全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

屠畜のお仕事

シリーズお仕事探検隊

書誌詳細情報

シリーズお仕事探検隊

屠畜のお仕事

著者 栃木裕

定価 1,760円 (税込)

ISBNコード 9784759250404

発行日 2021/04

出版 解放出版社

判型/頁数 A5 184ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

「豚や牛はどうやって屠るの?」「内臓(ホルモン)はどうやって取り出すの?」「屠畜の仕事は楽しいの?」。屠場歴34年のベテラン職人が、屠畜の方法から差別の問題まで、屠畜にまつわる様々な疑問に答えます。小学校高学年〜。

〔著者の言葉〕
日本の社会には、「屠畜」という仕事を否定的に捉える人たちがたくさんいます。「イヤイヤやっているんじゃない?」という人もいます。しかしそれは、屠場の仕事をよく知らずに、私たちを差別しようとする不当な考えです。

屠畜の現場で働いている私たちは、屠畜の仕事のことを、「高い技術を必要とする誇りの持てる仕事」「とてもやりがいのある、楽しくて面白さのある仕事」だと思っています。こうした私たちの気持ちや屠畜の仕事について、みなさんに理解していただきたいと思い、私は本書の執筆を決心しました。

目次

第1部 屠畜について教えてください(屠場ってどんなところ?
豚や牛はどうやって運ばれてくるの?
豚はどうやって殺すの?―豚の屠畜(1) ほか)

第2部 牛や豚はどうやって育てられているのですか?(私たちの食べている豚ってどんな種類なの?
「三元豚」と「ブランド豚」ってどんな豚?
豚はどうやって育てているの? ほか)

第3部 お肉がおうちに届くまで(枝肉は誰に売られているの?
枝肉を買った食肉問屋はそれをどうやって売るの?)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

全16巻完結!

全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る