全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

食の歴史学

和食文化の展開と特質

書誌詳細情報

食の歴史学

和食文化の展開と特質

著者 原田信男

定価 3,080円 (税込)

ISBNコード 9784791774388

発行日 2021/12

出版 青土社

判型/頁数 四六判 410ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

生きていくうえでもっとも重要なことのひとつである「食」。しかし、それは日常のことであるがゆえに記録に残りにくく、歴史学のテーマとしては軽視されてきた。伝統や信仰における食の役割、生食や肉食といったテーマ、米や茶や菓子といった特定の食べ物、そして和食文化をめぐる歴史まで。食生活・食文化の歴史を考究し続けてきた著者が、丹念な調査と史料の詳細な検討によって、人びとがいかに生きてきたのかを明らかにする。あたらしい歴史学の誕生。

目次

1 和食文化の歴史的特質(『万葉集』の食と和食の原型 生食の伝統―膾から刺身へ 日本における稲作と魚―海・里・山 宮中のおせちと菱葩―統治の象徴 菓子と日本の米文化)
2 食と信仰(祭祀と饗宴の庭 村々の神饌 肉食をめぐる思想―道元と親鸞 陰陽道・修験道と食)
3 江戸における食文化の展開(料理と百人一首 文人社会と料理文化 江戸の小さな旅と食―雑司ヶ谷鬼子母神を中心に)
4 和食文化の周辺(アイヌ民族の肉食文化―「肉」の確保と保存・調理を中心に 琉球弧の食文化 米文化における朝鮮半島と日本 アジアのお茶・日本のお茶 飢餓・飢饉という現実―中世・近世から近代へ)
和食文化研究のこれまでと今後

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

第13回 辻静雄食文化賞受賞!

全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る