全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

のり(接着剤【せっちゃくざい】)

イチからつくる

書誌詳細情報

イチからつくる

のり(接着剤【せっちゃくざい】)

著者 早川典子
宇健太郎
水上みのり

定価 2,750円 (税込)

ISBNコード 9784540191695

発行日 2020/01

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 AB 36ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

現在一般的につかわれているのりといえば化学的な「合成のり」がほとんどだ。この絵本では、主人公のこどもたちがおばあちゃんに教わりながら、お米や小麦粉から「でんぷんのり」をつくって障子の張り替えに挑戦したり、動物の骨から「ニカワ」をつくってうちわやミニあんどんをつくってみたりする。また、でんぷんのりやニカワが日本の伝統文化を支えてきたことも紹介。

目次

・やぶいちゃった障子の張りかえと、ごはんのなぞ
・お米や小麦粉からつくる〈デンプンのり〉
・〈のり・接着剤〉は、あらゆるところに使われている
・古くから〈のり〉として使われてきたウルシとニカワ
・紙や布を貼るための、水にとけるやさしいのり
・〈のり・接着剤〉には、どんな種類があるのだろう?
・なぜ、くっつくのか? そこにはいろんな力が働いている
・〈デンプンのり〉なら、イチからつくることができる!
・デンプンにタンパク質やウルシをまぜて使う
・ニカワって、ゼラチンのことだったんだ!
・デンプンのりや、ニカワは文化財の修復に大切なもの
・ニカワをつくってみよう!
・ニカワで、絵の具や墨をつくってみよう
・デンプンのりやニカワで、うちわの修理や行灯をつくってみよう
・イチからつくって、みえてきたこと

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る