全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →
農文協屋上菜園日記

農文協屋上菜園日記農文協屋上菜園日記

屋上の食虫植物

2015年8月31日

急に下がった気温は、週末もそのまま。
夏はこんなにあっさりと終わるものだったっけ?

この方も久々に顔をだしました。

「生きていたのか!」と何人にも驚かれながら、涼しい顔。やはり外来生物はしぶといですね。



そんななか、「未確認植物発見!」の声を聞きつけ、屋上へ急行!
何じゅー年も屋上を見守っている名誉顧問さえ見たことがないという、こちらの水生植物。

細い茎の先に黄色いかわいい花。
なんだろうと調べるまでもなく、正体はすぐに判明しました。


「あっこれは食虫植物ですよ」
屋上に居合わせた、農業・園芸書グループの林君です。

なにっ食虫植物ってあの、虫を食べる物騒なやつ?ぜんぜんそんなふうには見えないけど?
名誉顧問の言葉には素直に、ふむふむ、へえ〜となりますが、年下の後輩の言葉はまず疑ってかかるという根性悪な先輩です。

なんでもタヌキモ(別名ミミカキグサ)という湿地に生える植物で、水中でミジンコなどの虫をつかまえるのだとか。

林君は学生時代に湿地の植物をいろいろ調べていたらしく、これが水生環境の指標植物になることや、同じく水生の食虫植物で「ウサギゴケ」というのが園芸店で大人気だということも教えてくれました。
ちなみにウサギゴケは、外来種とのことです。


後日名誉顧問が撮影してくれた写真です。とても小さな袋が根のほうについていました。
水中の部分が枝分かれして発達し、そこに袋がたくさんつくようです。


水生の食虫植物があるなんて、知りませんでした。
調べてみると、ボーフラや、発生直後のオタマジャクシを食べるやつもいるようです。いったいどんな袋を持っているんでしょう。

植物の世界は広くて深いですね。詳しい人が近くにいると、世界は日々広がります。(な)




 

この茎なんだ?

2015年8月25日

台風15号が西日本で猛威をふるっていきました。

台風が通過した地域の皆さんに心よりお見舞い申し上げます。
鹿児島出身の私は、故郷が心配で昨夜はなんだか眠れませんでした。
 
 
「これ、何でしょう?」
 
ボーッとする私の前に、園芸部名誉顧問がおもむろに3本の棒を手渡しました。
ツヤツヤの茎、かた〜い表皮。
あれ、こんなの屋上に生えてたっけ……?
 
私「う〜ん、サトウキビ!」
顧問「残念」
 
正解は……こちら!
 
なんと、トウモロコシの茎でした。
名誉顧問によると、最近の甘くて柔らかいスイートコーン種ではこういう頑丈な茎にはならないそうです。
上の写真のモチトウモロコシのような、実の硬い昔の品種ならではの茎なんだとか。。
 
 
それにしても、この硬くて美しい棒、何かに使えないかしらねえ。
屋上でひとり思案していると、タイミングよく現代農業チームのユカちゃんが現れました。
ユ「え、これトウモロコシなんですか!こんなに硬かったら牛は食えないだろうなー(←さすが畜産担当)。なんだかこの節の部分が竹みたいですね」
私「たしかに!そうか……竹といえば」
 
 
「えーいい!」
「やーーー」
 
竹といえば竹刀。竹刀といえばチャンバラ。
というわけで、運悪く近くを通りかかったヤスハラくんを巻き込んでチャンバラをやってもらいました。
(ヤスハラくんのほうが年上なのに、腰が引けております)
 
ヤ「先輩、これ、表面は硬いけど中はもろそうですよ。本気でやったら折れるんじゃないですか」
私「むむ、そうなのか」
 
 
茎の断面をよーく見ると、たしかに弾力のあるスポンジ状になっています。
指で押してみると、硬めの発泡スチロール的な感触。
竹のようなカチコチ感はありません。
もしかしたら、牛も食えるかも。
 
ちなみに、モチトウモロコシといえば、少し前にNHKで放送された「限界集落株式会社」というドラマのなかで、主人公が店長をつとめる直売所で爆発的に人気が出た様子が放送されましたね。
ねっちりもっちりとした食感と、焼きトウモロコシにしたときの香ばしさが、なんともいえずおいしいんです。
 
