全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

食べものがたりのすすめ

かんがえるタネ
「食」から広がるワークショップ入門

書誌詳細情報

かんがえるタネ

食べものがたりのすすめ

「食」から広がるワークショップ入門

著者 湯澤規子

定価 1,540円 (税込)

ISBNコード 9784540212208

発行日 2022/04

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 四六 176ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

「食べものがたり」は誰もが生まれた時から持っている、食べものにまつわる物語のこと。日々経験する「食べること」「出すこと」から広がる探究学習の実際を、10を超える実践例から紹介します。ワークショップ実践のコツや時間配分がわかる巻末付録「誰でもできる!ワークショップの始め方」も収録。
おばあちゃんの戦時下の料理帳から歴史を学び、食べものとウンコの行く末からフードロスに思いを巡らせ、誰かのレシピを受け取り・作ることで地域とつながる。そんな「食べものがたり」から広がるワークショップ、始めてみませんか?

著者

湯澤規子(ゆざわ・のりこ)
大阪府生まれ。筑波大学生命環境系准教授などを経て2019年より法政大学人間環境学部教授。専門は歴史地理学、地域経済学、農村社会学、地域史・産業史。「生きる」をテーマに地理学、歴史学、経済学の視点から日常を問い直すフィールドワークを重ねる。
著書に『胃袋の近代―食と人びとの日常史』(名古屋大学出版会)、『7袋のポテトチップス―食べるを語る、胃袋の戦後史』(晶文社)、『ウンコはどこから来て、どこへ行くのか―食人糞地理学ことはじめ』(ちくま新書)、絵本シリーズ『うんこでつながる世界とわたし』(全3巻、農文協)など多数。

目次

◎はじめに―「食」から広がる学びのカタチ

◎1時間目 「胃袋」ってなんだろう? 「食べもの」ってなんだろう?
1.「食べものがたり」とは何か
2.「胃袋」について考えるワークショップ
3.「食べもの」について考えるワークショップ

◎2時間目 「食べものがたり」を見つける
1.歴史はどこにある? 発想の源はどこにある?
2.食べものがたりは誰でも持っている
3.食べものがたりを盛り付ける

◎3時間目 「食べものがたり」を分かち合う
1.世代と時空を越える「食べものがたり」
2.食べものがたりを分かち合う工夫
3.100年の食べものがたり「三世代年表」

◎4時間目 「食べものがたり」を描く
1.食べものはどこから来てどこへ行くのか?―「どこどこマップ」と「つながるマップ」
2.誰と、どこで、ごはんを食べていますか?―食べるところマップ
3.給食お絵描きワーク

◎5時間目 「食べものがたり」をつなぐ
1.自分で食べるための新聞「こどもじぶん食堂新聞」
2.料理をする―つくる・あそぶ・たべる
3.子ども食堂という「場」の可能性

◎校外学習 「食べものがたり」を歩く
1.地域の食べものがたり―ローカル・フード・ストーリー
2.ぶどうとワインのものがたり―山梨県甲州市勝沼
3.甘夏と海のものがたり―熊本県水俣市
4.食べものがたりをジン(ZINE)にする

◎おわりに―「食」というあそびと余白が創り出す世界
◎巻末付録:誰でもできる!ワークショップの始め方

解説(詳細)

【うんこでつながる世界とわたし 全3巻】
「1 きれい? きたない? 」
「2 どこからきてどこへいく? 」
「3 うんこがにぎる未来社会」

【関連書籍】
「食べるとはどういうことか」
「うおつか流 食べつくす!」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

全16巻完結!

全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る