全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

東日本大震災10年 改めて「復興」を問う(日本農業の動き212) ★10/28発売予定

日本農業の動き

書誌詳細情報

日本農業の動き

東日本大震災10年 改めて「復興」を問う(日本農業の動き212) ★10/28発売予定

著者 農政ジャーナリストの会 発行

定価 1,320円 (税込)

ISBNコード 9784540210624

発行日 2021/10

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 164ページ

在庫 予約受付中

この本のジャンル

解説

東日本大震災と福島第一原発事故から、2021年3月で10年が経過した。これまで約32兆円の復興予算が投じられ、住まいや産業基盤、公共インフラなどの整備はおおむね完了している。しかし、被災地は大幅な人口減少やコミュニティーの崩壊、農林水産業の衰退など、今も厳しい状況に直面しており、その多くは日本の農山漁村が抱える普遍的な課題とも重なる。未曽有の大災害とその復興過程が残した教訓とは何か? 復興行政のキーパーソンや現場の当事者に聞いた。

著者

農政ジャーナリストの会 農業関係の報道・解説・出版に携わるジャーナリストや研究者等、全国約300の会員からなる自主独立の組織。会員の情報交換の場とともに、調査や研究をすることによって国内外の農業情勢や問題点を正しく把握し、公正な報道、評論活動を行なうことをめざす。年に4テーマを選び、専門家等を招いて研究会を開催。

目次

◎特集 東日本大震災10年 改めて「復興」を問う
復興が変える日本のかたち
  岡本全勝(元復興庁事務次官、福島復興再生総局事務局長)
被災地目線で見た震災の教訓
  廣田純一(いわて地域づくり支援センター代表、岩手大学名誉教授)
美しい村の再生を目指して
  菅野典雄(前福島県飯舘村村長)
ワンチームでひらく水産加工業の未来
  平塚隆一郎(山徳平塚水産株式会社=宮城県石巻市・水産加工業=社長)

コメント

★10/28発売予定

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る