全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

季刊『うかたま』2020年冬号
で紹介したおすすめの本

季刊『うかたま』自社広告画像
特集、記事に関連した農文協の本や新刊を紹介しています。
ご注文は、この「田舎の本屋さん」からだけでなく、本誌巻末のとじ込みハガキ、FAX注文書でも承っております。


特集:これ、自分で直せます。/ふだん使いのオーブン
農文協 編 定価:817円
カートに入れる


内山節の最新刊と著作集

内山節 著 定価:2,750円
平明に哲学を語る著者が、自らの思想形成にかかわる古典50冊を「ローカル」な視点から読み解く。ジャンルは哲学・思想から政治・経済・社会、科学論・技術論・労働論、文学・紀行・評伝、宗教まで多岐にわたる。
カートに入れる

内山節 著 定価:46,200円
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:3,190円
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:3,190円
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:3,190円
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:3,080円
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:3,080円
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:3,190円
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:2,970円
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:2,970円
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:3,080円
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:3,080円
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:2,970円
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:3,080円
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:2,970円
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:3,190円
カートに入れる

内山節著作集
内山節 著 定価:2,970円
カートに入れる

菜園作りと石積みの本

うかたま Vol.57 p49で紹介
土つくり・タネとり・苗つくり
安藤康夫 著 定価:1,540円
カートに入れる

うかたま Vol.57 p49で紹介
種類別 野菜がよろこぶ育て方
安藤康夫 著 定価:1,650円
カートに入れる

菜園作りが楽しくなる本!

うかたま Vol.57 p122で紹介
家庭菜園はじめました
金田妙 著 定価:1,650円
カートに入れる

根っこから見た土の世界
村上敏文 著 定価:1,540円
楽しいまんがと図解で、土壌の化学基礎、診断データの測り方・使い方から、土の生きものと有機物、土づくりの実際まで、ビックリするほどよくわかる。根っこのルートさんがガイドする土のワンダーランドへようこそ!
カートに入れる

石積み・棚田の本

うかたま Vol.57 p52で紹介
真田純子 著 定価:2,970円
カートに入れる

百の知恵双書 1
千枚田はどうしてできたのか
TEM研究所 著 定価:2,934円
山の棚田も海の棚田も、自然と人が作った生きた文化財。暮らしの知恵や技術の発達を読み取る。
カートに入れる

*地域資源を活かす*
生活工芸双書

地域資源を活かす 生活工芸双書
吉原均 著 山崎和樹 著 川西和男 著 定価:3,300円
タデアイの植物特性、品種と栽培法、利用の歴史では阿波藍の歴史と製法を解明し、すくもの伝統技法を写真で紹介。ブドウ糖建てによる染料づくり、生葉、煮出し、たたき染め、ウール染め、型染めのほか重ね染も。
カートに入れる

地域資源を活かす 生活工芸双書
倉井耕一 著 赤星栄志 著 篠ア茂雄 著 平野哲也 著 大森芳紀 著 橋本智 著 定価:3,300円
植物としての特性、無毒品種とちぎしろの開発、産業用大麻、利用の歴史、オガラ利用の懐炉灰、栃木県のほか屯田兵村の北海道、青森から鹿児島まで全国20道県の大麻の栽培・利用の歴史、栽培法、部位別の利用。
カートに入れる

地域資源を活かす 生活工芸双書
森和彦 著 花井恵子 著 島田淳志 著 松下隆 著 大竹典和 著 吉田恵美子 著 福島裕 著 定価:3,300円
洋棉と和棉の違いなど植物的な特徴、16世紀〜江戸時代を通して庶民の衣生活を支えた棉の歴史、自給率0でも伯州綿や真岡木綿、会津棉、東北コットンプロジェクト等各地の栽培と綿繰りから織布まで利用の実際を収録。
カートに入れる

地域資源を活かす 生活工芸双書
内村悦三 著 近藤幸男 著 定価:3,300円
植物としての特徴、タケ林の管理・育成、縄文や弥生時代からの利用の歴史、アジアの竹工芸品、竹ひごから笊、籠の基本、竹トンボなどの玩具、竹垣、竹小舞、岐阜和傘、紀州へら竿、高崎竹皮編みなどの職人技も収録。
カートに入れる

地域資源を活かす 生活工芸双書
柳沢直 著 柏春菜 著 竹田勝博 著 松本八十二 著 定価:3,300円
カートに入れる

地域資源を活かす 生活工芸双書
菅家博昭 著 定価:3,300円
植物の靭皮繊維を利用するものとして、アサとあわせて東アジア一帯で利用されてきたカラムシ。植物としての特徴のほか、衣類、縄、紐、漁網などの利用歴史と栽培、繊維の取り出し、糸績みまでを栽培農家がまとめた。
カートに入れる

地域資源を活かす 生活工芸双書
田中求 著 宍倉佐敏 著 冨樫朗 著 定価:3,300円
楮、三椏、雁皮の栽培と植物繊維の特性、和紙利用の歴史、手漉き和紙の技法の基本をまとめた。
カートに入れる

地域資源を活かす 生活工芸双書
田端雅進 監修・著 室瀬和美 監修・著 定価:3,300円
植物的な特徴、縄文の漆利用、漆器、蒔絵等の漆工芸、樹液採取法、漆蝋、蜂蜜ほか漆の化学も。
カートに入れる

地域資源を活かす 生活工芸双書
八重樫良暉 著 五十嵐馨 著 猪ノ原武史 ほか著 定価:3,300円
植物としての特徴、生活と桐利用、栽培の実際、箪笥・下駄・小箱等の製作を職人から密着取材。
カートに入れる

日本の食生活全集

日本の食生活全集
農文協 編 定価:151,910円
おばあさんからの聞き書きで、各県の風土と暮らしから生まれた食生活の英知、消え去ろうとする日本の食の源を記録し、各地域の固有の食文化を集大成する。救荒食、病人食、妊婦食、通過儀礼の食、冠婚葬祭の食事等。
カートに入れる



『日本の食生活全集』の各巻はこちら

ふるさとの家庭料理

農文協 編 奥村彪生 解説 定価:55,525円
昭和初期、村々の台所で季節の巡りに合わせて作られ、食べられていた「地産地消」の食事を全国三百ヵ所で聞いてオールカラーで再現したおばあちゃんの自慢料理の数々。別巻に「祭りと行事のごちそう」を収録。
カートに入れる



『ふるさとの家庭料理』の各巻はこちら

うかたまバックナンバー


うかたまバックナンバーはこちら

2019.12.04

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る