全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

よくわかる イネの生理と栽培

書誌詳細情報

よくわかる イネの生理と栽培

著者 農文協

定価 1,620円 (税込)

ISBNコード 9784540142277

発行日 2018/06

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 128ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

定年帰農して始めたイネつくり、新規就農して始めた休耕田でのイネつくり、仲間と始めた趣味でイネつくり。これまでは借りることすら難しかった田んぼが、今では借り手を待っています。
さて、どうせイネをつくるなら、おいしい米を多収したいもの! 本書はその目的を目指して、水を張った田んぼで育つイネの力、水のある環境とイネの関係を解きほぐしながら、植え方、施肥、水管理など一つ一つの管理の意味とやり方を、名人たちの工夫と知恵も交えて、群落光合成の科学をもとに丁寧に面白く明らかにしていきます。

著者

農文協編
*協力者:岡島秀夫(北海道大学名誉教授)、本田強(宮城教育大学名誉教授)、大江真道(大阪府立大学教授)、森田敏(農林水産省技術会議)ほか多数

目次

中国から届いた 米超多収の噂
目次

第一章 米の収量限界はどれくらい?

第一話 米の中身はどこから来たのだろう
第二話 収量限界は反収一五〇〇キロあたり

第二章 そもそもイネという作物は

第三話 イネは二重人格者である
第四話 畑のイネ 田んぼのイネ
第五話 イネと水の相性を深掘りすると
第六話 田んぼがかかえる二つの矛盾
第七話 水はイネの生育を支配する

第三章  イネが吸う養分と からだの中でのゆくえ

第八話 イネはいつ、どんな養分を吸っているのだろう?
第九話 吸収された養分のゆくえ
第十話 主茎と分げつ茎は、本家と分家の関係
第十一話 下葉の影響はからだ全体におよぶ
第十二話 デンプン蓄積の三条件
第十三話 生育の時期と葉のはたらき

第四章 米のもとは光エネルギーであることを忘るべからず

第十四話 「青田六石米二石」の教え
第十五話 茎に蓄えたデンプンを有利に利用する技
第十六話 葉は主人公、籾は扶養家族
第十七話 光の当たりぐあいは立体的に
第十八話 多収を狙うほどに千粒重が重要に
第十九話 根の活力は下葉が支配する

第五章 美味しくて健康な、多収イネつくりへの誘い

第二十話 はじめチョロチョロ、後半勝負の施肥作戦
第二十一話 栽植密度を考える
第二十二話 水は生育調整の最大の武器
第二十三話 中干しの目的はまちがっている

第二十四話 出穂後の手の打ち方
「花水」の本当の意味

あとがき

解説(詳細)

【関連書籍】
「農家が教える イネつくりコツのコツ」
「新版 イネの作業便利帳」
「サトちゃんのイネつくり作業名人になる」
「イネの深水栽培」
「イネの高温障害と対策」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

追悼かこさとしさん
あそびの大事典

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る