全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

農・食・健康・むらづくりで新時代を拓く
「月刊「現代農業」を飾ったカリスマ人物伝フェア」

第2回 前田俊彦

田舎の本屋さん:前田俊彦

酒税法は憲法違反! ドブロクづくりに百姓文化の平等と自由を体現。飄々と反骨を貫いた不屈の「土」の人

田舎の本屋さん
田舎の本屋さん

マスコミも呼んで堂々のドブロク作り(1981年)

 「現代農業」のドブロク解禁についての論陣は筋金入りだ。「ドブロクつくりがなぜわるい!」という農文協の「主張」を掲げたのが、今から35年前の1975年(昭和50)3月号だった。つづいて同年5月号で前田俊彦氏らによる「ドブロクつくりがなぜわるい!」の第2弾。前田さんの主張は「つくる自由の回復運動――百姓自身の農耕文化を!」という思想性の強いもので、「酒税法は基本的人権の侵害である」と理をきわめて論じている。その反響は大きく、同年9月号では、「百姓による農業復興の思想」という11ページにわたる異例の長論説を書いた。

 1976年(昭和51)4月号からは、「隠れ思想を掘り起こす」という6ページ記事を3回にわたって連載した。「ゆい」や「いりあい」にといった「むら」(百姓)固有の仕組みに百姓自身の農耕文化、平等と自由の思想をみる前田さんの思想は、「現代農業」読者に広く迎えられ、カリスマ性を帯びてきた。

 以降、編集部によるドブロク解禁のキャンペーンはつづき、「実用特集 自分でつくる本物の酒」(1979年〈昭和54〉8月号)ではドブロク、焼酎、果実酒、乳酒のつくりの極意を載せ、実に30ページものスペースを割いた。この一連のドブロク解禁の主張をコンセプトにした単行本が前田俊彦編著『ドブロクをつくろう』(1981年〈昭和56〉)だった。

 本書発行の経緯については、『瓢鰻まんだら 追悼・前田俊彦』(発売・農文協、1994年〈平成6〉)で担当編集者が回想していて、発売直後の動きについて「発行になるやその反響はすごかった。共鳴の手紙、電話、もちろん注文も多かった。また、ドブロクのつくり方に対する質問が毎日のようにきた。そして、うまく出来たといってはわざわざお礼の電話をくれるのだった」と書いている。

 その後、前田さんは自分では飲まないにもかかわらず、ドブロクを自醸し、国税庁長官に招待状を送ってのドブロク利き酒会を催して、ドブロク裁判に関わっていき、最高裁まで約6年間争ったが敗訴になる(1989年〈昭和64〉)。

 しかし、手づくり酒に対する庶民の支持は圧倒的で、農文協からは手づくり酒の本が次々と発行されていった。『ドブロクをつくろう』は、発行から30年経った今でも「現役」で売れている。ちなみに、今年は、前田さんの生誕100年目に当たる。


まえだ としひこ(1909〜1993)
福岡県鞍手郡宮田町生まれ。戦前日本共産党に入党、治安維持法違反で入獄。戦後は39歳で延永村村長となる。合併に伴い村長を辞した後、小田実、開高健、鶴見俊輔氏らとベトナム反戦運動をともにする。70年代に入り三里塚空港反対闘争に関わり、77年三里塚に移住。市民、住民運動の現場を歴訪して「里」の思想を説き続けた「土」の人。

1993年、自宅の火事による突然の死を悼み、急遽出版。不屈の生涯と魅力ある人間像を有縁の人びとの証言で綴る。

前田俊彦追悼録刊行会 編 定価:2,621円
成田闘争や「ドブロク裁判」を闘い、反権力の一生を貫いた反骨の人前田俊彦の追悼文集。
カートに入れる

前田俊彦 編 定価:1,368円
酒税法は憲法違反、自家醸造が違法なのは日本だけ。ドブロク・焼酎・ワインの造り方も。
カートに入れる

前田俊彦 著 定価:2,160円
次女・賤さんが前田さんの死後にまとめた著作集。「人はその志において自由であり,その魂において平等である」―権力とたたかい、本当の自由とは何かを問い続けた反骨の精神。その「農」の思想の精髄を綴る。
カートに入れる

●酒造り指南 前田さんの遺志を受け継いで

ドブロクをつくろう実際編
笹野好太郎 著 定価:1,368円
家庭で楽しむ酒造りを網羅。蜂蜜酒、ワイン・ビール・ウイスキー、濁酒・清酒・焼酎まで。
カートに入れる

ワイン ビール 焼酎 麹・酵母つくりも
農文協 編 定価:1,296円
「どぶろくの農文協」がお届けする、どぶろく、ワイン、ビール、焼酎など、秋の稔りをさらに楽しく彩る自家醸造のすべて!麹づくり、もとつくり、仕込みの技のいろいろ、酒粕の活用法までを集大成。月刊『現代農業』をベースに、「聞き書 日本の食生活全集」、「食品加工総覧」から選りすぐりの記事を収録。
カートに入れる

貝原浩 編 新屋楽山 編 笹野好太郎 編 定価:1,471円
ドブロク造りは日本の文化。全国の農家・林家を訪ねる。今に残るその秘伝をイラストで伝える。

※在庫切れのため、ご注文いただくことができません。

貝原浩 著 定価:1,440円
長野の牛乳酒、千葉の発芽玄米酒ほか、世界の手づくり酒を取材し、その交流を綴った図解文集。
カートに入れる

本格ドブロクも指南
永田十蔵 著 定価:1,440円
手づくり酒の本の発行では独壇場を誇る農文協が、満を持して贈る日本初の清酒(日本酒)つくりの実用書。もちろん、伝統的な本格ドブロクのつくり方も詳述している。これで手づくり酒のすべてのジャンルが揃った。

※在庫切れのため、ご注文いただくことができません。

高千穂辰太郎 著 定価:1,080円
わずかな費用で蒸留装置を手づくりすれば、蔵元も保証する芳醇な焼酎が簡単に蒸留できる。
カートに入れる

仕込み2時間2ヵ月で飲みごろ
永田十蔵 著 定価:1,389円
ワインつくりは簡単だ。つぶして発酵させ、果汁を搾って静置するだけで美味なワインが完成する

※在庫切れのため、ご注文いただくことができません。

色・味・香りをたのしむ
橋本郁三 著 定価:1,409円
野生植物の持ち味を溶かしこんだ色・味・香り最高の酒。採集から熟成、楽しみ方まで紹介する。
カートに入れる

生きてる酒を手造りで
穂積忠彦 著 笹野好太郎 著 定価:1,676円
酵母が生きている手作り酒は健康に非常によい。体験的健康飲酒法と世界の「生きた酒」造り解説。
カートに入れる

●関連リンク

ルーラルネットの現代農業のページへ

2010.2.9

今日の一押し本

祝!全共宮城大会
和牛の飼い方 コツと裏ワザ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る