全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →
農文協屋上菜園日記

農文協屋上菜園日記農文協屋上菜園日記

バケツイネのタネまき

2014年4月30日

『のらのら』誌上で開催される「バケツ選手権」に挑戦するため、園芸部では今年もいろんな品種のイネの種モミを播きました(4月15日)。

タネの品種 左からオオチカラ、あきさかり、コシヒカリ、旭一号、紫稲、観稲、アクネモチです。
あきさかりは、昨年のバケツイネ選手権で1万6318粒を記録してぶっちぎりの優勝を果たした、福井の小林さんが栽培した多収品種。


小林さんにあやかって、多収するぞ〜〜〜〜〜〜
オオチカラ、旭一号も多収品種。園芸部、本気です。


芽出し種モミはあらかじめ塩水選で選別して、水を入れたペットボトルの中に入れて芽出しをしておきました。
ぷっくりハト胸になって、芽が出てきていますね。

 

土をふるう屋上で熟成していた土をふるって、セルトレイ(左側)に入れます。ここに種モミを2〜3粒ずつ播いていきます。



4月25日、セルトレイをみてみると…… 

発芽お、かわいい芽が揃って出てきてますね〜。ひとまず発芽は良好!

 

紫稲モミや葉が紫色になる「紫稲」の芽。こんな赤ちゃんのときから、しっかり紫色なんですな。ちょっとオシャレ。

 

バケツイネ選手権、ただいま挑戦者を大募集中!
これから種モミをまいても十分間に合います。ぜひ一緒にやりませんか?
新刊『バケツで実践 超豪快イネつくり」を読めば、初心者でも1万粒超えは夢じゃない!かも!(ま)

剛毛のマドンナ

2014年4月25日

ボリジ株単独でそだてるよりも、互いの生育によい影響を及ぼしながらそだつ植物の組み合わせを、コンパニオンプランツ(共栄植物)といいます。
こちらの青い花、ボリジというハーブで、イチゴのコンパニオンプランツとして知られています。 ハーブとしては、花や葉をサラダにしてしゃれた楽しみかたをするそうですが、
なんていうか…

ボリジ花

なんていうか…
(←花)

ボリジ茎

毛がっ!
(←茎)


写真で伝わるでしょうか。すんごい毛です。
学名のBorago officinalisの、“Borago”は、ラテン語で「剛毛」という意味だそう。

ところが「剛毛」がその名の由来になっている一方で、この鮮やかな青色を材料に聖母マリアの衣を描いたことから、「マドンナ・ブルー」とも言われているとのこと。

マドンナと剛毛。意外にして興味深い組み合わせです。(な)

お米屋さんからのお便り

2014年4月23日

小池精米店さんからのお便り
原宿にあるお米屋さんから、お便りが届きました。

「のらのら10号」の原爆イネの記事に感動したので、お店の前にバケツを置いて、原爆イネを育ててみたいとのこと。

さっそく原爆イネの種モミをお届けしました。

小池理雄さん
お便りを送ってくださったのは、小池精米店3代目・小池理雄さん。

小池精米店のある渋谷区・原宿のあたり、昔は川が流れていて水車があり、一面の稲作地帯だったとのこと。
富嶽三十六景の中の1枚「隠田の水車」の風景は、ちょうど小池さんのお店のある辺りの風景だったそうです。
http://www.harajuku-komeya.com/index.php/suisya.html
(小池精米店のホームページより)
 

原爆イネ
これが、原爆イネの穂です。
ところどころ実の入っていない空モミが混ざっていますね。








【原爆イネとは・・・】
長崎に原爆が投下された年の1945年10月、爆心地から500mの場所にあった水田跡でイネの種モミが発見され、その後、九州大学農学部の農場で植えつがれてきました。
原爆イネ自体に放射能は検出されず、実る前まではふつうのイネと変わりません。でも、穂が出ると、写真のような実の入っていない穂が混ざってでてきます。原爆の放射線の影響で、染色体に傷がついているからです・・・。
原爆イネには、平和を考える輪が広がるように、、、という想いが込められていて、引き継がれてきました。

 

都会のお米屋さんから発信される平和のメッセージ、
たくさんの人に届くといいですね。(か)
 

 

