全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →
農文協屋上菜園日記

農文協屋上菜園日記農文協屋上菜園日記

めずらしいオクラのはんこ

2016年8月5日

これは、消しゴムはんこではなく、オクラの断面を利用した“天然のはんこ"です。

かわいい花模様❤❤コスモスみたいにも見えます。

でも、「あれ?これがオクラ?オクラって型のはずでは?こんな感じの↓」と思いますよね。

そう、普通は五角形ですが、今回はんこになったオクラは、角を数えてみると…10角! 「ダビデの星」という品種で、イスラエルが原産といわれているちょっとめずらしいオクラです。

実と葉っぱはこんな感じです。

※「ダビデの星」の花の写真や、オクラのネバネバのお話など、『のらのら 8号』(2014年秋号)の52〜55ページに載っています!

 

 

おまけ:1週間ほど前のことですが、屋上に赤とんぼ発見。真夏ですが、綺麗な赤色に、少し秋を感じました(か)

 

ミツバチイベント、開催!

2016年8月3日

 いよいよ8月。夏休みまっただなかです。

こどものみなさん、元気にあそんでいますか?
大人のみなさん、夏バテしていませんか?
 
さて、じつは昨日8月2日(ハニーの日)、神保町にある農文協直営書店「農業書センター」で、ミツバチをテーマにこどもたちの夏休み自由研究応援イベントが開催されました。
 
こちらのイベントは、「毎日小学生新聞」と「のらのら」編集部の共同企画。
農業書センターで飼っている西洋ミツバチの巣箱の中を見せてもらい、ハチミツ搾りやみつろうキャンドルづくりも体験しちゃおう!というぜいたくなイベントです。
 
毎日小学生新聞での募集は大人気!高い倍率をくぐりぬけ、選ばれたこどもたち15人が集結しました。
まずは、ミツバチのくらしについてのかんたんな説明(「のらのら」もしっかりPR)
 
次に、農業書センターのバルコニーに出て、養蜂家の荻原健一さんから、巣箱の中を見せてもらいます。
女王バチ、見つかったかな?
 
農業書センターの店内では、ミツロウキャンドルづくりに挑戦。
湯せんでミツロウを溶かし、お菓子用のシリコンカップに注いで固めます。
 
 
ミツロウの中に、クレヨンを薄く削ったものを入れて溶かすと、色もつけられるんですよ。
 
くまモンのでべそロウソクが完成!火をつけるとおなかが熱そう……
 
こちらの女の子がつくったのは、金魚鉢風ロウソク。かわいい!
 
 
続いて、遠心分離機をつかったハチミツ搾り。
荻原さんが、蜜のいっぱい詰まった巣枠を分離機に入れます。
 
ハンドルを回すとふわ〜〜っと広がる蜜の香りに、歓声が上がります。
 
巣のはじっこを味見。おいしい〜〜〜!けど、ミツロウがガムみたいに口のなかに残るみたい。
 
ひとり1ビンずつ、ハチミツをお土産に詰めてもらいました。うれしいね!
 
最後は、養蜂家の松丸雅一さんへの質問タイム。
松丸さんは、千葉県市川市を拠点に養蜂業を営む、プロの養蜂家。
荻原さんの師匠でもあり、特別に今日は駆けつけてくださいました。
 
 
こども「ハチに刺されませんか?」
松丸さん「もちろん、よく刺されるよ。スズメバチに刺されるとすごく痛いけど、もうミツバチに刺されても何とも思わなくなっちゃった」
 
こ「雨の日はミツバチはどうしているんですか?」
松「羽が濡れるとうまく飛べないし疲れるから、雨の日はあまり外に出ないで、巣箱のなかにいるよ」
こ「雨の日は、食べものはどうするの?」
松「はちみつや花粉を巣の中にいっぱい蓄えているから、外に出られなくてもひもじい思いはしないんだよ」
 
お母さん「どうして養蜂家になったんですか?」
松「もともとうちは果樹農家で、受粉にミツバチをつかっていました。納屋の外に空きの巣箱をたくさん重ねておいたら、ある年、日本ミツバチが4群ぐらい住みついたんです。そのうち1群が、秋に箱を持ち上げたらずっしりするくらい、たくさんのハチミツを蓄えてくれた。そのときにすごくうれしくて、ミツバチに興味を持ちました。
その後、役所からミツバチの駆除を頼まれたりして、回収したミツバチの群を飼育するうちに、どんどん増えていったんです」
 
ちなみに荻原さんのほうは、勤めていた会社を定年退職してからミツバチを飼い始め、自宅近くの板橋区内で40群以上飼っているそうです。
「もっとはやくミツバチに出会っていればよかった! 勤め時代の仕事より何倍もやりがいがあります」と荻原さん。
 
このイベントのはじめに、ミツバチを飼ってみたい人は?とこどもたちに聞いたら、ほぼゼロでした。
荻原さん、松丸さんが語る養蜂の魅力を聞いて、いつか飼ってみたいな、と思ってくれたらうれしいですなあ。
 
最後にみんなで記念撮影!
 
みんな、これからもミツバチのこと、いっぱい調べてみてね!
 
農業書センターには、荻原さんのミツバチ巣箱がいつも設置されています。
見てみたい方はお気軽に店長にお声かけくださいね(ま)。
 

ご挨拶ご挨拶

こども農業雑誌『のらのら』編集部がお届けするブログ。
東京・赤坂にある農文協本部ビルの屋上菜園のようすや、編集部が各地でゲットした旬の話題をお届けします。
屋上菜園では、職員の趣味のクラブ「園芸部」が、イネや野菜、花、果樹などいろいろな植物をそだてています。

目次目次

バックナンバーバックナンバー

今日の一押し本

カリスマ店長の本!
ドクター古藤(コトー)の家庭菜園診療所

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る