全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

現代に生きる 大蔵永常

農書にみる実践哲学

書誌詳細情報

現代に生きる 大蔵永常

農書にみる実践哲学

著者 三好信浩

定価 1,728円 (税込)

ISBNコード 9784540181542

発行日 2018/08

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 四六 160ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

豊後国(現大分県)日田に生まれ、諸国の農業を見聞しながら、『広益国産考』『農具便利論』など膨大な農書を公刊した大蔵永常は、「江戸時代唯一の農業ジャーナリスト」と呼ばれている。永常は当時の米偏重の政策には頓着せず、商品作物と加工の奨励を軸に農民の「利」を徹底的に追求した。その足跡をたどりつつ、永常の実践哲学が現代の日田で生まれた大山の農業革命の牽引者・矢幡治美にどう引き継がれたかを描く。小量多品目栽培と六次産業化論の原点は江戸期にあった! 今村奈良臣さん(東大名誉教授、六次産業化論の提唱者)推薦!

著者

1932年大分県日田市に生まれる。1961年広島大学大学院教育学研究科博士課程修了。大阪市立大学助教授、広島大学教授、比治山大学学長などを経て、広島大学および比治山大学名誉教授、教育学博士。「産業教育史学研究」(風間書房、全13冊)により2014年度日本産業教育学会細谷賞(学会賞)。著書『日本のエンジニア教育――日本とイギリスのちがい』(1983年、中公新書)、『商売往来の世界―日本型「商人」の原像をさぐる』 (1987年、NHKブックス)、『日本の女性と産業教育―近代産業社会における女性の役割』(2000年、東信堂)、『渋沢栄一と日本商業教育発達史』(2001年、風間書房、=「産業教育史学研究」として全13冊刊行)、『日本の産業教育―歴史からの展望―』(2016年、名古屋大学出版会)ほか多数。

目次

序章 天領日田の精神風土
第一章 旺盛な著作活動
 1 「まめろしい」男
 2 農業分野をこえて多岐にわたる著作物
 3 著作物を分類し直してみると
 4 生涯の集大成としての『広益国産考』
 5 宮崎安貞との共通点と相違点
第二章 永常農書は何のために書かれたか
 1 飢饉の惨状と救荒の思い
 2 農民を「利」へいざなう
 3 「売れる」本を目指し、ビジュアルに
 4 著述家として生計を立てるために
第三章 農業技術をどう伝えるか
 1 農民の「自主性」への期待
 2 「地頭」のお世話
 3 「老農」が模範を示す
 4 働く女性の位置づけ
第四章 農書から拡張するジャンル
 1 「農書一三種」の構想
 2 百姓・町人の心得を語る「子育て書」
 3 日常の読み書きを助ける「簡易書簡書」
 4 勧善懲悪のエピソードを集める「教訓奇談書」
 5 コメ不作に備える「飢饉対処書」
 6 民間療法を集成する「薬方書」
第五章 技術論と道徳論の乖離をどうみるか
 1 技術論の先進性
 2 道徳論の保守性
 3 「体制」の中の農民像
 4 百姓の「学問」不要論
 5 石門心学との関係
第六章 広益国産考の近代性
 1 明治に残った永常農書
 2 永常農書の科学的合理性
 3 永常農書の経済的合理性
 4 研究者によって分かれる評価
第七章 現代農業に生きる大蔵永常の精神
 1 日田の矢幡治美――「ウメ・クリ植えてハワイへ行こう」
 2 大山の農業革命――少量多品目生産への転換
 3 高次元農業の展開
 4 農村の人づくり
 5 その後の曲折
 6 大蔵永常と矢幡治美をつなぐもの
終章 「農業商賈」としての大蔵永常
推薦の言葉 現代そして未来に引き継がれる永常の思想と実践 今村奈良臣
付録:日本農書全集に収録された大蔵永常の作品紹介
人名索引

解説(詳細)

【関連書籍】
「私の地方創生論」
「むらと家を守った江戸時代の人びと」
「棚田の歴史」
「物語る「棚田のむら」」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

追悼かこさとしさん
あそびの大事典

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る