全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →
農文協屋上菜園日記

農文協屋上菜園日記農文協屋上菜園日記

季節はずれのイチゴの実

2014年10月30日

イチゴに実がなりました。

露地でそだてるイチゴといえば、春に花が咲いて、初夏に収穫、というのがふつうでしたが、最近は、夏から秋にかけても収穫できる、四季成りの性質をもったイチゴが、ホームセンターなんかでもよく売られています。

しかし、屋上で実をつけたこのイチゴ、四季成りではなく一季成り。昔ながらの「宝交早生」という品種で、本当なら実をつけるのは初夏のはず。


サクラとかでもたまにいるよね、時期外れに咲いちゃう子……

ここでちょっとお勉強。
この「宝交早生」ちゃんが実をつけるためには、まず、花芽(その後、花になり、実になる芽)ができなくてはいけません。

花芽をつけるのに必要な条件は、気温や日長(一日の日の長さ)が関係していますが、東京の空の下にいる「宝交早生」ちゃんの場合、花芽をつける条件にあうのは、だいたい1月から3月と、9月から12月くらいと思われます。

花芽ができても、寒くて日が短いと実にならずに眠ってしまうので、秋に花芽をつけても、実にはならずに眠るはずなのです。

それじゃ、なぜいま??

もしかすると9月に花芽がついて、その後ふつうなら眠るところを、あったかい日が続いたために、実が結んでしまった、ということなのかもしれません。


10月もなかばまで暑い日があったし……


もしかしたらそうかもしれないけど、もかしかすると全然的外れかもしれません。本当のことを知っているのは、イチゴだけ。

思いがけず甘い実にありつけ、はりきったと思われる虫。なんでしょう。アワノメイガの幼虫?


でも教科書とちがうことがおこったとき、なんでかなーと考えるのは楽しいものですね。(な)

 

おすすめ本 〜今日の一冊〜

イチゴつくりの基礎と実際イチゴつくりの基礎と実際 イチゴの絵本イチゴの絵本

農業書センター クリスマスリース教室

2014年10月24日

ここ数日で、急に寒くなってきた東京。

冬が近づいてきているのでしょうか。

 

冬の一大イベントといえば、クリスマス!

プレゼントにごちそうに、素敵なクリスマス飾り……たのしみにしているこどもたち、多いのではないでしょうか?

 さて、今日は、そんなクリスマスがさらに楽しくなる、とっておきのワークショップのお知らせです!

 

「農業書センター クリスマスリース教室」

 

「小枝で作った星型リース

お庭や玄関を

森で見つけた冬の贈り物で飾りませんか

親子でのご参加も歓迎!!」

神保町にある農文協の直営書店、農業書センターでの開催です。

先生は、農文協クラフト部のお母さん、熊岡さん(農文協には園芸部もあればクラフト部もあるのですよ〜)。

熊岡さんは、身近な自然のものを生かした、かんたんでかわいいクラフトのアイデアをいっぱいもっています。

このリースの材料も、道端で拾えるものばかりなのに、とってもかわいらしいですよね。

 

(詳しいご案内)

日時:2014年11月29日(土) 11:00〜13:00

制作時間は1時間ほどですが、余裕を持って2時間の教室にしました。(完成しだいお帰りになれます)

場所:農文協・農業書センター 特設コーナー

東京都千代田区神田神保町2-15-2 第一冨士ビル3階

(岩波ホール 隣り、サンドラッグ3階・サンドラッグさんの中の階段で上がれます)

参加費(材料費):500円  講師:農文協クラフト部

募集人数:5人まで (小学生以下の方は保護者の方と一緒にご参加下さい)

お申込・問い合わせ先:農文協・農業書センター

TEL:03−6261−4760  FAX:03−6261−4761

営業時間 月〜金 10:00〜19:00 土曜 11:00〜17:00  日曜祝日定休

 

11月5日発売の「のらのら」2014年冬号でも、木の実をつかったクリスマス飾りや、野菜をつかったクリスマスケーキのつくりかたを紹介しますよ。

どうぞお楽しみに!

