全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →
農文協屋上菜園日記

農文協屋上菜園日記農文協屋上菜園日記

カメ吉散歩

2011年5月30日

カメ吉いつも池の底に沈んでいるカメ吉が今日は散歩に出ていましたのですかさず激写。頻繁に余震が起きていたころ、「カメ吉が池の外に出てると地震がくる」というジンクスがありました。何の根拠もありませんが、結構当たっていたような・・・。

 

カメ吉頭部カメ吉の頭に血のにじんだ穴があいているのが見えますでしょうか。見ていたわけではないのでおそらく、なんですが、実は少し前に、カラスに襲撃されたようなのです。食べてもおいしくないだろうに、いたずらされたんですかね。人間がこんな傷をつけようとしても、首を甲羅にひっこめられるのが関の山。あらためてカラスの攻撃性と俊敏さにあきれます。

おすすめ本 〜今日の一冊〜

カラスカラス 人はなぜカラスとともだちになれないの?人はなぜカラスとともだちになれないの?

プラナリア

2011年5月26日

実験「食農教育」編集部がとある実験中です。伊藤編集長がのぞいているのは・・・

 

プラナリアちぎったプラナリアです。編集部中村さんの自宅水槽にいたプラナリアの体を何等分かにしてみました。プラナリアは著しい再生能力を持ち、どこで体を切られても再生すると言われています。トカゲのように体からしっぽが切れて体の一部が再生するのはわかりますが、尾部から頭部も再生できるなんてほんとに不思議。この生物の「死」ってどう訪れるんでしょうか。

おすすめ本 〜今日の一冊〜

いのちを感じるあそび事典いのちを感じるあそび事典 復刊 自然の観察復刊 自然の観察

クレソンの花

2011年5月20日

クレソンバケツいっぱいにはっているのはクレソンです。クレソンの花が咲きました。

 

クレソンなんとも可憐な花。このクレソン、かじってみましたが、残念ですがおいしくない・・・。クレソンはよく用水路や池の淵などで見かけますが、水がきれいでないとおいしいものができません。バケツの停滞した水ではとてもとても。クレソンの味はそのまま澄んだ水の味なのですね。でもかわいい花を咲かせてくれたのでよしとしましょう。

ニオイシュロラン

2011年5月18日

ニオイシュロラン今日は屋上ではなく農文協の玄関の話題です。農文協入口の脇にあるニオイシュロランが花を咲かせました。

 

ニオイシュロラン白くホワホワした穂のような形状で、ちょっとクリの花に似ています。この木は高さ4〜5メートルはありますので、毎日横を通っていながら、こんなに咲ききるまでなかなか目に入りませんでした。満開になってからびっくり。この高さ、ビルの背景に似あいます。

ヤモリ

2011年5月16日

イモリプランターを移動したら陰からあらわれました、ヤモリくん。

 

イモリテーブルのすきまに入り込みます。ちょっとこの写真ではわかりづらいのですが、体は床と垂直になっています。後足で全身をホールドしている状態ですね。こんなことができるほど、足の表面にはしっかりとした吸着力があります。

イモリアップにすると耳の穴まで見えるのがわかるでしょうか?今日の昼休みはたっぷりこのヤモリとたわむれました。ヤモリをつかまえてるのはうかたま編集部の小野さん。かわいい、かわいいと順番にさわって、農文協女子は基本的に昆虫や爬虫類があらわれてもほとんど「キャー」という声があがりません。たのもしいかぎり。

おすすめ本 〜今日の一冊〜

庭にきた虫庭にきた虫 復刊 自然の観察復刊 自然の観察

ランチタイム

2011年5月13日

ランチ3日続いた雨があがり、今日はなんとも気持ちのいい五月晴れ。こういう日の昼休みは屋上のテーブルは人気です。さっそくピクニックのようなランチがはじまっています。今日はちょっとフランス風?

 

かおおおー。

バラテーブル花も豪勢。とはいってもこれはランチではなく夜のパーティー用。今日は永年勤続者のお祝いがあり、毎年このパーティーには園芸部から花をプレゼントしています。生け花の心得ある能勢さんが美しく生けてくれました。野草が入ったり、しかもそれにアブラムシがついてたりしますが、それが農文協風です。

おすすめ本 〜今日の一冊〜

うかたま22号(2011春号)うかたま22号(2011春号) フランスのごはんフランスのごはん

ソラマメ収穫

2011年5月12日

ソラマメこれは3月頃の写真。何の花かわかりますか?

 

ソラマメ正解はソラマメ。本日、今シーズンの屋上初収穫です。けっこうたくさんとれましたよ。

ソラマメお昼休みにゆでていただきました。これがなかなか絶品!甘味があります。直売所にも出せるのでは?と自画自賛。それにしてもソラマメはさやが大きくて、食べられる部分がかなり目減りしてしまうのがちょっとさみしい野菜です・・・。さやをおいしくいただく方法はないものでしょうか。

ご挨拶ご挨拶

こども農業雑誌『のらのら』編集部がお届けするブログ。
東京・赤坂にある農文協本部ビルの屋上菜園のようすや、編集部が各地でゲットした旬の話題をお届けします。
屋上菜園では、職員の趣味のクラブ「園芸部」が、イネや野菜、花、果樹などいろいろな植物をそだてています。

目次目次

バックナンバーバックナンバー

今日の一押し本

山で稼ぐ!
小さい林業で稼ぐコツ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る