全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →
農文協屋上菜園日記

農文協屋上菜園日記農文協屋上菜園日記

春はまだ?

2015年3月6日

なんだか春めいてきたと思ったら、またまたブルブルふるえる寒さがやってきたり。毎年のことながら、なかなかじれったい季節です。

屋上に上がってみると、むざんな姿のハクサイを発見。

おなかをすかした鳥にやられたようです。
マンガみたいな食べっぷり。二羽がそれぞれ食べた?それとも一羽が一心不乱に食べ続けて貫通した…?


こちらは、収穫後、水をはったままにしたバケツイネ。


のぞいてみると、寒さにも負けず、ミジンコたちがあわただしく活動していました。

冬に気温が下がり、水がなくなったりすると、土のなかで卵の状態で休眠するそうですが、ずっと水が張っている場所では、眠らず活動し続けるのでしょうか。エサはあるのでしょうか。


そのむかし、メダカのエサにするためにミジンコを飼いましたが、ミジンコをながめているとなんだかおもしろいので、市販のメダカのエサを買ってミジンコを飼育するという、本末転倒もはなはだしいことをやっていたことを思い出しました。
 


赤坂にそびえたつ高層マンションと、捕獲されてあわてるミジンコ。
いいお土産ができた…週末はこれであそぼう…

 

 


ハクサイをよく見ると、あら!あんなふうに食べられたのに、中で新芽ができている。
春近し!(な)

ご挨拶ご挨拶

こども農業雑誌『のらのら』編集部がお届けするブログ。
東京・赤坂にある農文協本部ビルの屋上菜園のようすや、編集部が各地でゲットした旬の話題をお届けします。
屋上菜園では、職員の趣味のクラブ「園芸部」が、イネや野菜、花、果樹などいろいろな植物をそだてています。

目次目次

バックナンバーバックナンバー

今日の一押し本

朝日新聞6/11書評掲載!
世界の田園回帰

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る