全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →
農文協屋上菜園日記

農文協屋上菜園日記農文協屋上菜園日記

ヒガンバナ

2014年9月5日

 急に秋めいたせいか、はやくも屋上の片隅でヒガンバナが咲きはじめました。

まだ9月に入ったばっかりなのに、早くない?
(というか、屋上にヒガンバナあったんだ!)
 
 
ヒガンバナって、花が咲いて突然その存在に気づくことってありませんか。
秋になると突如地中から花茎(かけい)がのびてきて、まず花を咲かせる。
そして、花が咲き終わった後に、葉が伸びてくるのだそうです。
花がなくなってから葉が伸びてきても、他の草に紛れて、それがなんだかわからなくなりそうです。
 
ちょっとあそんでみました。
ヒガンバナの花茎をポキッと折って、
 
 
ズルっと皮を下にむく
 
今度は反対方向へポキっと折って、ズルっと皮をむく。
こうして互い違いに茎をポキッズル、ポキッズル、っと折っていくと……。
 
じゃーん!
ヒガンバナのネックレスが完成です。
秋のおしゃれにいかが?
 
つくったはいいものの、これどうしようかな……。
仕事中に身に着けるわけにもいかず、捨てるのももったいなく、
なんとなく壁の飾りとなったのでした。(ま)
 

どんぐりの枝を落としたのは…

2014年9月3日

今週「のらのら」の取材で、科学読み物作家の高柳芳恵さんにお会いしたとき、ハイイロチョッキリのことを教えてもらいました。

〜〜〜

ちょうど今の季節、公園や森を散歩していると、地面に、青いドングリが付いたコナラの枝がたくさん落ちている。

枝を切り落としたのは、ハイイロチョッキリという1cmくらいの小さな虫。

ドングリには卵が産みつけられていて、よく見ると小さな穴が開いている…

〜〜〜

さっそく、農文協のある赤坂周辺の公園で探してみたのですが、ちょうど掃除の直後だったのか、見つけられず…。

でも、今日の朝、園芸部長の和田さんが拾ってきてくれました!

公園には、こんな風に落ちていたとのこと。

けっこうたくさん落ちていますね。

落ちている枝には、どの枝にも青いドングリがついていて、よく見ると殻斗(かくと)のところにポツンと小さな跡があります。

殻斗(かくと)をはずしてみると、どんぐりの同じ場所に、小さな穴が開いています。

穴にはつめものがされて、しっかりふさがれています。

 ハイイロチョッキリのお母さんは、ドングリに穴をあけて卵を産んだ後、自分で枝を切り落とします。

小さなハイイロチョッキリにとって、枝を切り落とすのは、命がけの作業ですね。

秋になると、ドングリの中から、卵からかえった小さな幼虫がでてきて、地面にもぐっていくそうですよ!

これからどうなっていくのか、観察してみようと思います(か)

おすすめ本 〜今日の一冊〜

のらのら2014年秋号 no.12のらのら2014年秋号 no.12 復刊 自然の観察復刊 自然の観察

ご挨拶ご挨拶

こども農業雑誌『のらのら』編集部がお届けするブログ。
東京・赤坂にある農文協本部ビルの屋上菜園のようすや、編集部が各地でゲットした旬の話題をお届けします。
屋上菜園では、職員の趣味のクラブ「園芸部」が、イネや野菜、花、果樹などいろいろな植物をそだてています。

目次目次

バックナンバーバックナンバー

今日の一押し本

山で稼ぐ!
小さい林業で稼ぐコツ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る