さらば、さしき小次郎

2014年4月22日

カッター片手にこのたび「のらのら」編集部から「現代農業」編集部に異動になった、元編集長、伊藤さん。
編集部のある4階踊り場の窓辺で刃物(カッター)を手になんだか怪しげな動きをしています。

ヤクルトカップ栽培こちら、発芽したトマトとナス、伏見甘長トウガラシたち。
ヤクルトのヨーグルトカップを育苗用に再利用。毎日デスクまで来てくれるヤクルトレディに、「写真撮っていいですか」と言わしめた利用法です。

わき芽ふたつトマト
カッター片手にやっていたのは、ちょっとかわった苗づくり。ひとつは、発芽した苗を子葉の上でチョッキンする摘心栽培。
子葉の上で摘心すると、わき芽がふたつ伸びて、ツートップ苗となり、収穫も2倍になる!とのこと。
写真は、摘心後しばらくしてわき芽がふたつ伸びてきたトマトの幼苗。

発酵液漬け子葉
もうひとつは、発芽した苗を子葉の下(胚軸)でチョッキンし、切りとった芽を土に挿してそだてる子葉挿し栽培。
力のある不定根がでてくるため、ふつうにそだてるよりも元気な苗になる!とのこと。

写真は、切りとった子葉を、「のらのら」2013年冬号に登場した、バラの新芽でつくるさわやか発酵液につけているところ。不定根がよりよく出るかも、という期待を込めて…

伊藤さん
効果のほどは、「現代農業」でもおなじみですが、のら部でもじっくり検証してみようと思います。

次号「のらのら」(2014年5月発売)には、ちょっと変わった“挿し木”や“芽挿し”が登場します。案内役は、初登場の「さしき小次郎」、そして「宮本めさし」。




「のらのら」の小次郎は編集部を離れますが、のら部の屋上菜園では引き続き活躍していただけそうです。(な)

レンゲの花

2014年4月17日

屋上田んぼで咲いたレンゲ屋上の「水田裏作」に播いたレンゲソウの花が咲きはじめました。写真のようにスズメノテッポウやキンポウゲなどといっしょに仲良く育っています。
このレンゲソウは播種が11月中旬とかなり遅くなったので心配していましたが、何とかちゃんと花をつけてくれました。田んぼで育てるときは、イネ刈りの前後にタネを播くことが多いようです。

レンゲの花 横から

レンゲの花 上から
真上からみたところ。
万華鏡をのぞいたときのような、放射状の幾何学模様がきれいですね〜。

レンゲの発芽
こちらは秋の発芽のようす。
江戸時代から緑肥として広く水田裏作に取り入れら れてきたレンゲソウ、今ではすっかり少なくなりましたが、その花はやはり春の代表選手です。(ま)

ダイコン花盛り

2014年4月14日

ダイコン花見サクランボの花より少しはやく咲きはじめ、今、花盛りなのがダイコンの花。バックには東京ミッドタウンや六本木ヒルズも見えます。
ダイコンの花は今では、ふつうあまり見かけなくなっていますが、屋上では十年近く自家採種を続けているので、この時期になるとダイコンのお花見の舞台ができます。

練馬ダイコンの花
そのダイコンの花、ふつうは淡紫色や白色と言われていますが、1株・1花ずつよく見ると、種類・品種によってかなり違いがあり、それぞれがとても個性的な表情をしています。

こちら、練馬ダイコンの花。白い花びらの端に、紫の絵の具をぽたぽたっと落としたような感じです。

三浦ダイコンの花
こちらは三浦ダイコンの花。
練馬ダイコンにくらべて、落とした絵の具がじわ〜っとにじんだような、グラデーション。

屋上そだちダイコンの花
そしてこちらは、屋上そだち(自家採種した)ダイコンの花。純白です。




「ところでダイコンの花といえば、1970年代の人気テレビドラマに『だいこんの花』という番組も。そのイメージは『素朴だが美しくひかえ目』だったとか……。」

と、ダイコンの花の写真を提供してくれた、園芸部長でありのら部お目付け役の和田さんからコメントをいただきました。え、ぜんぜんわからない…と思いながらも、「そうなんですねー」と、1980年代生まれのわたしはひかえ目に相槌を打ちました。(な)

