全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

植民地初期の朝鮮農業

書誌詳細情報

植民地初期の朝鮮農業

著者 許粹烈
庵逧由香

定価 8,800円 (税込)

ISBNコード 9784750343280

発行日 2016/04

出版 明石書店

判型/頁数 A5 350ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

植民地支配により、朝鮮農業は開発され経済が安定したのみならず、あらゆる制度を近代化させたという植民地文化論。日韓の学会において長年争われてきた問題を、豊富な統計資料を用いて客観的に論証。

目次

第1章 問題提起―事実と虚構
第2章 1910年代初めの金堤・萬頃平野の水利施設
第3章 碧骨堤
第4章 米穀生産量と価格
第5章 土地改良
第6章 改良農法
第7章 農業生産性の長期的変化
第8章 おわりに―誇張された危機、そして誇張された開発

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

第13回 辻󠄀静雄食文化賞受賞!

全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理
全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協とれたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る