全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →
農文協屋上菜園日記

農文協屋上菜園日記農文協屋上菜園日記

ふゆのおとずれ

2014年11月15日

園芸部長の和田さんから、またまたびっくりな写真を見せてもらいました。

雪虫です。


昨日、農文協の近くにある公園の階段の手すりにとまっていたのだそうです。

雪虫って、東北や北海道では「冬を告げる虫」と言われてよく見かけるようですが、東京でも見られるなんて。


そのふわふわした羽から、「雪虫」という呼び名がついていますが、本当の名前は「トドノネオオワタムシ」というそうです。

なんと、アブラムシの仲間。

その生態もアブラムシに近く、春、卵が生まれたあと、秋に雪虫になるまで、何度も世代交代をします。

どういうこと?

つまり、春に生まれた卵は、雪虫にはなりません。

???もっとわかりにくいですね。


雪虫は、春に卵で生まれたあと、こどもを産んで、その子がまたこどもを産んで…と繰り返し、秋の雪虫になるのです。

雪虫の一生(ざっくり)


【春】
卵から虫が生まれ、脱皮を繰り返して大きくなる。
ちなみに生まれるのは全部メスで、「幹母(かんぼ)」という。

【春の終わり】
幹母がこどもを産む。卵じゃなくて、虫を産む!
これも、全部メス。
こどもを産むと、幹母は死んでしまう。

【夏のはじめ】
幹母のこどもたちが脱皮して成長し、秋に見る雪虫にそっくりな「初夏の雪虫」になる。

【夏】
初夏の雪虫(幹母のこども)がこども(幹母の孫!)を産む。またまた、卵じゃなくて、虫を産む。
またまた、これもすべてメスで、羽はない。

この、幹母の孫も脱皮して成長し、またこどもを産む。さらにその子がまたこどもを産んで…どんどん数が増えていく。(全部、メス)
これは全部、木の根元、地面の下で起きていること。(木の根から樹液を吸って生きている)


【秋】
どんどん増えるなかから、羽を持つ虫がでてくる。これが、雪虫。
そして、こどもを産む。ここでやっと!メスとオスを産む。

生まれたメスとオスは、数日のうちに脱皮して成虫になり、交尾をし、オスはすぐに、メスも卵を産むと死んでしまう。

こうしてできた卵は、冬を越す……


なんてドラマチックないきざま!


(交尾をしないで生まれるこども、というのは、「クローン」と言ったほうがいいかも)



同じ日に同じ公園で咲き始めていたビワの花


「コスモスの花が咲くと マッタケが出始める」というように、

自然界の変化を利用して、季節の変化を知る「自然暦」がありますが、「ビワの花が咲き始めると 雪虫が飛ぶ」といった自然暦が関東でも生まれるかも?(な)

 

ちゅん

2014年11月13日

 晩秋の屋上。

バケツイネのひこばえが穂をみのらせています。
今年はイネのスズメよけに、「のらのら」2014年秋号で紹介されていた「ふわっと蝶鳥」なる高級ネットを使ってみたのですが……惨敗。
ネットの下からもぐられ、上からのっかられ、食べほうだいのスズメビュッフェになってしまったのでした。
たぶん、モミの半分は食われてしまったと思います。
私の1粒万倍の夢が……(泣)。
 
 
来年の対策を考えていたある朝、珍事件が発生。
 
会社の先輩が屋上にのぼると「ちゅんちゅん!!」というただならぬ声が。
行ってみると――
 
「ちゅん!!!(離せコラーー)」
 
 
あれま、足にネットが絡まってる。
まったくもう、ネットの中に入ってヒコバエを食べまくるからですよ。
和田部長、慎重に足からネットをはずします。
 
「……(何みてんだヨゥ)」
なかなか鋭い目つきです。けんか売ってます。
大きなケガはしてないようですが、全体に元気がなかったので、カゴに入れて少し様子をみることにしました。
 
 
「ちゅんちゅん(出せやコラーーー)」
 
しばらくして様子を見に行くと、すっかり回復したようす。バッサバッサと荒々しく騒いでいます。
 
「ちゅ…!?(あ、ごはんだー♪)」
 
 
こんな状況でも、飯は食う!
野生のスズメは警戒心が強く、めったに人馴れしないといいますが、人に与えられたものでも気にせず食べちゃうたくましさというか、図々しさに、思わずわらっちゃいました。
 
このあとカゴをあけると、すぐに遠くへ飛び去っていきました。
元気になってよかったね。
スズメにイネを食べられると「ばかやろー!!」と思うのですが、なぜか憎めないんです。
 
でも、来年こそは負けないから!(ま)

のらのら動画、見てね!

2014年11月7日

 ちょっと紹介が遅くなりましたが、「のらのら」2014年冬号が完成しました!

 
じゃーん!こちらです。
かわいい幼児2人が表紙に登場!
小さなお子さんから大人まで、気軽に楽しめて奥のふか〜い話題が満載です!
 
特集のテーマは2つ。
@畑がよろこぶ 生ゴミマジック☆
Aワラ30本の正月飾り
 
今回、Aの特集に合わせて、のらのら動画をつくってみました。
 
テーマは「縄ないのやり方」。
さっそくこちらからどうぞ。
 

YOUTUBEでサンプル画像をご覧いただけます。

 
 
 
みなさんは「縄ない」できますか?
縄ないは、すべてのワラ細工の基本なのだそうです。
特集で紹介する正月飾り(しめ縄)づくりでも、ワラ30本で大きな三つ編みの縄をつくりますが、
この動画で紹介しているのは、ワラ6〜8本くらいでつくる、もっとも基本的な縄です。
 
縄ないというと、おじいさんが両手をこすり合わせてワラをゴニョゴニョねじってるイメージ。
ただ手元を見ているだけでは、何をやっているのかさっぱりわかりませんでした。
 
今回、ワラ細工の達人、瀧本広子さんに、2色のヒモをつかって縄ないの工程を詳しく見せていただきました。。
これなら、ヒモ(ワラ)がどのような動きで縄になっていくのかが、とーってもわかりやすいんです。
 
 
おかげで、編集のNちゃんも私も、縄ないができるようになりました!
大人の階段を一段上った気分で、とてもうれしいです。
 
さあ、この動画を見て、ぜひあなたも縄ないをマスターしてくださいね。
「のらのら2014年冬号」と合わせてみていただくと、よりわかりやすいですよ〜。(ま)
 

おすすめ本 〜今日の一冊〜

のらのら2014年冬号 no.13のらのら2014年冬号 no.13 わら加工の絵本わら加工の絵本

ご挨拶ご挨拶

こども農業雑誌『のらのら』編集部がお届けするブログ。
東京・赤坂にある農文協本部ビルの屋上菜園のようすや、編集部が各地でゲットした旬の話題をお届けします。
屋上菜園では、職員の趣味のクラブ「園芸部」が、イネや野菜、花、果樹などいろいろな植物をそだてています。

目次目次

バックナンバーバックナンバー

今日の一押し本

祝!全共宮城大会
和牛の飼い方 コツと裏ワザ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る