全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

アブラヤシ農園問題の研究 1

グローバル編 東南アジアにみる地球的課題を考える

書誌詳細情報

アブラヤシ農園問題の研究 1

グローバル編 東南アジアにみる地球的課題を考える

著者 林田秀樹 編著

定価 4,180円 (税込)

ISBNコード 9784771034334

発行日 2021/03

出版 晃洋書房

判型/頁数 A5 310ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

インドネシア、マレーシア等の東南アジア諸国では、パーム油原料のアブラヤシを栽培する農園が日本の国土面積の半分以上の規模に広がり、現地の自然や社会を大きく変えている。本書は、アブラヤシ農園拡大の原因と影響を文理両分野のグローバルな視角から解明し、それが引き起す問題を解決する方途を探る。姉妹編の2“ローカル編"と併せて世に問う。

目次

第1部 アブラヤシ・パーム油生産の歴史的経過と農園拡大の論理(パーム油の生産と貿易―統計からみた歴史的発展 ココヤシとアブラヤシ―東南アジアにおけるパーム油生産の拡大 アブラヤシ農園はなぜ拡大してきたか―否定的要素を超えた拡大の論理)

第2部 農園企業の行動とアブラヤシ農園開発―付加価値創造の重層化(インドネシア、マレーシアからのパーム油輸出について―仕向地、精製形態の変化にみるグローバル性 マレーシアの農園企業とパーム油産業の構造変化 インドネシアにおけるアブラヤシ農園企業の発展―2010年までの軌跡)

第3部 アブラヤシ農園拡大のダメージとグローバル社会との相克(インドネシア泥炭地におけるアブラヤシ農園等の開発と大規模火災の時空間的変容 森林と住民生活をどう守るか?―パーム油スタンダードの影響と課題 「正しい」パーム油をめぐる対立の政治―健康、環境、持続可能性という論点から)

第4部 パーム油・パームバイオマスの多様な利用(パーム油・パーム核油の製法と利用 アブラヤシ産業の未利用資源のエネルギー利用 木質バイオマスとしてのアブラヤシ PKS発電と関連事業の日本での展開―その問題点と解決)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

第13回 辻󠄀静雄食文化賞受賞!

全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理
全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協とれたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る