全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →
農文協屋上菜園日記

農文協屋上菜園日記農文協屋上菜園日記

まちがいさがし

2012年7月31日

トマトとれたてトマトのまちがいさがし。ひとつだけがなんかへんだよ?わかるかな。
(出題・能勢さん)

トマトこたえ・いちばんみぎのトマトのヘタはうそっこのがついてました。

気がつくまでに意外に時間かかってしまいました・・・。明らかに大きいのに・・・・

おすすめ本 〜今日の一冊〜

野菜とあそぼう野菜とあそぼう ふるさとを感じるあそび事典ふるさとを感じるあそび事典

屋上菜園ビアガーデン

2012年7月30日

ビアガーデン毎年恒例、屋上菜園ビアガーデン、今年も開催です。

カレー今年のメインディッシュは総務の江口さん作の夏野菜カレー。滋養たっぷり、夏バテを一瞬忘れさせてくれました。

七輪そして今年、初登場の七輪!イワナやシイタケ、これで焼くとおいしいんですよ〜。

カメ吉カメ吉もご相伴。普段水草や藻を食べてることの多いカメ吉、めったにできない肉食でこのあと大興奮でした。

かぼちゃ2種

2012年7月26日

かぼちゃさて、食べ歩きなんてしてる間に屋上ではしっかり野菜が育っていました。3日くらいまえに実がついたな、と思ったカボチャも今日はここまで順調に育っています。

かぼちゃこの長細いのもかぼちゃです。かぼちゃも品種が多い野菜。味のちがいが楽しみです。

おすすめ本 〜今日の一冊〜

健康食かぼちゃ★在庫僅少★健康食かぼちゃ★在庫僅少★ カボチャの絵本カボチャの絵本

富士見高校ハニーレストラン

2012年7月25日

カードグルメ取材2日目は、7月23日、青山アンカフェで行われた一日だけの開店、「富士見高校ハニーレストラン」の模様をお送りします。長野県富士見高校養蜂部のみなさんが採取したハチミツを使ったフルコースをいただきます。テーブルにつくとこんなかわいいウエルカムカードが。

富士見高校は標高967m、日本一標高の高い高校で、園芸科1クラス、普通科2クラスの小規模な学校です。養蜂部のみなさんは園芸科の生徒になります。活動はミツバチの飼育や生理生態の学習はもちろん、ミツバチ誘引植物のキンリョウヘンの培養・順化実験、蜜源・農薬散布調査、さらにハチミツを利用してのレシピ、加工品研究にまでおよびます。

サラダまずは前菜、富士見高校産の野菜です。ドレッシングにほのかにハチミツの味がします。今日のメニューはすべて養蜂部のみなさんが考えています。何度も自分たちで試作を繰り返したそうですよ。

配膳サービスも養蜂部員。お皿を配りつつ、お客様と積極的にお話ししていきます。

サーモン信州サーモンのパイ包み焼き。こちらもソースにハチミツが入っています。甘い香りがしています。

劇食事の合間に「ハチさん劇場」も。部員がハチの一生をわかりやすく演じます。花粉をとったり天敵と闘ったり・・・波瀾万丈のハチの人生がとても楽しくわかりやすくなっています。

肉鹿肉のハンバーグ赤ワイン煮込み。こちらのソースにもハチミツが入っています。実は富士見町も害獣に悩まされている町のひとつ。駆除されるシカをなんとか利用したいという養蜂部員の地元への熱い想いがこのメニューに結実しました。このメニューも実際に親戚のハンターの方から譲り受けて試作をしてみたそうです。食べてみたら鹿肉は固いイメージがあったのですが覆されました。おいしい!

シェフそれもそのはず、本日のシェフは茅野市オーベルジュ・エスポワールオーナーシェフの藤木徳彦さん。農文協「うまいぞ!シカ肉」の著者のひとりです。藤木さんはジビエ料理の第一人者として、各地で駆除される害獣を食肉としてなんとか地域に役立てられないかとと農家、農協、自治体の方たちと日々情熱を燃やされています。

全員デザートもいただき最後に全員でごあいさつ。ミツバチを通し、地元の環境・資源に深く興味を持ち活動を広げていった話に圧倒されました。養蜂部のみなさん、とてもおいしかったですよ。これからの活動もますますがんばってくださいね。

おすすめ本 〜今日の一冊〜

新特産シリーズ 日本ミツバチ新特産シリーズ 日本ミツバチ うまいぞ!シカ肉うまいぞ!シカ肉

ルルロッソ

2012年7月24日

留萌マルシェこのブログもたまには屋上を出ておいしいもの取材でもしようではないか、ということで今日から2日に渡り、グルメ記事をお届けします。まず一日目は秋葉原・留萌マルシェ。西森隊長を先頭に6人で行ってきました。なぜこのお店かというと。

