全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

松野家の荒物生活

誠実な道具が支える東京・下町の“ナイスな暮らし”

書誌詳細情報

松野家の荒物生活

誠実な道具が支える東京・下町の“ナイスな暮らし”

著者 松野弘
松野きぬ子

定価 2,090円 (税込)

ISBNコード 9784093070096

発行日 2021/12

出版 小学館

判型/頁数 A5 160ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

松野夫妻に学ぶ“ナイスな暮らし"のヒント

荒物とは、ほうきやバケツといった掃除道具、ざるにたわしといった台所用品など、日々の暮らしに役立つ道具です。時代の流れとともに、電化製品やプラスチック製品に取って代わられてしまった荒物を国内外から集め、全国の雑貨店やライフスタイルショップに届けているのが、東京・馬喰町の問屋街にある荒物問屋「暮らしの道具 松野屋」です。

多くは天然素材や金属を材料とし、小さな町工場や職人の工房でほぼ手仕事で作られている荒物は、使い勝手が良く、丈夫で長持ち。使い切った後は土に返る、サステナブルな日用品。弘さん曰く、「ベターでもベストでもなく、ナイス」な道具たち。

そんな道具の魅力を発信し続けている松野夫妻は、毎日の暮らしのなかでも荒物を活用し、松野屋が提案する「便利さよりも、心地よさや環境に配慮した暮らし」、つまり、「ベターでもベストでもなく、ナイスな暮らし」を実践しています。夫妻の日常を通して、多くの人に素敵な暮らしを送るヒントを伝える一冊です。

目次

第1章 いつもの休日(一日の始まりは神棚と仏壇へのごあいさつから ほうきの音も軽やかに。家の周りを清めてさっぱりと 歩く、ひとっ風呂、モーニング。休日の朝習慣 休日家事で平日にできないところをカバーする ほか)

第2章 季節のいとなみ(師走 正月 節分 春分 ほか)
第3章 冨久子さんの美しい暮らし(松野家を守ってきた人 冨久子さんの“あたりまえ")

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

第13回 辻󠄀静雄食文化賞受賞!

全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理
全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る