全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

どう生かす 都市農地(日本農業の動き205)

日本農業の動き

書誌詳細情報

日本農業の動き

どう生かす 都市農地(日本農業の動き205)

著者 農政ジャーナリストの会

定価 1,320円 (税込)

ISBNコード 9784540200618

発行日 2020/05

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 164ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

激しい開発の波にさらされてきた都市農地だが、近年は2015年の都市農業振興基本法、17年の生産緑地法改正、18年の都市農地貸借法など、保全・活用に向けた政策転換が進む。それでも、大量の生産緑地が指定解除となる「2022年問題」の懸念は消えず、宅地化を見込んだ業界の思惑が交錯する。一方、生産緑地の貸借が可能となることで、後継者のいない地権者も農地を残す選択肢ができ、企業等による市民農園ビジネスのチャンスも生まれる。農業体験の場や防災、景観保全などの多面的機能を持つ都市農地を、どう守り、生かすか。

著者

農業関係の報道・解説・出版に携わるジャーナリストや研究者等、全国約300の会員からなる自主独立の組織。会員の情報交換の場とともに、調査や研究をすることによって国内外の農業情勢や問題点を正しく把握し、公正な報道、評論活動を行なうことをめざす。年に4テーマを選び、専門家等を招いて研究会を開催。

目次

◎特集 どう生かす 都市農地
都市農業振興基本法で都市農業はどう変わるか
  榊田みどり(農政ジャーナリストの会会員)
都市農業・農地をめぐる制度改正の意義と限界
  安藤光義(東京大学大学院農学生命科学研究科教授)
都市農業関連法形成をどう見るか〜都市農地を活かしたアグリメディアのビジネス展開について〜
  諸藤貴志(株式会社アグリメディア代表取締役)
都市農地関連法の改正で農家の継承はどうなる
  原修吉(全国農業会議所専門相談員)
農あるまちづくり 東京の現場から
  飯田勝弘(JA世田谷目黒経営管理委員会会長)
◎農政の焦点
農産物輸出五兆円の舞台裏
  山田優(農政ジャーナリストの会会員)
◎地方記者の眼
東日本大震災から九年 福島の復興は今
  深谷茂美(テレビユー福島)

解説(詳細)

「これで守れる 都市農業・農地」
「都市農業必携ガイド」

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る