる食料だが、国益渦巻く戦略物資であるがゆえ、いつでも対価さえ払えば必要な食料を世界市場で調達できるとの考えは当然ながら通用しない。そこで、世界の農業保護の根拠と仕組み、農産物の自由化交渉の攻防、グローバル化で危うくなっている食・農・地域の現実、下支えが必要な農林漁業のあり方などについて問題の核心を抉りながら解明。生存の基盤である食・農の立て直しの緊要性を提示する。

目次

1章 安全基準に逆走するリスク農産物輸入増
2章 農業保護が当然の根拠―欧米日などの違いから
3章 貿易政策の変化と食料自給率を再検証
4章 グローバル化の歪みで食・農が貶められる
5章 生存の基盤を守る農林漁業の下支えへ
6章 食・農の世界潮流と足もとからの立て直し

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

第13回 辻󠄀静雄食文化賞受賞!

全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理
全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協とれたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る