全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

有機農業ハンドブック

土づくりから食べ方まで

書誌詳細情報

有機農業ハンドブック

土づくりから食べ方まで

著者 日本有機農業研究会 編、発行

定価 3,981円 (税込)

ISBNコード 9784540981333

発行日 1999/01

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 366頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

カーソンの『沈黙の春』いらい、化学物質依存の生産克服の運動が世界的に盛り上がる中で、わが国では日本有機農業研究会が一九七一年設立され、その運動の先頭にたった。この間に全国の会員が追求し蓄積してきた、無農薬・無化学肥料栽培、健全畜産、さらには、これらの産物を活かす食べ物加工法、エネルギーなどの自給技術の集大成である。さらには、手づくりの遊び、地域での有機農業ネットワークづくり、有機農業の先達たちの農業観・生き方論まで、自然と共にあるライフスタイルへの丹念なガイドブックだ。

目次

第1章 有機農業の基本技術
有機農業技術の考え方
土づくりと肥料
【土づくりと機械の活用】
病気や害虫への対応
雑草とのつき合い方
【循環農場・大童】
種苗と品種の選び方

第2章 農学から見た有機農業
近代化技術を超えていくために
なぜ遺伝子組み換え技術を拒否するのか!
有機農業の生態系
有機稲作の特徴と課題
微生物資材の功罪

第3章 豊かな自然を活かした有機農業技術
■穀物
 有機稲作の基本技術
 合鴨水稲同時作の世界
 【消費者と新しいきずなを結ぶ】
 管理が楽なコイ除草
 省力的なレンゲマルチ栽培
 ザリガニで雑草を抑える
 田畑輪換の効果
 【自給の里づくりは自給の国づくり】
 裏作に小麦を作る
 用途に合わせた大豆栽培
 菜種の自給と搾油
 【菜種作りから始める製油所】
 健康に良いアワ・キビ
■野菜
 苗の作り方
 果菜類
 根菜類
 【山間地で標高差を利用した有機農業】
 葉菜類
 鱗茎類
 北海道の野菜作り
 【自給的暮らしの四季】
■果樹など
 有機栽培技術の確立を
 リンゴ
 柑橘類
 カキ
 【生産者と消費者による生協と地域づくり】
 【水俣病から学んだ有機農業】
 ブドウ
 モモ
 ウメ
 茶
■畜産
 畜産飼料の自給をめざして
 庭先養鶏
 有畜複合の平飼養鶏
 草地を活用した山地酪農
 自給飼料による大規模な肥育牛
 【微生物コントロールによる有機物循環】
 日本短角牛から始まる地域づくり
 草食性の黒豚とクロレラによる循環
 【牛の向こうに未来が見える】
 庭先養蜂の勧め
 【養蚕の思い出】
 【地域自給と「次の村」づくり】

第4章 手作りの楽しさ
■農と食を結ぶ保存と加工
 季節と伝統がいろどる有機農業の食卓
 野菜を活かす漬物
 味噌作りと糀作り
 家庭でできる豆腐作り
 自給小麦で打つうどん
 自給小麦で焼くパンとお菓子
 身近な素材で作るジャムとお菓子
 【自家製ハーブでレストラン】
 【身近にハーブを楽しみましょう】
 自家製牛乳から作るチーズ
 添加物なしの手作りハム
 餅からジュースまでの小規模農産加工
■自然エネルギーの自給
 自給のための炭焼き
 【私の家の白炭窯と黒炭窯】
 天ぷら廃油で大地を耕す
 バイオガスで循環農業
 雪氷室の復活と凍みダイコン作り
■手作りの遊び
 夏は農民、冬は役者
 農民オーケストラの調べ

第5章 地域へ広げ、次代へつなぐ
風土に根ざす小農自立の道;
地元野菜を学校給食に
有機農業教育の可能性
山村に移り住んで
新規就農希望者へのメッセージ)

〈資料1〉日本有機農業研究会とは
〈資料2〉日本有機農業研究会結成趣意書
あとがき
さくいん

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る