全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

ポストハーベスト技術で活かす お米の力

美味しさ、健康機能性、米ぬか、籾がら

書誌詳細情報

ポストハーベスト技術で活かす お米の力

美味しさ、健康機能性、米ぬか、籾がら

著者 佐々木泰弘

定価 2,700円 (税込)

ISBNコード 9784540151811

発行日 2016/10

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 216ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

米は収穫したときが最高の品質で、その品質をいかに保持して、食卓にまで届けられるかが大事。米の美味しさ、といわれるものの半分は収穫後(ポストハーベストの)技術が握っている。本書はこれまであまり紹介されたことのない米のポストハーベスト技術を取り上げ、美味しい米が食卓にまで届くまでを科学する。

著者

1942年、京都市生まれ。京都大学農学部卒。農水省の各試験研究機関で、主に米麦の穀類と飼料作物のプレ・ポストハーベスト分野の機械化研究に従事。2002年に退官。同年から潟Tタケ技術顧問(2016年から非常勤)。農学博士(京都大学)。
著書に、『農作業試験法』(農業技術研究協会)、『乾燥技術ハンドブック』(総合技術センター)、『生物生産機械学』『生物生産機械ハンドブック』(以上コロナ社)、『農学大事典』(養賢堂)、『農産物自動ラック施設研究の実際』(美味技術研究会選書2)などがある(いずれも共著・分担執筆)。

目次

第1章 米・ご飯のかたちと内部の特徴
第2章 米の栄養成分、古米化とは
第3章 米の美味しさを科学する
第4章 米と健康機能性、その強化
第5章 米の乾燥・調製・貯蔵と鮮度
第6章 米の精米・加工技術と美味しさ
第7章 米粉用米・飼料用米の新展開
第8章 米ぬかと籾がらの利活用、いろいろ

解説(詳細)

○イネの収穫後にフォーカス
 収穫するまでの技術をつづったイネの本は多い。しかし、収穫した後の乾燥・籾すり・精米(研米)・選別・貯蔵などを具体的に語った本は、専門書を除くとあまりなかったと思う。本書は、これまでお米の技術本としては、そのあまりなかったイネの収穫後(すなわちポストハーベスト)に焦点を当てた本です。

○おいしいおを米をきっちりおいしくするのが収穫後技術
 ではどうして米のポストハーベストなのか?
 じつはお米の品質というのは収穫時がベスト。その品質をいかに保持し、食卓にまで届けるかに、つくった農家は意を注ぎます。米のおいしさを決める半分は収穫後にあるといっても過言ではなく、その過程を担うのが乾燥から始まるポストハーベストの各技術です。『おいしいお米の栽培指針』(堀野俊郎著、1998年刊品切れ)という本がかつてありました。「おいしいお米の収穫後指針」もあっていいだろう―だったらそこに注目してちゃんと学び直してみようとしたのが本書というわけです。ポストハーベストの各技術と、それを支える基礎知識としての米の形態や栄養成分、おいしさ、機能性成分などが詳しく触れられます。

○新しい「収穫後技術」でお米の未来をひらく
 また本書ではもう一つ、従来のポストハーベスト技術に加えて、「新たな米をつくる」挑戦としてのそれも紹介されます。
 一つは、ぬか由来の機能性成分を取り込んだ、美味しさと健康を両立させた米の開発。二つには、需要に限りがある主食米だけでなく、粉砕や破砕によって小麦や輸入飼料の代替、いやそれを上回る素材での畜産利用。三つには、毎年持続的に産出されるぬかや籾がらの有効活用です。これらは皆、米が元々もっている「きほん力」。それを見直し、新しい調整加工技術によって活かしていく。そんな次世代ポストハーベスト技術も本書で提言しています。
 地域の米づくりを多様にして、農家・集落を元気にさせる。そんな可能性を感じさせる「収穫後技術」は、これから面白そうです。(編集部)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

祝!全共宮城大会
和牛の飼い方 コツと裏ワザ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る