全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

藍(あい)

地域資源を活かす 生活工芸双書

書誌詳細情報

地域資源を活かす 生活工芸双書

藍(あい)

著者 吉原均
山崎和樹
川西和男

定価 3,300円 (税込)

ISBNコード 9784540172151

発行日 2019/08

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B5 136ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

インド藍、琉球藍との対比でタデアイの植物特性、品種と栽培法を収録。利用の歴史では、とりわけ染料としての阿波藍の製法を解明し歴史に及ぶ。浴衣や帯に使われた「型染め」技法を紹介しつつ、発酵建て以外のブドウ糖建て、生葉染、煮出し染め、たたき染め、沈殿藍によるウール染めを紹介。藍をベースにした各種重ね染めの色味も紹介。「顔料」としての利用ではクレヨン、藍墨などへの可能性にも言及し課題と展望をひらく。

著者

吉原均(よしはらひとし/徳島県立農林水産総合技術支援センター)、山崎和樹(やまざきかずき、草木工房草木染研究所柿生工房主宰)、川西和男(かわにしかずお/徳島県立城西高等学校)

目次

1章 植物としての特徴(藍色を生み出す植物;品種改良のあゆみ)
2章 利用の歴史(植物を染料にする―染色の原理と発祥;伝統的な藍の利用―阿波藍の製造(藍師・栽培・染料づくり)とその染料液の作成
阿波藍の歴史―『藍作始終略書』によりながら)
3章 栽培と利用(アイを栽培する―徳島県での場合;藍染めの染色方法―原理とつくり方、留意点;型染め;重ね染め;阿波藍 伝統的な製法の実際)
4章 新世代の藍利用(徳島県・城西高校発!次代へつなぐJAPAN BLUE!―高校生による「阿波藍」の伝統継承と6次産業化;阿波藍を引き継ぐ―畑で藍を育て色をつくる株式会社BUAISOU;藍の可能性を拓く―これからの藍利用)

解説(詳細)

【地域資源を活かす 生活工芸双書】
「苧(からむし)」
「萱(かや)」
「楮(こうぞ)・三椏(みつまた)」
「漆(うるし)1」
「漆(うるし)2」
「桐(きり)」
「竹(たけ)」
「大麻(あさ)」
「棉(わた)」

【関連書籍】
「つくってあそぼう 藍染の絵本」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る