全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →
農文協屋上菜園日記

農文協屋上菜園日記農文協屋上菜園日記

真冬に麦の穂

2016年1月21日

新年初の更新となりました。

みなさま、今年も屋上菜園と「のらのら」をどうぞよろしくお願いいたします!

 
今年は暖冬?といわれていましたが、
今週は東京でも雪が積もるなど、ようやく冬らしい気候になってきました。
そんな中、屋上で発見したもの。
 
 
!!
 
 
小麦の穂じゃありませんか!
こんな真冬に、もう出ちゃったの?
 
もう少し引いた写真がこちら。
 
あらあら、茎がすっかり伸びて。
こちらの小麦は、昨年の10月に読者プレゼント用のタネの発芽率を確かめるために試験的にまいたもの。
タネをまいた編集部のKさんはその存在すら忘れていたのですが、園芸部名誉顧問が大切に育ててくれていたのです。
 
関東地方ではふつう11月に麦のタネをまき、冬は地を這うように過ごし、3〜4月に茎が伸びて花が咲き、5月に実ります。
屋上で11月にまいた大麦たちは、今こんな感じ。
うん、地べたに這いつくばる様子が冬らしい。
 
冒頭の麦はタネまきが早すぎたのと、暖冬の影響か、成長が進んで真冬に小さな体で結実してしまったようです。
それにしても、麦って本当に寒さに強いのですね。
あの雪の中、こんなに青々と、立派な穂を実らせていたとは。
 
「のらのら」最新号の2015年冬号では、麦の特集をやっています。
麦はイネよりもずっと簡単に栽培できて、麦茶や麦ごはんやクッキーなどを意外と手軽に自給できちゃいます。
栽培から加工・料理のアイデアまで、じねん道さん監修でわかりやすく紹介している保存版!お手元に置いておいてもらえると、きっとお役にたつとおもいます♪
 
こんな素敵な麦ワラ飾りのつくりかたも載っています。
麦ワラがなくても、プラスチックのストローでもかんたんにつくれますよ!(ま)

おすすめ本 〜今日の一冊〜

のらのら2015年冬号 no.17のらのら2015年冬号 no.17 麦わらの絵本麦わらの絵本

ご挨拶ご挨拶

こども農業雑誌『のらのら』編集部がお届けするブログ。
東京・赤坂にある農文協本部ビルの屋上菜園のようすや、編集部が各地でゲットした旬の話題をお届けします。
屋上菜園では、職員の趣味のクラブ「園芸部」が、イネや野菜、花、果樹などいろいろな植物をそだてています。

目次目次

バックナンバーバックナンバー

今日の一押し本

祝!全共宮城大会
和牛の飼い方 コツと裏ワザ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る