全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

豆くう人々★12/16発売予定

世界の豆探訪記

書誌詳細情報

豆くう人々★12/16発売予定

世界の豆探訪記

著者 長谷川清美

定価 2,420円 (税込)

ISBNコード 9784540211072

発行日 2021/12

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 四六 280ページ

在庫 予約受付中

この本のジャンル

解説

大豆、いんげん豆、小豆、ささげ、リマ豆など、世界でどんな豆が栽培され、食べられているか知っていますか? 豆をこよなく愛する著者が、10年かけて66カ国訪問した中から、約30の国・地域のエピソードを厳選して紹介します。
メキシコの黒いんげん豆のお焼き「メメラス」、チュニジアのひよこ豆ドリンク「プシサ」、ナイジェリアのストリートフード「ささげの揚げドーナツ・アカラ」、ミャンマー版・納豆「ペポ」など、現地を訪れ食べ尽くした、世界の豆料理の簡単なつくりかた70点も収録。主な豆の分類図付き。

目次

【中南米編】
●コロンビア:在来豆は誰のため? チャチャフルッタ料理とCIAT訪問で考えたこと
●メキシコ:トルティーヤは生地から手づくり、「トウモロコシ×豆」が必須の食べ合わせ
●ブラジル:ブラジルの味噌汁「フェイジャオ」、ソウルフード「フェイジョアーダ」の国
●ペルー:アンデスの大豆「タルウィ」の国
●パラグアイ:土地を奪われた先住民たちの暮らしと豆
●チリ:先住民マプーチェからのサプライズ、豆づくしのポットラックパーティー
●ベネズエラ:動乱の国で、タネを継ぐ人たち
●キューバ:有機農業の国で食べる、ふだんの日の豆ご飯
●アルゼンチン:お菓子に飲み物に薬に、愛すべきいなご豆を使い切る
●エクアドル:豆は食用だけじゃない! ゲームに使うリマ豆
●コスタリカ:野生種も固有種も、豊かな国のいんげん豆
●ホンジュラス:ナタマメとムクナ豆のコーヒーと、定番おやつ「タマル」を堪能
【東アフリカ編】
●タンザニア:主食はウガリ、おかずはいんげん豆で炭水化物たっぷり
●エチオピア:カルチャーショックでいっぱい! 偽バナナの発酵食と豆の炒め物
【西アフリカ編】
●ナイジェリア:ささげのストリートフード「アカラ」が大人気
●ブルキナファソ:アフリカ版納豆との衝撃の出会い
●チュニジア:オリーブオイルは飲み物、ひよこ豆ドリンク「プシサ」
【中東編】
●トルコ:指で握った跡は美味しさのあかし、赤レンズ豆ボール「メルジメッキ・キョフテ」
●レバノン:朝から手軽に豆料理、その秘訣は缶詰
●オマーン:経験知で100年つなぐ「できちゃった」在来ささげ
【中央アジア・欧州編】
●アゼルバイジャン:なんでもない日の豆料理に舌鼓を打つ
●ウズベキスタン:緑豆と肉と野菜の煮込み「モシフルダ」は家々の味
●キルギス:大量の具材とともにいただく、豆入りピラフ「プロフ」
●キプロス:煮込みやサラダに、莢豆を使いこなす
【東欧編】
●ルーマニア:NO LARD, NO LIFE! 豚の脂身×豆は、黄金のコンビネーション
●ウクライナ:冥土の土産に、青えんどう豆のピロシキ
【中国・東南アジア編】
●中国:発酵調味料からスナックまで、とことん豆を使い、食べる術を学ぶ
●ミャンマー:納豆の国で、遠軽町の在来いんげん豆「ビルマ」のルーツを探る
●台湾:念願の生命豆「フォナ」の祭りと食を体験など
●おわりに
●巻末付録1:訪問国一覧 ●巻末付録2:豆の分類図(主なもの)

解説(詳細)

【著者公式サイト】

【関連書籍】
「納豆の食文化誌」
「農家が教える 農家直伝 豆をトコトン楽しむ」

「うかたま60号(2020年秋号) ゆっくり楽しむ豆料理」

コメント

★12/16発売予定

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る