全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

日本農業過保護論の虚構

暮らしのなかの食と農 62

書誌詳細情報

暮らしのなかの食と農 62

日本農業過保護論の虚構

著者 安達英彦
鈴木宣弘

定価 825円 (税込)

ISBNコード 9784811905778

発行日 2020/07

出版 筑波書房

判型/頁数 A5 56ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

日本の農家は長年、不条理なバッシングに苦しめられている。特に、貿易交渉の行きづまりなどで「外圧」が強まると、世論やマスメディアへの印象操作かのような農業過保護論が再燃してきた。

日本の農業が決して過保護でないことは、様々なデータを客観的に見れば明らかだ。様々な数値データや分析結果を使って議論を展開してきた。これまでデータがなかったため明らかにされてこなかったいくつかの問題についても、定量化の方法を提案し、解決の糸口を示した。

目次

序章―コロナの渦中でも浮上する農業過保護論
コロナ禍に続く世界食料危機の恐れ―国連の警告
食料危機の本当の教訓(1)―「貿易自由化」が生む危機
食料危機の本当の教訓(2)―食料は戦略物資
食料危機の本当の教訓(3)―「価格高騰で生産者が潤う」は誤解
食料危機の本当の教訓(4)―農協はなぜあるのか
輸出国の「競争力」の虚像―米国のコメ農家支援の事例
「自由貿易」の不都合な真実―規制を逃れた多額の輸出補助金
「隠れた」輸出補助金の具体例(1)財政負担型の事例
「隠れた」輸出補助金の具体例(2)―消費者負担型の事例
「隠れた」輸出補助金を定量化する―米国の穀物のケースを事例に
欧米諸国の価格支持の流儀―「価格支持」と「直接支払」の二刀流
日本は関税撤廃の「優等生」―不公平な取引に甘んじるのか
安さの代償―日本が危険な食品の受け皿に
「国産プレミアム」を提案する(1)―PSEの欠陥を正すために
「国産プレミアム」を提案する(2)―その計測方法
「国産プレミアム」を提案する(3)―試算例と国際比較
食糧自給率を議論しよう(1)―食料安全保障の指標たりうるか
食糧自給率を議論しよう(2)―新しい「国産率」の活用
終章―データ分析を重視する意味

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

第13回 辻󠄀静雄食文化賞受賞!

全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理
全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協とれたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る