全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

タネとヒト

生物文化多様性の視点から

書誌詳細情報

タネとヒト

生物文化多様性の視点から

著者 西川芳昭 編著

定価 1,980円 (税込)

ISBNコード 9784540211560

発行日 2022/01

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 268ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

日本における種子論議のオピニオンリーダーの一人である、龍谷大学経済学部教授・西川芳昭氏の編著書。@農家vs企業という単純な図式を超えた、種子をめぐる複雑な現実に光をあて、A日本だけでなくアジアの小農・家族農を対象に農家の生き方や言葉にならない感覚を重視し、B生物文化多様性の視点からタネとヒトとの持続的な関係を提言している。タネを播き育て次代に引き継いできた農家の現実・実感・思いから語る本書は、経済的、政治的な視点で語られがちな種子論議に一石を投じるものといえる。

著者

■編著者
西川芳昭 龍谷大学経済学部教授。著書『食と農の知識論―種子から食卓を繋ぐ環世界をめぐって』(東信堂、2021
年)、『持続可能な暮らしと農村開発―アプローチの展開と新たな挑戦』(イアン・スクーンズ著、監訳、明石書店、2018年)、『種子が消えれば、あなたも消える―共有か独占か』(コモンズ、2017年)、『生物多様性を育む食と農―住民主体の種子管理を支える知恵と仕組み』(編著、コモンズ、2012年)『作物遺伝資源の農民参加型管理―経済開発から人間開発へ』(農文協、2004 年)ほか。

■著者(執筆順、著書は本書関連分野のみ)
宇根 豊 百姓・農と自然の研究所代表。『うねゆたかの田んぼの絵本』(全5巻、農文協、2021年)
小林邦彦 総合地球環境学研究所研究員
河合史子 総合地球環境学研究所研究員(非常勤)。『食う、食われる、食いあう―マルチスピーシーズ民族誌の思考』(共著、青土社、2021年)
広田 勲 岐阜大学応用生物科学部助教。『野生性と人類の論理―ポスト・ドメスティケーションを捉える4つの思考』(共著、東京大学出版会、2021年)
大和田興 茨城県農業総合センター農業研究所研究員
山根京子 岐阜大学応用生物科学部准教授。『わさびの日本史』(文一総合出版、2020年)
長嶋麻美 東京農業大学博士課程修了(農学博士)
渡邉和男 筑波大学生命環境系教授。『生物多様性を育む食と農―住民主体の種子管理を支える知恵と仕組み』(共著、コモンズ、2012年)
河P眞琴 東京農業大学農学部教授。『雑穀の自然史―その起源と文化を求めて』(山口裕文・河P眞琴共編著、北海道大学出版会、2003年)
Ohm Mar Saw 元農業・畜産・灌漑省(ミャンマー連邦共和国)農業研究局バイオテクノロジー・植物遺伝資源・植物保護部主席研究員
入江憲治 東京農業大学国際食料情報学部教授。『国際農業開発学入門―環境と調和した食料増産をめざして』(共著、筑波書房、2017年)
冨吉満之 久留米大学経済学部准教授。『伝統野菜の今―地域の取り組み、地理的表示の保護と遺伝資源』(共著、清水弘文堂書房、2015年)
Bimal Dulal NPO法人ラブグリーンジャパン・プログラムオフィサー
吉田雅之 農業・元ネパール派遣青年海外協力隊員
坂本清彦 龍谷大学社会学部准教授。『「農企業」のムーブメント―地域農業のみらいを拓く』(共著、昭和堂、2019年)
岡田ちから 特許業務法人秀和特許事務所弁理士
田村典江 総合地球環境学研究所上級研究員。『みんなでつくる「いただきます」―食から創る持続可能な社会』(共編著、昭和堂、2021年)

目次

権利論と農本論の乖離を超えて/西川芳昭
西川さんへの手紙/宇根 豊

第1章 生物文化多様性の視点からタネとヒトとの関係の豊かさを研究するとは/西川芳昭
[解説]
「生物文化多様性」の考え方と、その本書における意味(西川芳昭)
種子の持続的な保全・利用に関係する主な国際条約(小林邦彦)
参加型開発と持続可能な生計アプローチ(SLA)の視点(西川芳昭)

T 「農」の営みからみたタネとヒトとの関係
第2章 ヒトはタネ採りを通じてタネとどのような関係を築いているのか/河合史子
■コラム:タネ採りの現代的意義(河合史子)
第3章 地域品種の継承とその多様な意味――中山間集落の全農地通年調査から/広田 勲
第4章 農家の庭木果樹にみる民衆の生存・生活価値――無償労働にみる「いきいきと生きる」ことの意味/大和田 興
■コラム:「いきいきと生きる」とは――I・イリイチの3概念(大和田 興)
第5章 豊かな食は遺伝資源から――ワサビが教えてくれること/山根京子

U 海外にみるタネとヒトとの関係
第6章 アジアの小農とタネとの関係@――ミャンマーの国民野菜CHINBAUNG(チンバオ)のタネをめぐる仕組み/長嶋麻美・西川芳昭・渡邉和男・河P眞琴・Ohm Mar Saw・入江憲治
第7章 アジアの小農とタネとの関係A――ネパールにおけるソバとカラシナの調査からみえてきたもの/冨吉満之・西川芳昭・Bimal Dulal
■コラム:ネパール国バグルン郡で農家による作物品種の選択から学んだこと(吉田雅之・西川芳昭・入江憲治)
第8章 東アジアの種子管理組織とそのメカニズムの特性とは何か――日韓台の政府系ジーンバンクと非営利組織の活動から/冨吉満之
第9章 「支配」の観点から捉えた大手種苗会社と農業者の関係性/坂本清彦・岡田ちから

V タネとヒトとの関係の将来像を描く
第10章 “人類共通の遺産"としての種子に関する国際社会の努力と利害関係者の協力に向けて/小林邦彦
第11章 種子を共的世界に取り戻すことは可能か――コモン化(commoning)の視点から/田村典江
第12章 タネとヒトとの多層的関係を基盤とした農の営みの持続を目指して/西川芳昭

解説(詳細)

【関連書籍】
「在来作物を受け継ぐ人々」
「日本水稲在来品種小事典」
「進化する雑穀 ヒエ、アワ、キビ」
「豆くう人々」
「農家が教える タネ採り・タネ交換」
「これならできる! 自家採種コツのコツ」
「自家採種入門」
「種子法廃止でどうなる?(農文協ブックレット18)」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

第13回 辻󠄀静雄食文化賞受賞!

全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理
全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協とれたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る