全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →
農文協屋上菜園日記

農文協屋上菜園日記農文協屋上菜園日記

東京で、初雪

2016年11月24日

寒気が入り込み、今朝は全国的に一番の冷え込みに。赤坂も、朝から雪の降る一日でした。都心で11月に初雪が観測されたのは、1962年以来のなんと54年ぶりなのだそうです。今年は、いつもより寒い期間が長い冬になるのかな・・・。

赤坂の屋上菜園も、うっすら雪景色に。

 近くの一ツ木公園に群生しているヒヨドリジョウゴの赤い実にも、みぞれが。雪が降り積もっていたら、クリスマスカラーでもっとお似合いでしたね(か)

 

農業書センターでつくろう! ワラのお正月飾り

2016年11月14日

『つくって楽しむ わら工芸』の出版を記念して、東京・神保町にある農文協 農業書センターでワークショップを開催します。

つくるのはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たった30本のワラでできちゃう、お正月のしめ縄飾りです。

教えてくれるのは、『つくって楽しむ わら工芸』を編集した瀧本広子さん。
来年は、手づくりのオリジナル飾りでお正月を迎えませんか?

ワラは農業書センターで用意しますので、当日はハサミとエプロンを持ってお越しください!

お申込みは、農業書センター(下記参照)まで。

こどもから大人まで、ぜひぜひ皆様のご参加をお待ちしています

【募集の詳細】
日時:2016年11月26日(土曜)午前10時〜
 ※制作にかかる時間は1時間程度です。

参加費:1人500円(材料費込み)
持ち物:ハサミ、エプロン(または汚れても良い服装で)
募集人数:10人程度

【申込・問い合わせ先】農文協 農業書センター
☎03-6261-4760 FAX 03-6261-4761
住所:東京都千代田区神田神保町2-15-2 第1冨士ビル3階

 


 

おすすめ本 〜今日の一冊〜

つくって楽しむ わら工芸つくって楽しむ わら工芸 料理とワラ加工料理とワラ加工

『のらのら』2016年冬号ができました

2016年11月9日

のらのら』2016年冬号が発売になりました!

テーマは、「やるぞ!開墾 〜荒地や庭と畑に」

「開墾」というと、広大な荒地に重機を入れて……というイメージを抱きがちですが、のらのら的開墾は、ちょっとちがいます。

資金も、腕力も、大きな機械もないけど、時間はわりとある。そんな読者のみなさま(という想定のもと)が、それぞれの目の前にある「荒地」もしくは「荒れてないけど畑じゃない場所(庭や駐車場)」を畑にしたい!と思ったとき、どんな問題に直面するのか……

のらのら的開墾では、まず「開墾」って何?というところから始まり、いつものように微生物や植物の力を借りる方法や、身近なところからコツコツ手を動かす方法など、楽しく元気にマイ畑への道を目指す方法を満載しています。

開墾なんて大それたこと……と思ったあなたも大丈夫!『のらのら』はなんといっても“こども農業雑誌”ですから、ユンボもパワーショベルもでてきません〜



※お詫びと訂正
『のらのら』冬号23ページに次の誤りがありました。
「わたしの穴掘り開墾記」の記事のなかで、雑草堆肥づくりを説明する写真のキャプション中、「穴を掘って、草を油粕と一緒に積んで上からビニールをかぶせ、ひと冬置くだけ」という表記がありますが、「油粕」は「米ヌカ」の誤りです。
お庭でできる開墾のアイデアを紹介した記事ですが、雑草堆肥をつくる際、「油粕」を使ってしまうと、においがきついなど、一般住宅でおこなうにはふさわしくないとのことです。取材にご協力いただいた中村さんに事前にご指摘いただいておりましたが、編集部のミスで誤った表記を残してしまいました。訂正しお詫び申し上げます。

おすすめ本 〜今日の一冊〜

のらのら2016年冬号 no.21のらのら2016年冬号 no.21

秋のイチゴ

2016年11月8日

寒くなってきましたね。

仕事をしていても、足元がヒエヒエします。
 
屋上菜園では、早くも四季なりイチゴが実をつけはじめました。
まずタネから赤くなるんだなあ。
 
 
さらに色づいた姿がこちら。
お味も甘くておいしい!
 
 
こちらのイチゴ、名誉顧問が千葉県内のホームセンターで苗を買ったもので、品種を「純ベリー2」というそうです。
育成したのは、東京都八王子の農家、山口照男さん。
病気にかかりにくい丈夫な株を選抜した、つよい品種なのだそうです。
味もばっちりですよ。
 
イチゴの実が赤く実るためには、花が咲いたときの受粉がかかせません。
プロの農家は、ビニールハウスの中でミツバチを飼ったりしますが、
屋上菜園では、この子が受粉にきてくれました。
 
もっと近くで見ると……
 
あら〜ちっちゃくてかわいい〜〜〜!
イチゴの小さい花の中におさまってしまうほどのミニサイズ。
眼の前にある、黄色いくてまるっこい触覚も愛らしいですね。
ツヤツヤピカピカしてて、すらっとスリムな体もステキ。
虫好きの私としては萌え萌えです。
 
調べてみるとどうやらヒメヒラタアブのメスのようです。
確かに、ふつうのヒラタアブよりも一回り小さいかも。
ヒラタアブの幼虫は、害虫のアブラムシを大量に食べてくれる天敵としても有名ですね。
もうすぐ冬。屋上菜園の花で、少しでも冬越しの食料が確保できますように。
 
 
「のらのら」2016年秋号では、ペットボトルをつかった窓辺のイチゴ栽培を紹介していますよ。
窓辺のシクラメンの横で、イチゴも育ててみませんか?
冬のうちから収穫できます!(ま)
 

ご挨拶ご挨拶

こども農業雑誌『のらのら』編集部がお届けするブログ。
東京・赤坂にある農文協本部ビルの屋上菜園のようすや、編集部が各地でゲットした旬の話題をお届けします。
屋上菜園では、職員の趣味のクラブ「園芸部」が、イネや野菜、花、果樹などいろいろな植物をそだてています。

目次目次

バックナンバーバックナンバー

今日の一押し本

カリスマ店長の本!
ドクター古藤(コトー)の家庭菜園診療所

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る