全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

ここまでわかった自然栽培

農薬と肥料を使わなくても育つしくみ

書誌詳細情報

ここまでわかった自然栽培

農薬と肥料を使わなくても育つしくみ

著者 杉山修一

定価 2,200円 (税込)

ISBNコード 9784540212284

発行日 2022/03

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 188ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

青森県の農家・木村秋則さんの『奇跡のリンゴ』(2008年)によって一気に知られるようになった自然栽培。肥料と農薬は使わないが、耕起や除草は必要に応じて行なう。著者によれば、放任ではとれない。自然栽培の本質は、「自律的栄養塩供給システムをつくる」こと。すなわち、肥料を与えなくても養分が供給されるようになる管理が必要。カギは土壌微生物。本書では、水田と畑に分けて無施肥でとれるしくみづくり、無農薬でとれるしくみづくりを解説。

著者

1955年札幌生まれ。北海道大学農学部卒業。農学博士。北海道大学農学部付属農場助手を経て弘前大学農学生命科学部・助教授,教授。2020年3月退職。1989年より2年間ハーバード大学生物進化学部留学。専門は植物生態学。2003年に「奇跡のリンゴ」に出会い,自然栽培の研究を始める。著書に「すごい畑のすごい土」(幻冬舎)等。

目次

はじめに
序章 有機農業の復権
  作物生産は窒素によって制限されてきた
  アンモニアの化学合成から始まった慣行栽培
  「緑の革命」と食糧の世界的な増産
  慣行栽培の負の側面と有機農業の見直し
  有機農業の未来と自然栽培のポテンシャル
  自然栽培は農地に自律的システムを作ることを目指す栽培である

1章 土壌の自律的栄養塩供給システムとは何か
1. 長期無肥料での作物生産の可能性
2. 土壌の窒素循環における微生物の役割
3. 有機物に含まれる窒素の無機化
4. 土壌の自律的な窒素供給には生物的窒素固定が必要である
5. 土壌におけるリンとカリウムの循環
6. 自然栽培におけるリンとカリウムの持続的供給

2章 無肥料下での水田土壌の自律的栄養塩供給システム
1. 長期無肥料水田の収量予測と実際収量のズレ
2. 自然栽培水田間の収量差の原因は気象条件が関係する
3. 長期無肥料で多収を達成するためには窒素固定が重要
4. 自然栽培水田での窒素固定細菌の実態
5. 自然栽培水田は温室効果ガスの放出を抑制する?

3章 無肥料下での畑土壌での自律的栄養塩供給
1. 自然栽培畑作の生産制限要因は窒素である
2. 畑地での窒素固定
3. 畑土壌の栽培管理
4. リン酸による作物生産制限
5. 自然栽培畑作成功のための土壌管理

4章 無農薬栽培の可能性
1. 無農薬栽培は可能か
2. 自然栽培はただの無農薬栽培ではない
3. 有害生物の防除法
4. 生物の戦略と耕種的防除
5. 多様性の働き
6. 生物の増え方
7. 攪乱と生態系
コラム1 有機栽培がかかえる混乱 

5章 除草剤を使わない雑草防除
1. 作物と雑草の競争
2. 作物と雑草の競争に関係する生物的特徴
3. 水田での雑草防除
4. 畑での雑草防除

6章 無農薬で害虫をどう抑えるか
1. 作物害虫の種類
2. 無農薬での害虫防除
3. 天敵防除
4. 天敵利用の実例
5. 天敵の利用法
6. 土着天敵活用のための環境整備
7. 天敵以外の防除

7章 無農薬で病気をどう抑えるか
1. 病原菌の種類と病気
2. 病害防除の基本的考え方
3. 農地における感染源の排除
4. 感染経路の遮断
5. 感染後の発病抑制

8章 自然栽培農産物はなぜ美味しい
1. 美味しさを決めるもの
2. 野菜の化学成分と美味しさ
3. リンゴの甘味と美味しさ
4. 米の美味しさ
コラム2 自然栽培と自然農法 ―無肥料・無農薬栽培の歴史を辿るー

あとがき
参考文献
索引

解説(詳細)

【関連書籍】
「農家が教える 自然農法」
「これならできる!自然菜園」
「苗で決まる!自然菜園」
「あなたにもできる 無農薬・有機のイネつくり」
「土着微生物を活かす」
「農家が教える 微生物パワーとことん活用読本」
「緑肥作物 とことん活用読本」
「菌根菌の働きと使い方」
「生きている土壌(新装版)」
「パーマカルチャー 農的暮らしの永久デザイン」

読者カード

・素晴らしい本です。自然栽培のメカニズムを学術的に解明した本は世界初でしょう。この論文が、自然栽培の普及に貢献することは間違いないと思います。ひいては、持続可能な農業が大いに拡大していくものと信じます。(宮崎県・75歳)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

第13回 辻󠄀静雄食文化賞受賞!

全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理
全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協とれたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る