全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

人新世(アントロポセン)の地球環境と農業★3/13発売予定

書誌詳細情報

人新世(アントロポセン)の地球環境と農業★3/13発売予定

著者 石坂匡身
大串和紀
中道宏

定価 1,980円 (税込)

ISBNコード 9784540192128

発行日 2020/03

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 四六 232ページ

在庫 予約受付中

この本のジャンル

解説

1万1700年前からの地質時代区分「完新世」に1950年代からの「人新世」という新たな区分が必要と提唱されるほど、人間活動により激変する地球環境。その原因と結果を解説、立ち向かうため日本農業にできることは何かを明らかにする。「物質と生命の循環」の視角から、農業への環境支払い制度を確立し、持続的な農業農村をつくるためのビジョンを共有、地域で各種施策を総合化することが必要と説き、具体例として本来の畜産への回帰、木質バイオマスの健全な循環、気候変動に備えた水利システムの恒常的な見直しを提案。

著者

石坂匡身
1939年生まれ。元環境事務次官、中央環境審議会委員など

大串和紀
1950年生まれ。元九州農政局長、農村環境整備センター専務理事など

中道宏
1939年生まれ。元農水省構造改善局次長、日本農業土木総合研究所理事長など

目次

初章 限界値を超えた地球環境問題
第1章 「人新世」の地球環境問題の本質―物質と生命がともに循環しなければ地球環境は維持されない
第1節 いろいろな地球環境問題   
第2節 物質と生命がともに循環して地球環境は持続する   
第3節 なぜ対応が遅れたのか ― 気候変動を例に   
第4節 文明と環境   

第2章 文明が持続するための働きかけ  
第1節 環境と経済と社会の統合 ― SDGs   
第2節 人類が育んできた叡智を習う ― 日本からの発信   

第3章 私たちは地球環境問題に対応できるのか   
第1節 人口増加は止まるのか   
第2節 資源浪費型社会から脱却できるか   

第4章 環境倫理 どう考えていくべきか
第1節 環境倫理とは
第2節 これからの方向   

第5章 地球環境問題の最大の課題は農業   
第1節 農業と地球環境の密接なかかわり   
第2節 90億人を養えるのか   
第3節 国土に窒素・リンが溢れている   
第4節 生命が循環しなければ物質は循環しない   
第5節 気候変動による農業への影響   
    
第6章 健全で活発な農業生産を     
第1節 世界の食糧事情が緊迫するなかで国民を養っていけない   
第2節 日本の農業は物質と生命の循環を阻害している 
第3節 健全で活発な農林業生産が不可欠である   
第4節 いくつかの試みがあるが、進んでいない
第5節 施策を総合化する 
第6節 公的支援と社会資本整備
第7節 地域でコモンズを育み、ビジョンを共有する

第7章 農業から地球環境問題に展望を拓くいくつかの試み   
第1節 本来の畜産に可能な限り回帰する
第2節 木質バイオマスを健全に循環させる
第3節 気候変動に備え水利システムを恒常的に見直す   

終章 日本農業が先頭に立ち、地球環境問題に取り組もう   

コメント

★3/13発売予定

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る