おすすめ本 〜今日の一冊〜

ダイコンの絵本ダイコンの絵本 自家採種入門自家採種入門

どんぐりを植えるときは

2014年4月11日

どんぐりスコップのバトンを受け取った、のら部こと「のらのら」編集部です。
屋上の様子や、のら部の活動状況を報告していきますので、どうぞよろしくお願いします。

挨拶がわりに問題です。
どんぐりを植えるときは、とんがったほうを上にするか、下にするか、どっちがよいでしょうか。

発芽



正解は…

発芽「とんがりが下」でした!
とんがったほうから根がでるので、とんがりを上にしてしまうと、なかなか根がでません。


「現代農業」の発芽特集では、トウモロコシの「とんがり下播き」がおなじみです。どんぐりも同じなのか。ふーん。

屋上にいた現代農業編集部とも、あのとんがりはきっと、土にさくっとささるためにあるにちがいない!?なんて話で盛り上がりましたが、平らな部分のほうが重そうなので、地面に落ちたときに、座りがよさそうな気も…。

とんがりのあるタネってほかにもあったかな?「とんがり下播き」、いろんなタネで試してみるぞ〜(な)

ごあいさつ

2014年4月9日

さくらんぼサクランボの花が咲きました。この屋上菜園日記も7回目の春を迎えました。
さて、長らくこのブログを担当させていただきました園芸部・谷藤はこの度神保町に新規開店しました農文協・農業書センターに異動になりました。そんなわけで赤坂本社の屋上菜園とはお別れです。長きにわたりご愛読いただきありがとうございました。
でもさみしがってはおりません。実は今度の農業書センターには小さいながらテラスがあるのです。いずれ整備をしてちいさなテラス菜園をつくってみたいと思っています。ゆくゆくはまたブログもやろうかな・・・。農業書センターでは直接読者のみなさまにお会いできます。お待ちしておりますのでぜひお立ち寄りください。
神保町・農業書センター

ひきつそしてこのブログは園芸部ともども屋上菜園で活躍するのら部のメンバーに引き継いでもらいます。谷藤(左)から中村(右)へバトンならぬスコップリレー。明日からの屋上菜園日記もぜひお楽しみください。今後ともよろしくお願いします。

キンポウゲ

2014年4月8日

キンポウゲキンポウゲのお花畑の中に・・・

テントウムシ今年初のテントウムシ発見。今日はあったかいです。もう寒さの戻りはないという予報ですが信じていいのかな。
キンポウゲはよく見かけるかわいい花ですが、じつは有毒植物です。葉のかたちはミツバに似ておいしそうなんですけどねえ。

おすすめ本 〜今日の一冊〜

テントウムシ観察記テントウムシ観察記 山野草の庭つくり山野草の庭つくり

ノビル

2014年4月7日

キャベツ屋上では、どこかから紛れ込んだノビルも大繁殖しています。ノビルは野蒜と書き、「蒜」はネギ、ニンニクなど食用になるユリ科の多年草の総称(古名)をさすようで、ニンニクを「大蒜」と書くのもうなずけます。

キャベツちょうど今は、地下の球(鱗茎)が殖える時期のようで、拡大してみると、親の 鱗茎から子の鱗茎が殖えているのがよくわかります。ふむふむこうやって殖えるのですねえ。しかしたくさんとれてもたくさん食べるのは要注意。精力つきすぎで夜、眠れなくなっちゃいます。

春キャベツ

2014年4月1日

キャベツ春キャベツ、順調に結球しています。

キャベツでもこの季節、おいしいのはなんたってこっち。とうだちしたキャベツのつぼみです。このままむしって生でつまみ食い。ダイコンのつぼみはピリッと辛みが、キャベツのつぼみはほんのり甘味があり、こればかりは市場に出回らないおいしさです。花粉を食べているからか花粉症はへっちゃらです。関係あるかな?

ご挨拶ご挨拶

こども農業雑誌『のらのら』編集部がお届けするブログ。
東京・赤坂にある農文協本部ビルの屋上菜園のようすや、編集部が各地でゲットした旬の話題をお届けします。
屋上菜園では、職員の趣味のクラブ「園芸部」が、イネや野菜、花、果樹などいろいろな植物をそだてています。

目次目次

バックナンバーバックナンバー

今日の一押し本

山で稼ぐ!
小さい林業で稼ぐコツ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る