全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

森と人間1 世界の森とくらし ★在庫なし

自然の中の人間シリーズ 森と人間編1

書誌詳細情報

自然の中の人間シリーズ 森と人間編1

森と人間1 世界の森とくらし ★在庫なし

著者 片桐一正
松下裕

定価 2,200円 (税込)

ISBNコード 9784540890215

発行日 1989/03

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A4変 40頁

在庫 あり

在庫切れのため、ただいまご注文いただくことができません。

この本のジャンル

解説

地球上にはいろいろな森林があり、森林に合った生活がある。大自然の恵み、おそれと愛着、乱伐と森林破壊、緑をとりもどす困難なたたかい、砂漠を森にかえた人々の知恵。世界各国の森林とそのかかわり方に学ぶ。

解説(詳細)

樹木も草も動物もおたがいが影響しあっている所、森
世界各地の気候ごとにちがった森林があり、その森林ごとに人間の生活がある
シベリアの大森林ではいろいろな動物が生息し、狩猟で生活する人が多い
自分を育ててくれた森林に、深い尊敬と愛着をいだくロシアの人びと
世界中の人びとに使われるアラスカの木材
「黒い森」は緑を取りもどした森の民族ドイツ人のほこり
森へのあこがれとおそれがメルヘンとなり、伝説となって生きている
木かげが好きなパリ市民は、生活の中に森を取り入れいている
自然のままのウィーンの森は、市民と動物たちが奏でる交響曲
ピグミーはあるがままの自然を守り、そのめぐみを受ける森の生活者
熱帯雨林では、木を切り出したあと、同種の木が育つとは限らない
東南アジアでは焼畑農業などで、毎年日本の四国と同じ広さの森林が消えていく
砂漠では人も植物もひたすら水を求めている
森林を破かいして、砂漠に変えてしまうのは、人間のおろかな行為だ
国をあげて緑を取りもどそうと、困難なたたかいに立ち上がった人びと
中国人は民族のエネルギーを結集して「緑の万里の長城」を築いている
砂漠に森を取りもどし、聖地に緑を復元したユダヤ人の意志と努力
半世紀前、このフルンゼが砂漠の町だったなんて信じられるだろうか
人間は、森をおそれ、森とたたかい、調和してきた

コメント

★申し訳ございません品切れになりました。

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

第13回 辻󠄀静雄食文化賞受賞!

全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理
全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協とれたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る