このモチトウモロコシのタネ、神保町の農業書センターで販売しているんですよ。
先日このブログでも紹介した、自然農を実践する「じねん道」さんがタネとりされたものです。
乾燥にも草にもつよく、そだてやすいモチトウモロコシのタネ。
ぜひ、そだててみてくださいね。茎も使えるかも!(ま)
 

おすすめ本 〜今日の一冊〜

のらのら2015年春号 no.14のらのら2015年春号 no.14 トウモロコシの絵本トウモロコシの絵本

夏休みは農業書センターへ

2015年8月19日

 お盆も過ぎ、涼しい風とともに恵みの雨が降った東京です。

こどもたちの夏休みも、もうすぐ終わりですね。
宿題や自由研究、おわったかな?
 
さて、今年の夏の思い出に、家族で農業書センターへいらっしゃいませんか?
じつはいま、とっても素敵なフェアを開催中なんです。
こちら!
 
農業書専門店の夏のイベント!
こども百姓展&緑の暮らしフェア
 
 
 世界一小さいお百姓「一反百姓」として、自然農法と自然な暮らしを楽しむ「じねん道」こと斎藤家ののらガール、彩葉(いろは)ちゃん(7歳)とのらボーイ風禾(ふうか)くん(4歳)が、一家の暮らす茨城県阿見町の農村風景や家族4人の日常を描いた作品展。
じねん道の斎藤博嗣さんと裕子さんは、あの福岡正信さんに直接自然農を学んだご夫婦なんです。
自然農を家族で実践しながら、野菜やタネ、野草茶などの加工品を販売されています。
 
そして、そのご夫妻のこどもたちの絵が、とってもセンスいいんです!
 
大きな大きなヒマワリのまわりには、小人たちが。
(なんと迫力のある構図!)
 
ひょうたんに描かれているのは、お父さんの似顔絵かな?
後ろのカボチャの絵もおしゃれです。
 
これらはほんの一部。
彩葉ちゃんと風禾くんの絵や工作が、お店入口階段を埋め尽くしてとっても賑やか。 
日々、田畑や山を駆け巡っている姉弟ならではの、自然の魅力あふれる作品群に、おどろきます。
ぜひお楽しみください。
 
 
店内のフェアコーナーでは、「じねん道」のみなさんが自然農法で10年かけてタネとりを続けてきた野菜や麦、緑肥のタネ、野草茶などの農産加工品、それに自然素材の雑貨なども販売。
 
秋まきの麦など、品揃えは豊富。
自然農法で鍛えられた貴重なタネたちは、無農薬でも力強くそだってくれるそうです。
 
クラフト用のかわいい木の実たちもあります。
手づくり野草茶もおすすめですよ! 
 
フェアは22日土曜日が最終日。
21日と22日は、「じねん道」一家も農業書センターに登場します。
ぜひお見逃しなく!(ま)
 
---------------------------------------
こども百姓展&緑の暮らしフェア
場所:農文協・農業書センター
    東京都千代田区神田神保町2-15-2 第1冨士ビル3階
会期:7月27日(月)〜8月22日(土)
営業時間:平日 10:00〜19:00/土曜/11:00〜17:00/休業 日・祝祭日 
 
一反百姓「じねん道」http://blog.goo.ne.jp/hootenfarmer
 
●「じねん道」登場予定の日時
21日(金)10〜12時、13〜18時
22日(土)11〜17時 

おすすめ本 〜今日の一冊〜

のらのら2015年秋号 no.16のらのら2015年秋号 no.16 ムギの絵本ムギの絵本

ご挨拶ご挨拶

こども農業雑誌『のらのら』編集部がお届けするブログ。
東京・赤坂にある農文協本部ビルの屋上菜園のようすや、編集部が各地でゲットした旬の話題をお届けします。
屋上菜園では、職員の趣味のクラブ「園芸部」が、イネや野菜、花、果樹などいろいろな植物をそだてています。

目次目次

バックナンバーバックナンバー

今日の一押し本

カリスマ店長の本!
ドクター古藤(コトー)の家庭菜園診療所

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る