全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

大麻(あさ)★5/27発売

地域資源を活かす 生活工芸双書

書誌詳細情報

地域資源を活かす 生活工芸双書

大麻(あさ)★5/27発売

著者 倉井耕一
赤星栄志
篠ア茂雄
平野哲也
大森芳紀
橋本智

定価 3,240円 (税込)

ISBNコード 9784540171147

発行日 2019/05

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B5 152ページ

在庫 予約受付中

この本のジャンル

解説

植物としての特性、無毒品種とちぎしろの開発、産業用大麻、利用の歴史、オガラ利用の懐炉灰、栃木県のほか屯田兵村の北海道、青森から鹿児島まで全国20道県の大麻の栽培・利用の歴史、栽培法、部位別の利用。

著者

篠ア茂雄(しのざきしげお/栃木県立博物館)
倉井耕一(くらいこういち/元栃木県農業試験場)
橋本智(はしもとさとし/栃木県立宇都宮白楊高校)
大森由久(おおもりよしひさ/日本大麻振興協会代表)
大森芳紀(おおもりよしのり/野州麻紙工房主宰)
平野哲也(ひらのてつや/常磐大学准教授)
赤星栄志(あかほしよしゆき/日本大学生物資源科学部研究員)

目次

もくじ
図解 大麻を利用した出土品の見られる遺跡一覧

1章 植物としての特徴
■植物としての大麻
●分類
●形状
●原産地と来歴
●品種
●無毒の品種「とちぎしろ」の開発
■日本における産業用大麻の普及のための品種問題
●栃木県でのアサの品種開発
【盗難防止を目的とした品種開発
【在来種と「とちぎしろ」のTHC含有量比較
●大麻取締法の運用上の問題点と対応策
【栃木県と他地域とのアサ栽培管理の違い
【盗難防止の法的根拠の問題点
【THCゼロ%品種の導入問題
●産業用大麻栽培の展望
アサについての記述がある農書一覧

2章 利用の歴史
●「麻」と「大麻」
●アサの繊維としての特性
●麻の利用の歴史
古代以前/古代/中世/近世/近代(明治〜戦前)/現代(戦後以降)
●野州麻の加工品
 精麻
  下駄の鼻緒の芯縄/綱・ロープ/凧糸/漁網・釣糸/織物/横綱/神仏具・縁起物/
その他の利用
  皮麻
  苧殻(おがら)
    建築材/懐炉灰/祭礼など
●その他の副産物
  オアカ(麻垢)/麻種/麻の葉/
囲み:大麻種の播種器

3章 各地の麻栽培 
日本各地の大麻生産と利用―その歴史を掘り起こす
●日本一のアサの生産地 栃木県(野州麻)
●屯田兵の生活を支えたアサ栽培 北海道
●東北地方北部のアサ文化 青森県・岩手県
●現代に伝わる麻織物 宮城県
●農書に見る江戸時代のアサ栽培 福島県 
●上質な糸を生み出す岩島麻 群馬県
●『和漢三才図会』に登場する甲州の白苧 山梨県
●丈夫な糸を目指して 信州のアサ作り 長野県
●栃木県に次ぐアサの生産地 岐阜県
●良質な上布を生み出す近江のアサ 滋賀県
●日本海の麻織物文化 日本海沿岸の各県
●西日本が誇るアサの生産地 広島県・島根県
●日本のアサの起源か 徳島県
●文化財を守る大分のアサ 大分県
●南九州地方のアサ作り 宮崎県、鹿児島県 熊本県
コラム:アサの播種器

4章 麻を栽培する 
栽培適地
【福島県―『会津農書』の指摘、山畑、昼夜温】
【宮崎県、長野県、熊本県―山間、風、水はけ、砂礫土】
【栃木県―ジャリッパ・ジャリッパタ】
・水田 
・採種圃場の場合
栃木県での栽培
 ●農業経営と生産暦
 ●土づくり
【キノハサライ】【堆肥づくり】【金肥の購入と肥料の配合】
 ●耕起―秋起こし(ユウバリ)、春起こし(ハルカキ)
 ●播種(アサマキ)―3月下旬〜4月上旬
 ●施肥(タイヒチラシ)
●中耕(アサカキ・アササクリ)―除草と土寄せ
●収穫(アサヌキ)―7月下旬〜8月上旬
●精麻にするまで―収穫した茎から繊維を取り出す
【湯かけ】【麻干し】【床臥せ(トコブセ)】【麻剥ぎ(アサハギ)】【麻引き(オヒキ)】
【精麻干し】【荷造り・出荷】
●種子の採取―麻種(オタネ)
コラム:描かれた麻栽培

5章 部位別の利用法 
大麻の茎を利用する―精麻・皮麻・麻垢・麻幹        
精麻・皮麻―茎の靭皮繊維                
■糸や綱・ロープ・網など
●下駄鼻緒の芯縄
●糸や綱など
 綱つくりのようす
●手綱や命綱
●大相撲の横綱
○横綱をつくる
●神具や縁起物、弓弦、建築材、調緒ほか】
●凧糸
●畳の経糸
●漁網・釣り糸
=======================
江戸時代後期における鹿沼麻の流通
―在村麻商人による麻と魚肥との相互流通 
●麻作農村の仲買商人による産地直送
●九十九里浜からの魚肥の直輸送
●浜商人の台頭による鹿沼直取引の成立
●鹿沼 板荷村福田弥右衛門の行商
=======================
■衣類・織物 
【奈良晒と野州麻】
【奈良晒の製作工程】
【蚊帳の生地】
■麻紙
●野州麻紙工房
【鹿沼市粟野地区と野州麻紙工房】
【麻紙の製造】
○麻紙の原料
○紙漉きの工程
麻幹 
■麻幹の利用
【屋根材としての利用】
【懐炉灰・花火など】
■懐炉灰の製造 
 原灰製造の手順 
コラム 麻の葉のデザイン
さくいん
参考文献

解説(詳細)

【関連書籍】
「苧(からむし)」
「棉(わた)」

「竹(たけ)」

「楮(こうぞ)・三椏(みつまた)」

コメント

★5/27発売予定です。

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る