全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

残したい、活かしたい、蘇る幻の味
「伝統のご当地野菜・食材フェア」

伝統野菜に秘められた意外な「物語」。

田舎の本屋さん


かつて東京は野菜の名産地だった―早稲田も大学が出来るまでは一面の茗荷畑。今も有名な練馬大根、谷中生姜、小松菜の他にも、産地の名を冠した数多くの特産野菜があったのです。消えかかる個性的な伝統野菜に秘められた意外な「物語」。日本全国、地産地消の観点から見直されるそんな野菜や山、川、海の食材と、その個性を現代に生かす料理法を紹介した本を集めてみました。

◎『江戸東京野菜』を推薦します

三國清三 オテル・ドゥ・ミクニ
声を大にして言いたい。江戸東京野菜は僕が今、最も注目している食材です。

野永喜一郎 日本料理・ゆかり
江戸東京野菜は、粋な江戸っ子のたしなみだね。

江戸東京野菜 http://www.edotokyoyasai.com/
大竹道茂の江戸東京野菜ネット http://fv1.jp/ootake/
大竹道茂 著 定価:1,728円
江戸庶民や東京市民の食卓を支えてきたが、栽培が難しい、大量流通に向かないと、昭和50年代に登場したF1品種に駆逐され一度は姿を消してしまった江戸東京野菜。その個性ある野菜達を復活させた仕掛人が、江戸東京野菜とは何か、江戸100万人の食卓を支えたその歴史と現代の東京の地産地消を綴った。また食文化研究家の江原絢子氏との対談で、江戸東京庶民の野菜と中心とした食卓を明らかに。江戸東京野菜の物語りを知らずして東京を語るなかれ。
カートに入れる

大竹道茂 監修 定価:3,024円
江戸東京はかつて野菜の大生産地であった。加賀や京野菜に劣らない個性豊かな野菜が栽培され、参勤交代に伴って各地に種が広がった。その復活した江戸東京野菜17種の由来と栽培法、姿形、味覚をカラーで紹介。
カートに入れる

JA東京中央会(東京都農業協同組合中央会) 企画 定価:2,623円
都民が、江戸・東京農業の歴史をたずね、今日の東京農業の意義を理解するためのガイドブック。
カートに入れる

●全国個性派野菜・食材めぐり

なにわ特産物食文化研究会 編著 定価:2,829円
江戸時代以降"食い道楽"の町として栄えた大阪は多様な野菜産地。一時消えた伝統野菜を見直す。
カートに入れる

岩手食文化研究会 編集 定価:1,337円
岩手で食べ続けられてきた伝統的な食材のうちから継承すべき30品目を選定し、主な産地、特徴、歴史的な由来、代表的な栽培法、伝統的な食べ方と地域行事との関わり、おいしく食べるためのおすすめ料理を紹介する。
カートに入れる

飯山市「食の風土記」編纂委員会 定価:1,646円
冬の長い信州・飯山の暮らしにおいて豊かに育まれてきた食の知恵や技、おもてなしと結いの心を自給の風景が残っていた昭和30年代を舞台に、四季折々人生折々の情景の中に描く。地域版食生活全集の記念すべき第1号
カートに入れる

野菜園芸大百科 第2版
農文協 編 定価:9,772円
人気のハーブ、山菜、中国野菜など71種の原産と来歴、植物としての特性、栽培の実際を詳述。
カートに入れる

●伝統の素材を現代に生かす

地域食材大百科 2010年1月刊行開始

日本の食生活全集

日本の食生活全集
農文協 編 定価:149,148円
おばあさんからの聞き書きで、各県の風土と暮らしから生まれた食生活の英知、消え去ろうとする日本の食の源を記録し、各地域の固有の食文化を集大成する。救荒食、病人食、妊婦食、通過儀礼の食、冠婚葬祭の食事等。
カートに入れる

2009.11.16

今日の一押し本

カリスマ店長の本!
ドクター古藤(コトー)の家庭菜園診療所

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る