全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

タネの未来

僕が15歳でタネの会社を起業したわけ

書誌詳細情報

タネの未来

僕が15歳でタネの会社を起業したわけ

著者 小林宙

定価 1,760円 (税込)

ISBNコード 9784259547714

発行日 2019/09

出版 家の光協会

判型/頁数 四六版 164ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

中学3年生のときに種苗流通会社を起業した著者の小林宙君は、現在高校2年生。日本の各地域の伝統野菜を守るため、会社を立ち上げてタネ流通の新しい仕組みづくりを目指しています。
そんな宙君が、なぜタネが大事なのか、タネ業界を今後どう変えていこうとしているのかなどを綴りました。
日本の食文化や農業はもちろん、種子法や遺伝子組み換え作物などについても分かりやすく紹介しています。タネ業界のイベントや講演などでひっぱりだこの宙君。タネを巡る旅エッセイや、お母さんによる子育てのお話、タネを使った研究アイデアなど、盛り沢山の一冊です。

著者

東京都大田区在住の16歳。
祖父母、両親と妹2人の7人家族。全国各地をみずから旅し、種苗店を巡って集めた伝統野菜の種を販売する「鶴頸種苗流通プロモーション」を中学生のときに立ち上げる。現在、東京学芸大学附属高校の2年生。全国規模の「タネ交換会」のプラットフォームづくに力を入れる。

目次

第1章 タネについて考えてみる
もしもこの世界からタネがなくなったら
食べもののタネは、ふつうのタネとは全然違う ほか

第2章 伝統野菜を守るために
多様性を守ることは僕たちの生存戦略だ
タネがなくなれば、食文化もなくなる

第3章 事業を立ち上げる
屋号「鶴頸種苗流通プロモーション」に込めた思い
タネは、あえて置いてなさそうな店で売る

第4章 僕とタネとの出会い
2年目のアサガオがうまく育たなかった
昔の農業書は学びと笑いで満ちている

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

第13回 辻󠄀静雄食文化賞受賞!

全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理
全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協とれたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る