全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

流域治水がひらく川と人との関係

2020年球磨川水害の経験に学ぶ

書誌詳細情報

流域治水がひらく川と人との関係

2020年球磨川水害の経験に学ぶ

著者 嘉田由紀子 編著

定価 2,420円 (税込)

ISBNコード 9784540212161

発行日 2021/11

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 224ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

2020年7月4日九州で球磨川水害が発生し、50名もの方が亡くなった。この人たちはなぜ・どのようにして亡くなったのか。研究者と被災者たちによる共同調査から明らかにする。また2021年4月流域治水関連法が成立。国の治水方針の大転換であるが、本書は流域治水の歴史と意義、その可能性について詳述している。亡くなられた一人ひとりに目を向けた、それも被災当事者を交えた調査のとりまとめとしても、流域治水の総合的な解説書としてもはじめてのもの。2020年球磨川水害の経験に学び、気候危機の時代に求められる流域治水を展望する。

著者

嘉田由紀子(かだゆきこ、編著者)1950年埼玉県生まれ。農学博士。専門は環境社会学。前滋賀県知事、現参議院議員。著書『水と人の環境史』(共著、御茶の水書房)、『生活世界の環境学』(農文協)、『水辺遊びの生態学』(共著、農文協)、『水辺ぐらしの環境学』(昭和堂)、『環境社会学』(岩波書店)ほか多数。

目次

[カラー口絵]球磨川流域と2020年7月4日球磨川水害
第1章 2020年7月4日球磨川水害 現地溺死者調査の方法と経過 嘉田由紀子
第2章 何が生死を分けたか――現地溺死者調査の報告
 下流部から 瀬戸石ダムと森林の影響を考える つる詳子
 中流部から 球磨村からの報告 市花由紀子
 上流部から 人吉盆地の実態調査から何を学んだか 木本雅己
 球磨川宣言――私たちは被災してもなお川と共に生きる
第3章 球磨川水害と流域治水 島谷幸宏
第4章 「流域治水」の歴史的背景、滋賀県の経験と日本全体での実装化に向けて――住民と行政の「楽しい覚悟」の提案 嘉田由紀子
第5章 流域治水に求められる専門家の視点
 民衆の知恵・水害防備林を見直そう!――「流域治水」の問題点とこれからの治水のあり方 大熊 孝
 人命最優先の流域治水には地域主権改革が必要 宮本博司 
 治水のあり方から考える流域治水の重要性と球磨川水系河川整備計画への提言 今本博健

解説(詳細)

【関連書籍】
「生活世界の環境学 琵琶湖からのメッセージ」
「洪水と水害をとらえなおす」
「河川工学者三代は川をどう見てきたのか」
「川漁 越後魚野川の伝統漁と釣り」
「写真ものがたり 昭和の暮らし5 川と湖沼」
「内山節著作集2 山里の釣りから」
「内山節著作集10 森にかよう道」
「シリーズ地域の再生18 林業新時代 「自伐」がひらく農林家の未来」

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る