全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

内山節著作集14 戦争という仕事

内山節著作集

書誌詳細情報

内山節著作集

内山節著作集14 戦争という仕事

著者 内山節

定価 3,190円 (税込)

ISBNコード 9784540141386

発行日 2015/08

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 四六 352ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

現代の労働には「戦争という仕事」と共通する何かがある。そこから仕事をどのように改革すれば自然と人間が無事に暮らせる世界がつくれるのかを問うていく。[初版信濃毎日新聞社2006年]。ほかに「戦争という仕事」(単行本と同名の論文)「歴史の変わり目を感じる」を収録。

著者

うちやま・たかし 1950年、東京生まれ。哲学者。『労働過程論ノート』(1976年、田畑書店)で哲学・評論界に登場。1970年代から東京と群馬県上野村を往復して暮らす。趣味の釣りをとおして、川、山と村、そこでの労働のあり方についての論考を展開、『山里の釣りから』(1980年、日本経済評論社)に平明な文体で結実する。そこでの自然哲学や時間論、森と人間の営みの考察が『自然と人間の哲学』(1988年、岩波書店)『時間についての十二章』(1993年、同)『森にかよう道』(1994年、新潮社)などで展開された。NPO法人・森づくりフォーラム代表理事。『かがり火』編集長。「東北農家の会」「九州農家の会」などで講師を務める。

目次

著者解題 戦争からみえてくる現代の労働と経済のかたち
 *
戦争という仕事
第1章 戦争という仕事
第2章 政治という仕事
第3章 経済という仕事
第4章 自然に支えられた仕事
第5章 消費と仕事
第6章 資本主義と仕事
第7章 社会主義が描いた仕事
第8章 近代思想と仕事
第9章 基層的精神と仕事
第10章 破綻をこえて
 *
戦争の世紀
歴史の変わり目を感じる

解説(詳細)

【シリーズ】
「内山節著作集」

【関連書籍】
「内山節と読む 世界と日本の古典50冊」
「主権はどこにあるか 変革の時代と『我らが世界』の共創」
「ローカリズム原論 新しい共同体をデザインする」

【内山節と語る 未来社会のデザイン】
「内山節と語る 未来社会のデザイン 全3巻セット」
「1 民主主義を問いなおす」
「2 資本主義を乗りこえる」
「3 新しい共同体の思想とは」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

第13回 辻󠄀静雄食文化賞受賞!

全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理
全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協とれたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る