全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →
農文協屋上菜園日記

農文協屋上菜園日記農文協屋上菜園日記

マコモってなんだっけ

2020年10月14日

「うっかり収穫し忘れてました」

園芸書Gのはやしくんがにわかに鎌を持ち出し、屋上へ消えたと思ったら

マコモを収穫していました。

おお!マコモか!マコモって何だっけ?

マコモとは、イネ科の水生植物で、株元の部分に菌が寄生し、ふくらんだところを食べるもの。このまま収穫せずに置いておくと、菌がいっぱいすぎて?爆発!?するとか?

マコモにもいろいろ種類があり、ふくらむものはマコモダケと呼ばれ、その辺の水辺にはふくらまないただのマコモが生えているそうです。

その菌っていったいなんなのか、爆発ってどんなふうに?ただのマコモはいつまでたってもただのマコモなの?可食部がちょっぴりすぎやしないか、、初心者にとっては謎ばかり。不思議な植物ですね。

「それはですね」と、収穫を邪魔されているのに質問に丁寧に答えてくれた、『新特産 マコモタケ』担当編集者。

 

「食感はたけのこ、味はえりんぎといわれます」と聞き、そんなことある…?と疑いつつ食べてみたら、たしかに。うっすらと甘みを感じましたが、ちゃんと育てられたマコモはもっと甘いのだそうです。しかも生で食べてしまいましたが、加熱したほうがやはりおいしいとのこと。

バケツイネのように育てられるので、ベランダや屋上菜園にぴったりですね。

 

 

ご挨拶ご挨拶

こども農業雑誌『のらのら』編集部がお届けするブログ。
東京・赤坂にある農文協本部ビルの屋上菜園のようすや、編集部が各地でゲットした旬の話題をお届けします。
屋上菜園では、職員の趣味のクラブ「園芸部」が、イネや野菜、花、果樹などいろいろな植物をそだてています。

目次目次

バックナンバーバックナンバー

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る