さといもクリームと、小松菜スポンジのクリスマスツリーケーキ(くわしくは「のらのら」2014年冬号で)

 

おすすめ本 〜今日の一冊〜

田園クラフト田園クラフト 自然を楽しむワイルドクラフト自然を楽しむワイルドクラフト

農業書センター 秋の音楽会

2014年10月10日

秋本番、屋上ではいろんな植物が穂をみのらせています。

 

こちらは、ごぞんじガマの穂。
これをみるたびに、因幡の白ウサギのお話を思い出すんですよね。
ガマの穂の花粉には、止血の成分が含まれているそうです。
こういう薬草の知識まで書いてある古事記って、じつは実用書としても読めるのかも。
 
 
さて昨日は、こういった屋上の秋の実りを、こんなディスプレイにしてもらいました。
飾ってあるのは、神保町にある農文協直営の書店、農業書センターです。
稲穂、ススキ、ガマの穂、ゴボウの実は屋上産。
セイタカアワダチソウの穂は、赤坂サカスの近くの空き地産でございます。
 
昨日は農業書センターで、すてきな音楽会がひらかれました。
出演者は蔦谷栄一さんご夫妻。
満月の夜の夕べということで、篠笛、尺八、三味線をつかった和の音楽を奏でていただきました。
 
なかでも私がしびれたのは、和楽器とギターのセッション!
これがまた合うんです!
ギター奏者は蔦谷さんのお師匠さんで、深みのある音色とアルペジオの伴奏が素晴らしかったです。
 
お客さんも23人ほど来てくださり、大賑わい。
蔦谷さんの奥様お手製のよもぎだんごや、ブドウもふるまっていただき、みんなで秋の実りを味わったのでした。
 
最後に蔦谷さんがひとこと
「ここ(農業書センター)を、都会の田舎にしていきたい。地方からやってきた人が、ここに来て演奏を披露しあったり、みんなでワイワイと話すたまり場になってくれればと思います」
ぜひぜひ、農業や田舎が大好きな人のたまり場にしていきたいですね!
 
じつは、「のらのら」編集部も、8月に農業書センターで「大地を守る会」と一緒に、タネとあそぼうというワークショップをひらきました。
 
これからも農業書センターではいろんなイベントを企画していきます。
農業書センターで皆さんとお会いできる日を楽しみにしています。
もちろん「農業書センター」でこんなイベントをやりたい!という提案も大歓迎ですよ。(ま)
 
(地下鉄神保町駅 A6出口すぐ右の、サンドラッグの3階)
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2-15-2 第1冨士ビル3階
TEL:03-6261-4760 FAX:03-6261-4761

おすすめ本 〜今日の一冊〜

日本農業のグランドデザイン日本農業のグランドデザイン

ゾウムシ

2014年10月7日

またも更新が滞ってしまい、すいません。

台風も過ぎ去って、ちょっと肌寒くなってきた屋上。ダイズの葉にゾウムシを発見しました。

「ゾウムシ」は、頭部から長い鼻がすーっと伸びているように見える(本当は、鼻ではなく口)ので、その名がついてますが、これはそんなに長くなさそう。

ゾウムシとひとくちに言っても、世界中にものすごい数の種類がいるんだとか。(生物のなかでもっとも数の多い甲虫類のなかでも、もっとも種類が多いのがゾウムシの仲間だそう)

これもゾウムシか、ゾウムシのなかでもなんという品種か、ちょっとわかりませんが、びっくりすると、死んだふりをするのでゾウムシでしょう。

おなか、まる見え!

いやはや、いろんな身の守りかたがあるものです。
更新停滞=「のらのら」冬号の締切り間近。こちらは死んだふりしている場合じゃありません。。(な)

ご挨拶ご挨拶

こども農業雑誌『のらのら』編集部がお届けするブログ。
東京・赤坂にある農文協本部ビルの屋上菜園のようすや、編集部が各地でゲットした旬の話題をお届けします。
屋上菜園では、職員の趣味のクラブ「園芸部」が、イネや野菜、花、果樹などいろいろな植物をそだてています。

目次目次

バックナンバーバックナンバー

今日の一押し本

カリスマ店長の本!
ドクター古藤(コトー)の家庭菜園診療所

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る