全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

苧(からむし)

地域資源を活かす 生活工芸双書

書誌詳細情報

地域資源を活かす 生活工芸双書

苧(からむし)

著者 菅家博昭

定価 3,240円 (税込)

ISBNコード 9784540171130

発行日 2018/06

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B5 136ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

植物の靭皮繊維を利用するものとして、アサとあわせて東アジア一帯で利用されてきたカラムシ。植物としての特徴のほか、衣類、縄、紐、漁網などの利用歴史と栽培、繊維の取り出し、糸績みまでを栽培農家がまとめた。

著者

菅家博昭(かんけひろあき)、1959年福島県生まれ。福島県大沼郡昭和村にて農業自営。葉タバコ栽培を経て、現在はからむし栽培とかすみ草栽培。会津学研究会代表、昭和村文化財保護審議会委員長。日本フローラルマーケティング協会(JFMA)理事。

目次

1章 植物としてのカラムシ(カラムシの品種;国内での栽培研究)
2章 カラムシ利用の歴史(植物繊維の利用;植物繊維の利用―編みと織り ほか)
3章 カラムシを栽培する(カラムシを栽培する(福島県昭和村の場合)
カラムシ栽培農家の四季 ほか)
4章 カラムシの繊維から糸をつくる(写真図解 糸づくり(糸績み)
糸づくりを学びたい人のために―ワークショップ)

解説(詳細)

麻よりも薄く、肌合いがよく涼しい夏の衣服として、昭和前期まで新潟県などを中心に盛んに生産された上布。その原料がカラムシです。この本では、イラクサ科の多年草であるカラムシの植物としての特徴と分類からはじまり、衣料、紐や縄、編み物、織物、漁網まで様々に利用された歴史に触れ、かつての中心産地であった越後・米沢、最上(現在の大江町)奥会津などでの栽培の広がりを追い、カラムシの民俗伝承にも触れています。栽培については、福島県奥会津の昭和村で引き継がれてきた栽培法を中心に、繊維の取り出し方=「カラムシ引き」と細かい指先の作業となる「糸績み」までを詳述。さらにいまも栽培・利用している宮古島市・石垣市・台湾の取り組みも紹介します。

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

追悼かこさとしさん
あそびの大事典

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る