全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →
農文協屋上菜園日記

農文協屋上菜園日記農文協屋上菜園日記

安納芋

2012年10月31日

安納芋安納芋収穫です。市販のイモ一個から育てた苗3本ほどと、親芋をプランター2個に植えておいたもの。簾かのれんみたいです。

 

安納芋たっぷり鈴なり。安納芋、ねっとりとした甘さが最近人気です。さてどうやっていただきましょう。

 

漢字の名前

2012年10月26日

ホトトギス秋の花がそろってきました。こちらはホトトギス。「ホトトギスって帰去来って書くっけ?」「ちがいますよー、不如帰です」ってちょい知的っぽい会話をしたつもり・・・だけど違いました。花のホトトギスは「杜鵑草」と書くんだそうです。

 

藤袴こちらは藤袴。最近は花の名前、カタカナが多いですけど漢字名の花は秋の風情も増すような気がします。

 

柿の葉柿の葉もいい色です。一句詠めそうですね。

 

おすすめ本 〜今日の一冊〜

里庭ガーデニング里庭ガーデニング 図解 落葉樹の庭つくり図解 落葉樹の庭つくり

守口大根

2012年10月24日

バケツバケツ三段重ね。何してるかというと。

 

守口大根とっても土の深さの必要な守口大根を植えているのです。上2つのバケツは底が抜けていて、そのまま下まで根が伸びられる予定。屋上の畑は土の深さが20センチ程度ですので、和田部長がこの方法を編み出しました。

 

守口大根タネ袋によるとこれが完成形。世界一細く長い大根だそうです。これが成功したら屋上でゴボウやナガイモもつくれるかも!

 

おすすめ本 〜今日の一冊〜

ダイコン百科ダイコン百科 野菜のバスケット栽培野菜のバスケット栽培

冬眠間近

2012年10月19日

カメ吉10月に入った頃からカメ吉の動きが緩慢になりはじめました。夏場は人が近づくとエサをねだるような仕草をしていたのですがそんなこともしなくなり、もう好物の煮干しを目の前にぶらさげても食べようとしません。いよいよ冬眠モードがはじまっているようです。

カメは熊などの哺乳類とちがい、冬眠前の食べだめのようなことをしません。むしろだんだん食べなくなっていって眠っている間の内臓の負担を減らすそうです。
もうすぐしばしのお別れの季節がやってきます。さみしいけれど、やはりカメはちゃんと冬眠した方が長生きするそうです。考えてみたら一生の間、春・夏・秋しか知らず、つらい冬は寝過ごして、その分長生きできるというのはうらやましい人生かもしれませんね。

 

ハブ茶カフェ

2012年10月16日

ハブ茶エビスグサの実がうれてきましたので収穫。今日はケツメイシでハブ茶カフェ!

 

ハブ茶まずはさやから実をとりだします。さやはお風呂にいれるとお肌すべすべらしい、とのことで大事に保存。

 

ハブ茶これを火にかけます。が、その前に。

 

ハブ茶ふたを忘れずに!中ではじけるいい音と、香ばしいにおいがしてきました。

 

ハブ茶いい感じに煎れたら、

 

ハブ茶お湯を注ぎます。

 

ハブ茶再度火にかけると、いい色がついてきました!

 

ハブ茶本日のバリスタ、林くんがこしてくれます。

 

ハブ茶いれたてハブ茶は味よし、香りよし!ついでに体にもとってもいいのです。特に胃腸と眼にきくそうです。とてもおいしかった。この要領で2,3回は煮出せるそうですし、実もまだ残ってるのでしばらくは楽しめそう。来年はエビスグサ、もっと栽培しようと思います。

 

おすすめ本 〜今日の一冊〜

民間茶薬効事典民間茶薬効事典 大地の薬箱 食べる薬草事典大地の薬箱 食べる薬草事典

秋三景

2012年10月11日

秋バラ暑すぎず寒すぎず、さわやかな風が吹く10月。いい季節ですね。秋バラが咲いてきました。

 

畑畑は夏物がすっかり片付き、ダイコンが占拠中。

 

こうらぼしいい気候が続き、最近のカメ吉お気にいりポジションはここ。甲羅干し、気持ち良さそうです。

 

のりをつくる

2012年10月5日

トロロアオイ花オクラも終わりました。これは花オクラの根っこ。昔はこの根っこで紙すきなどに使うのりをつくったのです。

 

のりつくりというわけでつくってみよう!まずはこの根を叩きつぶします。

 

のりつくり時々水も足します。

 

のりつくりかなりの重労働につき途中から一人加勢。ひたすら叩きつぶす。

 

のりつくりだいぶつぶれきてたらもんだりしぼったり。

 

のりつくりほらほら、のりっぽくなってきましたよ!

 

のりつくりぞうきんでしぼって

 

のりつくりペットボトルに。

 

のりつくりできあがり。紙の材料があればこれで和紙をすくことができます。さて何に利用しましょうか。

 

おすすめ本 〜今日の一冊〜

和紙の絵本和紙の絵本 日本農書全集53*農産加工4日本農書全集53*農産加工4

三色おしろい花

2012年10月3日

おしろい花おしろい花の季節です。

 

おしろい花このおしろい花はちょっとかわり種。普通単色で、たまに2色混合のものもみかけますが、これは白、黄色の花びらと赤い点々で3色です。園芸部員が街で拾ってきたタネから育ったので、こういう園芸品種なのか自然交配かはなぞ。不思議できれいす。

 

のら部レポート 2012.10.1 コシヒカリ収穫編

2012年10月1日

イネ刈引き続きのら部レポートです。おや、イネは・・・?

「バケツイネ選手権、コシヒカリの収穫を終えました。スズメくんにやられて、あまりにも無残な姿だったので、収穫時の姿は控えさせていただきます。。。切り株を数えると、穂の数は、120本ほどずつでした。1穂に80粒くらいあったとしたら、1粒のモミが120×80=9600粒ほどに増えていた計算になります。お茶碗1杯3500粒ほどですから、スズメたちに、お茶碗2杯分以上のお米は提供したでしょうか。

 

イネ干いちおう、残った稲穂を不織布で厳重に播いて、ネット内で干しております。

 

タカナリこちらは、無事に生き残っている多収米のタカナリ。穂の数は170本ほど。出穂の早いコシヒカリが集中的にやられてましたが、コシヒカリの収穫が終わったので、今度はこちらがスズメの標的になるかも……。多収米だけは、なんとか守らねば!」

スズメ、タカナリよりコシヒカリを選んで食べていたのかも・・・。タカナリは昨日の台風にもびくともせず元気です。さてこちらはなん粒いくか?楽しみですね。

 

おすすめ本 〜今日の一冊〜

稔りと穫り入れ稔りと穫り入れ イネの絵本イネの絵本

ご挨拶ご挨拶

こども農業雑誌『のらのら』編集部がお届けするブログ。
東京・赤坂にある農文協本部ビルの屋上菜園のようすや、編集部が各地でゲットした旬の話題をお届けします。
屋上菜園では、職員の趣味のクラブ「園芸部」が、イネや野菜、花、果樹などいろいろな植物をそだてています。

目次目次

バックナンバーバックナンバー

今日の一押し本

カリスマ店長の本!
ドクター古藤(コトー)の家庭菜園診療所

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る