全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →
農文協屋上菜園日記

農文協屋上菜園日記農文協屋上菜園日記

ヒノテルコ

2012年8月29日

花オクラ食べておいしい花オクラは活けてもきれい。見た目、味とも素晴らしい。

ところで、50代以上の職員が花オクラを見ると口々に「ヒノテルコ・・・」「ヒノテルコ思い出すねえ」と言います。ヒノテルコ?
検索してみてわかりました。歌手の日野てる子さん。画像検索で謎も氷解。髪に一輪のハイビスカスがトレードマークだったんですね。そんなふうに世の男性の記憶に残る歌姫、素敵だったんだろうなあ。


ハイビスカスも花オクラもともにアオイ科。花の形、大きさもよく似ています。花オクラも髪にかざったらきれいでしょうね。もったいなくて食べる方を優先したいですけれど。  

花オクラ

2012年8月27日

積乱雲ビルの谷間からもくもくとわきあがる積乱雲。まだまだ夏は続きます。

花オクラ先週とる元気もないと言った花オクラ、和田部長が収穫しておひたしにしてくださいました。美しい花が美しい味となる。暑いのはつらいけど、この暑さがあってこその野菜や花の成長、と思いながらありがたくいただきました。

おすすめ本 〜今日の一冊〜

オクラの絵本オクラの絵本 農家が教える季節の食卓レシピ農家が教える季節の食卓レシピ

猛暑

2012年8月24日

花オクラ花オクラの大輪の花が咲きました。この花をおひたしにすると絶品。しかも一日花、それは今日だけにゆるされたぜいたく。わかっている。わかっていますが・・・あまりの暑さにこの花一輪、収穫する気力がでません。とりあえず写真だけ。
この暑さ、なんだかお盆前よりひどくないでしょうか。連日東京33度前後、屋上はもっと高いはず。「残暑」などと言うのが悔しい気さえします。

カメ吉おそらく池の水温もあがって苦しかったのでしょう。カメ吉もこの頃は池から姿を消していましたが今日は戻ってきていました。しかしなんとなく動きがにぶく元気がない。かと思うとイライラしたように池の中を徘徊したり、暑さにうだっているかのようです。とりあえず水をいれかえ、水温を下げてみました。
秋・・・まだでしょうか。

黄色い白ナス

2012年8月23日

白なす8月も下旬に入ったというのにまったく涼しくなりません。毎日暑い・・・。

うれて黄色くなっていた白ナスがますます黄色くなり、バナナのようです。となりの白ナスと比べるとくっきり違いが。この黄色はどこまで行くのか−。もうしばらくこのままにしておこうと思います。

おすすめ本 〜今日の一冊〜

ナスの絵本ナスの絵本 第6巻  ナス第6巻  ナス

四角豆

2012年8月21日

四角豆四角豆が実ってきました。この不思議な名前の秘密は・・・

四角豆ほら、四角。

四角豆この四角豆、花の色がなんとも上品で美しい。別名うりずん豆とも呼ばれていますが、うりずんは沖縄で春〜初夏をさす言葉で、現在の新暦では3,4月頃をさすようです。ちょうどその季節の沖縄の空と海の色なんでしょうか。

秋の空とイネ

2012年8月17日

イネ暑さもピークを過ぎてきたでしょうか。お盆をすぎるとイネはいよいよ登熟の季節に入ります。鳥たちにもイネがおいしくなってくるわけで、スズメ対策に物干し台を使ってネットかけ。これほど厳重にやってもやっぱり毎年スズメには侵入されるのですが・・・・。

イネ稲穂が頭(こうべ)をたれてますよ。いい感じ。稲穂ごしに見る空は、なんとなく秋の色がはじまっているようです。

いたずら

2012年8月9日

白なすこういうのを見ると・・・。

白なすやりたくなる。

こういう鼻がぴゅっと出たようなタイプの畸形果、ナスでたまにみかけます。特に病気やウイルスといった気配もしないので、食べてもたぶん大丈夫なんだと思いますが、不思議なかたち。

