全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

捨てられる宗教

SB新書 518
葬式・墓・戒名を捨てた日本人の末路

書誌詳細情報

SB新書 518

捨てられる宗教

葬式・墓・戒名を捨てた日本人の末路

著者 島田裕巳

定価 968円 (税込)

ISBNコード 9784815605568

発行日 2020/09

出版 SBクリエイティブ

判型/頁数 新書 244ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

現代の日本社会において宗教は根本的な危機に直面している。宗教が生まれたのは、死生観Aの時代においてである。それが、死生観Bへと転換すると、当然ながら宗教は力を失っていく。110年人生になれば、宗教が力を持つことは難しい。では宗教が不要となった社会で今、何が起こっているのか。誰もが逃れられない生き死にの問題とどのように向き合っていけばいいのか。問題の深層を解き明かしていく。

目次

1章 終活さえもめんどくさい―宗教が用済みになった社会(ローマ教皇来日の本当の意味 カトリックの牙城崩壊 ほか)

2章 なぜ宗教は捨てられたのか(なぜカトリックは時代遅れになったか 死生観A―寿命の短い時代 ほか)

3章 スケジュール化された終わりなき人生(「葬式仏教」が金儲けばかりは本当か なぜ『葬式は、要らない』はこれほど売れたのか ほか)

4章 いまだ“死のある世界"で生きる人たち(信仰と平均寿命の関係 死亡率の高まるアメリカの特殊な事情 ほか)

5章 “死のない時代"の生き方・死に方(65歳でも死は遠い 「貧病争」という宗教の入り口 ほか)

第13回 辻󠄀静雄食文化賞受賞!

全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理
全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協とれたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る