全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

だから集落営農が必要だ

集落営農法人第1号「おくがの村」の35年

書誌詳細情報

だから集落営農が必要だ

集落営農法人第1号「おくがの村」の35年

著者 糸賀盛人
榊田みどり 取材・構成

定価 1,320円 (税込)

ISBNコード 9784540221873

発行日 2022/10

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 四六 144ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

35年前、全国初の集落営農法人として誕生した島根県津和野町の「農事組合法人おくがの村」。山奥の小さな集落営農ながら、農家を減らすことなく、U・Iターン者を受け入れる組織として成長してきた秘訣は何か。創立当時から代表理事を務める糸賀盛人氏の個性と魅力あふれる語りから、その実践哲学と集落永続のヒントをさぐる。

著者

糸賀盛人(いとが・もりと)1948年島根県津和野町生まれ。1987年、集落営農による農事組合法人「おくがの村」設立、代表理事に就任。
榊田みどり(さかきだ・みどり)1960年秋田県生まれ。農業ジャーナリスト。明治大学客員教授。農政ジャーナリストの会副会長、中山間地域フォーラム理事。著書『農的暮らしをはじめる本』(農文協)ほか。

目次

T 巻頭発言 集落営農には集落営農の哲学が必要だ


U 進化する集落営農 
「農事組合法人おくがの村」は、いかにして生まれ展開したか
1 「結いと絆の小農連合」目指す農業法人:地域の安定的持続を目指して
2 高校を卒業し帰郷・就農:アメリカ型大規模農業を夢見て
3 規模拡大に抱いた疑問:「後継者会」で地域農業を議論
4 松井浄蓮師との出会い:「農業」の意味と価値を考える
5 圃場整備を機に集落営農法人設立へ:イメージは「小さな農協・地域のお寺」 
6 基盤整備完了で、おくがの村設立:集落維持を目的に独自ルール策定
7 村づくりも担う集落営農:住民をつなぐ情報発信も
8 スマート農業、ホントにスマートか?:除草効率化は圃場整備で実現
9 UIターン者がもたらす嵐:次世代に集落をつなぐために
10 わくわくつわの協同組合を設立:中小企業等協同組合法の事業協同組合として
11 TPPよりPPKじゃ!:100年スパンで農村を考える
12 「自給」の価値問い直しを:地域の豊かさを問いなおす

【資料1】「集落営農」を農政上位置づけたことについて 高木賢(元食糧庁長官)
【資料2】これまでもこれからも  集落営農の先進モデル「おくがの村」 葛城和夫(元大分県農業会議専務理事)
【資料3】集落営農型の法人こそ最後の砦    山下惣一(農民・作家)


V 糸賀盛人 時代への発言(2004年〜2016年)
これからもピンピンコロリのむらづくり
集落から農家は減らせない
いま自給と協同が欠かせない
TPPは育ち始めた集落営農をつぶしかねない
  ―ワシはTPPよりPPK(ピン・ピン・コロリ)
「人を減らさん」ためには哲学が必要よ
  ―おくがの村の糸賀盛人、酒を呑んで大いに語る
農政が変わろうとも、わが集落を「普段」に「不断」に守る
国民すべてを准組合員に

【解題】 集落営農における「おくがの村」と糸賀盛人 楠本雅弘(農山村地域経済研究所所長)
 1 江戸時代の「奥ヶ野村」の自治・協同を受け継ぐ
 2 後に続く13の「ひらがな法人」
 3 ブレない「糸賀原理主義」への共感
 4 骨の髄まで「農協マン」

年表

解説(詳細)

【チラシ】■チラシはこちら(PDF)

【関連書籍】
「農的暮らしをはじめる本」
「事例に学ぶ これからの集落営農」
「地域の再生7 進化する集落営農」
「法人化塾 改訂第2版」
「中山間地域ハンドブック」
「地域人材を育てる手法」
「『集落の教科書』のつくり方」
「話し合いが変わる 地域でアクションリサーチ」

【図解でわかる 田園回帰1%戦略】
「『小さな拠点』をつくる」
「『地域人口ビジョン』をつくる」
「『循環型経済』をつくる」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

第13回 辻󠄀静雄食文化賞受賞!

全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理
全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協とれたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る