全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

農村文化運動174号 地域からの教育変革 ★品切れ

「校区コミュニティー」形成への試論

書誌詳細情報

農村文化運動174号 地域からの教育変革 ★品切れ

「校区コミュニティー」形成への試論

著者 尾木直樹
渋谷忠男
内山節
小林毅夫
嶋野道弘

定価 419円 (税込)

ISBNコード ZASSI54004022

発行日 2004/12

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5

在庫 なし

在庫切れのため、ただいまご注文いただくことができません。

この本のジャンル

解説

地域づくりと次代を担う子どもたちの教育は一体の問題である。それというのも、人びとの暮らしが商品経済に深く巻き込まれることによって、従来はそれなくして生活が成り立たなかった家族や地域のコミュニティーが弱体化し人びとが孤立してきたことと、子どもたちの教育が、地域の生活のための教育から産業に労働力を提供するための教育に変質したこと、そしてそれらの結果、社会全体が自然性や人間性を失い、病んできたことは、皆、同根から発しているからである。そこで本号では、学校を核に「校区コミュニティー」を再生し、地域に根ざした教育を創造していく道を探ることにした。

*

 本号の特集は、三部から成っている。

 第I部で、尾木直樹氏(臨床教育研究所「虹」所長・法政大学教授)は、今日の子どもたちや若い人びとのさまざまの問題状況がコミュニティーの弱体化という社会の構造的な変化に根ざしていることを明らかにし、地域の再生と学校の閉塞状況の打破を同時にすすめる方法としての「スクール・コミュニティー」構想を提起している。

 渋谷忠男氏(地域と教育の会・元代表)は、かつての地域共同体に埋め込まれていた、さまざまの自然体の子育ての場にふれ、子どもたちが一面的な学校的価値に支配されず、自然性や人間性を発現することの重要性について指摘し、地域が共同して力をつけていくことや、学校と地域が胸襟を開き、本音で対話しつつ地域の教育を創造していくことを提起。

 内山節氏(哲学者・立教大学教授)は、江戸時代における非文字の学問と文字の学問の併存、近代合理主義の浸透のなかでの前者の否定、共同体の弱体化に寄与した「自由な個人」という近代的市民社会の幻想、国家と共同体の関係など――、前の二氏の所論を深める形で、地域と教育について根源的に考察を加えている。

 第II部では、よりいっそう子どもの教育に引きつけて、小林毅夫氏(上越教育大学講師)には、近年の学力低下論に惑わされることのない、学力のたしかな把握の仕方や、地域に根ざした学習のカリキュラムの提起をいただき、嶋野道弘氏(文科省主任視学官)には、農文協が調査した鹿児島県や高知県の地域教育の実践についてコメントをいただいた。

 そして第V部は、岩崎正弥氏(愛知大学助教授)に、思想史的な立場から、地元主義の復権と教育の再生について書いていただいた。岩崎氏は、地元主義の日仏比較や、天皇制国家と郷土教育の歴史、江渡狄嶺の場の教育論の画期的意味など、興味深い提起をしてくださっている。

解説(詳細)

一、地域の未来を拓く学校づくり
     上越教育大学学校教育総合研究センター 小林毅夫
1 『村を育てる学力』から五〇年
2 学力向上は風土との戦いか?
3 地域の「らしさ」を生かした教育論
3 地域の「らしさ」を生かした教育論
5 佐渡を一つの典型・象徴として考える
6 佐渡版学力向上運動と総合的学習創造への取組み

二、鹿児島県・高知県での地域に根ざした食農教育の取組みから
     農文協教育雑誌編集部
     
1 むらおこしの力を「豊かな体験活動」に生かす――鹿児島県川辺町の事例
2 学校存続の危機をばねに、地域ぐるみの学校に――高知県南国市奈路小学校区の事例
3 地域にとって学校とは――二つの実践から

三、新しい共同体をつくる試み――二つの実践を読んで
     文部科学省主任視学官 嶋野道弘
1 学校の教育、地域社会の教育
2 地域のアイデンティティーの確立
3 活動の<場>と<機会>の充実
4 指導者の育成と確保
5 新しい共同体をつくる
6 地域の実態を見据えて

III 地元主義の復権と教育の再生
     愛知大学助教授 岩崎正弥
一、地元主義への視点
二、地元主義の日仏比較
三、〈囲い込む〉フランス対〈られる〉日本
1 所有意識の濃淡
2 流れる時間の違い

四、郷土教育、あるいは場の教育論
1 郷土をめぐる思想と教育
2 郷土教育を超えて――江渡狄嶺の「場の教育論」

五、教育と地域の再生――〈おさまりどころ〉の発見から

--------------------------------------------------------------------------------

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る