全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

気候変動下の食料安全保障(日本農業の動き208)

日本農業の動き

書誌詳細情報

日本農業の動き

気候変動下の食料安全保障(日本農業の動き208)

著者 農政ジャーナリストの会

定価 1,320円 (税込)

ISBNコード 9784540200649

発行日 2020/11

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 164ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

二つの研究会シリーズの記録。一つ目は「グローバル化時代の食料安全保障とは」。末松広行農林水産事務次官(当時)や中家徹JA全中会長を含む4人が世界の食料需給と日本の食料自給率などをテーマに語った。二つ目は「気候変動の中の農業」。地球環境問題全般に詳しい山本良一・山本エコプロダクツ研究所代表のほか、農業現場で異常気象と向き合う専門家らに話を聞いた。海外では欧米を中心に地球温暖化への危機感が高まり、国内でも深刻な気象災害が次々と農業現場を襲っている。農業と人類の未来にともった黄信号とどう向き合うか。

著者

農政ジャーナリストの会 
農業関係の報道・解説・出版に携わるジャーナリストや研究者等、全国約300の会員からなる自主独立の組織。会員の情報交換の場とともに、調査や研究をすることによって国内外の農業情勢や問題点を正しく把握し、公正な報道、評論活動を行なうことをめざす。年に4テーマを選び、専門家等を招いて研究会を開催。

目次

◎特集 気候変動下の食料安全保障
試されるグローバルな連帯
  行友弥(農政ジャーナリストの会会員)
世界の穀物市場の動向と国内農業生産の課題
  柴田明夫(資源・食糧問題研究所代表)
食料安全保障と農政の課題)
  末松広行(農林水産省事務次官)
食料供給のリスクとフードシステムの課題
  株田文博(政策研究大学院大学教授)
食料安保の確立を国民的議論に
  中家徹(全国農業協同組合中央会会長)
気候と環境の非常事態にどう対処するか
  山本良一(山本エコプロダクツ研究所代表)
温暖化への適応を迫られる農業技術)
  杉浦俊彦(農研機構果樹研究所栽培・流通利用研究領域上席研究員)
食料科学から見た地球温暖化を考える
  太田寛行(茨城大学副学長・農学部教授)
気象変動に強い農業を目指して
  植村弘之(カルビーポテト株式会社取締役常務執行役員)

解説(詳細)

【関連書籍】
「聞く力、つなぐ力 3.11東日本大震災 被災農家に寄り添いつづける普及指導員たち」

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る