白なす白ナスは熟れてくると黄色になるようです。

おすすめ本 〜今日の一冊〜

ナスの絵本ナスの絵本 野菜とあそぼう野菜とあそぼう

テントウムシ大発生

2012年8月8日

テントウムシササゲの葉や実にアブラムシが激発、それをエサにするテントウムシも大発生中です。ヒメカメノコテントウは、ふつうのテントウムシよのひと回り小さく俊敏に動きまわっています。周りに写っているアブラムシもまるまると・・・。

テントウムシ蛹化前の幼虫です。

テントウムシ蛹も続々発見。アブラムシは豆類が特に好物らしく手がつけられないほど。虫の発生もまさに今がピークです。

赤しそのジュース

2012年8月7日

赤シソ毎年ほっておいても旺盛にはえてくる赤じそ。利用したことがなかったのですが、もったいないなあ、と今年は一念発起、なにかにしたいと思いとりあえず収穫。

赤シソハードルの低いところから、赤しそのジュースを作ることにしました。レシピは「うかたま3号」(品切れ)を見ながら。まずはきれいに洗います。

赤シソこれを沸騰したお湯に投入すると普通の青じそのような色になります。

赤シソシソの色が抜けてしまったらお湯からとりだし、砂糖をいれて10分ほど煮込みます。こんな感じの色ですが・・・。

赤じそ最後におたま一杯ほどの酢を入れた瞬間、さあっとこんなきれいな色に変わります。魔法のよう。

赤じそ冷まして、できあがり。ちょっと「うかたま」風に撮ってみました。そのままでもおいしいですが、これで焼酎を割るといけますよ。

赤シソ松原さんは梅干しの色つけに使うそうです。

カメ吉ごはん

2012年8月3日

カメ吉カメ吉は普段自活していて、特に餌やりはしていません。水草や畑の下草、たまにミミズなどを食べているようです。しかし先週のビアガーデンで狂喜してタコを食べるカメ吉を見て不憫になり、たまにはおいしいものをあげよう、と櫻井さんが魚肉ソーセージを持ってきてくれました。おねだりするカメ吉、かわいい〜。

カメ吉しかし瞬時に凍りつく園芸部員。極上のエサを前にしカメ吉、ものすごい勢いでくらいつきます。こ、怖い・・・すみません、恐怖のあまりピントがずれました・・・。

カメ吉何回もくらいつく!指かまれそう・・・。ミシシッピアカミミガメは頑丈な歯をもっていて、うっかりかまれたらケガをします。

カメ吉またかわいい顔に戻るカメ吉。屋上に来た頃は人を見ると甲羅にもぐってしまっていましたが、最近はやっと人慣れしてきて、エサも手から食べるようになりました。けがをしないように長くつきあっていこうと思います。

おすすめ本 〜今日の一冊〜

写真ルポ イマドキの野生動物写真ルポ イマドキの野生動物 水辺であそぼう水辺であそぼう

紫のバッタ

2012年8月2日

ショウリョウバッタ赤ジソにとまったショウリョウバッタ。本来もっと緑色の体ですが、赤ジソにあわせてうっすら紫がかってとても美しい色合いでした。こんな色合わせで洋服を着たら素敵だろうな・・・と思わずうっとり。屋上菜園ベストコーディネート賞です。

おすすめ本 〜今日の一冊〜

むらさき染に魅せられてむらさき染に魅せられて にんじゃだぞにんじゃだぞ

ハートの葉っぱ

2012年8月1日

ナス今日の収穫。ブドウがとれはじめました。白なすも順調です。

ナスよくみたらナスのおしりにハートが・・・。なんの葉っぱがついたやら。あまりの可愛さにアップしてみました。

おすすめ本 〜今日の一冊〜

ナスの絵本ナスの絵本 ブドウの絵本ブドウの絵本

ご挨拶ご挨拶

こども農業雑誌『のらのら』編集部がお届けするブログ。
東京・赤坂にある農文協本部ビルの屋上菜園のようすや、編集部が各地でゲットした旬の話題をお届けします。
屋上菜園では、職員の趣味のクラブ「園芸部」が、イネや野菜、花、果樹などいろいろな植物をそだてています。

目次目次

バックナンバーバックナンバー

今日の一押し本

山で稼ぐ!
小さい林業で稼ぐコツ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る