全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

農的暮らしをはじめる本

都市住民のJA活用術

書誌詳細情報

農的暮らしをはじめる本

都市住民のJA活用術

著者 榊田みどり
JAはだの 協力

定価 1,650円 (税込)

ISBNコード 9784540212352

発行日 2022/01

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 136ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

野菜を自分で育ててみたい、あるいは、農家になりたい。そんな都市住民の思いに応える「農への入り口」が、神奈川県秦野市ではJA等によってたくさん用意され、趣味の週末菜園から本格的な専業農家まで「農の担い手」が続々生まれている。また、JAのコミュニティ組織で地域イベントの企画や運営に携わるなど、地域に根付いた暮らしを楽しむ人も多い。これら「農的暮らし」を満喫する先輩たちの素顔とJAの取り組みを密着取材した、農に関心のある都市住民に送るJA活用ガイド。あなたにぴったりな農への入り口がきっと見つかるはず。

著者

秋田県生まれ。生活クラブ生協広報室記者を経て、1990年からフリー農業ジャーナリスト。明治大学客員教授、農政ジャーナリストの会副会長、農文協理事、農水省各種検討会の委員など。共著に『半農半X これまで・これから』(創森社、2021年)ほか。全国農業新聞「農人伝」、全国町村会HPコラムなど連載。

目次

はじめに
1章 農への一歩を踏み出そう
 1 まずはゆったり菜園体験
 2 自力で栽培、販売にも挑戦できる
 3 本格的に農家を目指すなら
 4 菜園好きが高じて農家志望に
 5 「定年帰農」で第二の人生を豊かに
 6 農業で自立する
 7 脱サラ就農、今では堂々の専業農家
 8 地元農家も新規就農者に期待している
2章 「コミュニティの担い手」になる
 1 地域で暮らすとはどういうことか
 2 JAを通じて“地域デビュー"する
 3 JA生産組合は楽しいぞ
 4 まだまだある、地域デビューの入り口
 5 地域イベントの企画にも携われる
 6 つながりがうんと広がる
 7 なぜJAは、農業と地域の新たな「担い手」を求めているのか
3章 食の世界から農の世界へ
 1 農のプロと食のプロが手を組んだ
 2 生協とJA、共通組合員のススメ
 3 一緒につくる農のある都市(まち)
 4 協同組合の原点に戻る
終わりに
参考文献

解説(詳細)

■チラシはこちら(PDF)

■共同通信「めぐみネット」でご紹介いただきました。
「書評」 都市近郊農業の新潮流をルポ  「農的暮らしをはじめる本」 (榊田みどり)

【関連書籍】
「農協 准組合員制度の大義(農文協ブックレット14)」
「農協の大義(農文協ブックレット10)」
「これで守れる 都市農業・農地」
「どう生かす 都市農地(日本農業の動き205)」
「森永卓郎の「マイクロ農業」のすすめ」
「シロウト夫婦のきょうも畑日和」
「だれでもできる 小さい田んぼでイネつくり」
「小さい農業で暮らすコツ」
「うねゆたかの 田んぼの絵本(全5巻)」

季刊地域バックナンバー】
「季刊地域47号 2021年秋号 使い切れない農地 どうする?誰に託す?」
「季刊地域44号 2021年冬号 兼業農家・多業農家が増殖中!」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

第13回 辻󠄀静雄食文化賞受賞!

全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理
全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協とれたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る