ルルロッソこのパスタがお目当てです。東京広しといえどここでしか食べられない小麦粉「ルルロッソ」こと「北海259号」という品種の国産小麦パスタです。北海259号は強力粉よりさらにコシが強い超強力粉として北海道農業研究センターが開発、しかし収量の低さなどから一度は試験栽培が中断されました。その後大規模農家と同じことをしていては生き残れないと考えた留萌支庁やるもい農協などが再度作付を開始。生産性も低く病気にも弱いとされていたものの、グルテンの強さなどから生パスタに向くのでは、と商品化をめざしました。そしてついにこんなおいしそうなパスタにたどりつくのです。

その開発の日々を取材で見つめてきた西森さんの話を聞きながら食するルルロッソはコシがあって、かみごたえがありおいしい!確かにパスタ向きの小麦です。20年前は国産小麦は収量が低い、加工が手間、などで見向きもされなかったそうですが、今は小ロットで小麦をひける加工機器なども普及しはじめて、徐々に国産小麦の良さが見直されてきています。留萌に限らず、個性ある地域品種を育てようとがんばっている生産者や加工業者も増え、学校給食のパンを100%国産小麦でまかなおうという試みもはじまっています。がんばれ国産小麦!

池まわり充実

2012年7月20日

池大々的に掃除をして広くなってから、カメ吉はこの池に常駐するようになりました。せっかくなので鉢をいろいろ寄せて池回りを充実。ちょっと里山っぽい雰囲気にしてみました。

メダカ池そしてもうひとつ簡易池を増設。ここにはメダカを投入しました。カメ吉にばれたら食べられてしまうので、カメ吉池とは少し離し、間にも鉢をいくつか置きます。

カエル今日は久しぶりにキクイモの木陰にカエルも現れました。生きものがいると屋上ライフもぐっと楽しくなります。

アズキの花

2012年7月19日

アズキ白ナスの根もとに生えているのはアズキです。ここに植えた覚えはないので去年のこぼれ種のようです。サヤがいい感じにうれています。

アズキというわけで収穫。小さい・・・。小さい豆でアズキとはよく言ったものです。

アズキほかのところにも種がこぼれていたようであちこちでアズキの花が咲いていました。変わった形の花ですよね。
アズキの花は1枚の旗弁(きべん)と2枚の翼弁(よくべん)、2枚の竜骨弁(りゅうこつべん)の計5枚の花びらでできています。と言われてもわからないなー、という方、「アズキの絵本」にこの5枚の花弁に分解した写真が出ていますのでぜひご覧ください。

おすすめ本 〜今日の一冊〜

アズキの絵本アズキの絵本 転作全書 第2巻 ダイズ・アズキ転作全書 第2巻 ダイズ・アズキ

トマトいろいろ

2012年7月18日

トマト今年の夏の畑はトマトをたくさん植えてみました。

ピュアスイートこちらはピュアスイートミニという甘さにこだわったサントリーの新品種。デザートトマトとも言うとか。もう少し完熟したらその味がいただけるでしょうか。

トスカーナこの紫のはトスカーナ。色がシブイ。

きいろ黄色いのも。これはねっとりした食感が特徴です。

苗まだまだ増殖しますよ〜。

能勢さんのハス

2012年7月13日

ハスハスの季節です。今日は自宅でハスを栽培している能勢さんが写真を撮ってきてくれました。

「毎年、植え替えをしているハスがついに今日の朝咲きました。強風に負けることなく頑張って咲いてくれました。せっかくなので写真に収めました。」とのこと。

毎年植えかえして丹精してるだけありますね。美しい!農文協職員は屋上にとどまらず、自宅でも園芸や家庭菜園マニアがたくさんいます。これからも時々職員の田畑をご紹介しますね。

白なす

2012年7月10日

白なす白いナス生育中。新潟白なすと言います。珍しい!と思うかもしれませんが、日本では白ナスは江戸時代から栽培されていたんですよ。新潟のほか、薩摩白ナスというのもあります。

お昼味や調理法は普通のナスと一緒。というわけでお昼にゆでて職員のみなさまにさしいれ。かたわらには前作で栽培・採種した地方野菜の「のらばえ菜」(島根の津田カブ)?が。野菜品種を見るだけでも日本は広いと思います。

おすすめ本 〜今日の一冊〜

第6巻  ナス第6巻  ナス 地方野菜大全地方野菜大全

イトトンボ

2012年7月3日

イトとんぼ屋上にイトトンボが飛んでいました。この細い細い体、カメラのピントがなかなかあわないくらい細いのです。

ヤゴこのトンボと同一のものかはわかりませんが池にはヤゴの抜け殻も発見。屋上生態系もどんどん豊かになっているようでうれしい限りです。

ご挨拶ご挨拶

こども農業雑誌『のらのら』編集部がお届けするブログ。
東京・赤坂にある農文協本部ビルの屋上菜園のようすや、編集部が各地でゲットした旬の話題をお届けします。
屋上菜園では、職員の趣味のクラブ「園芸部」が、イネや野菜、花、果樹などいろいろな植物をそだてています。

目次目次

バックナンバーバックナンバー

今日の一押し本

祝!全共宮城大会
和牛の飼い方 コツと裏ワザ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る